マツダ・アクセラスポーツXD(FF/6AT)/アクセラハイブリッドHYBRID-S Lパッケージ(FF/CVT)/アクセラスポーツ15S(FF/6MT)

胸を張れるクルマ 2014.03.24 試乗記 かつてないほど幅広いラインナップをそろえる、マツダの新型「アクセラ」。南国・鹿児島での試乗会から、それぞれの仕様に見られる走りの違いをリポートする。

驚きのバリエーション

それにしても、新型「アクセラ」で驚かされるのは、バリエーションの多さだ。
車体形式はスポーツ(5ドアハッチバック)とセダンの2種類。動力源は1.5リッターと2リッターのガソリン、2.2リッターディーゼルターボという3種のエンジンに、2リッターガソリンエンジンを核としたマツダ初のハイブリッドを合わせた計4種類。さらに、ハイブリッドを除く3種のエンジンでは、主力の6段ATのほかに6段MTが選べるから、パワートレインの組み合わせだけで7種類。あと、1.5リッターのAT車にはFFのほかに4WDもある。

これらはすべて「海外にあるモデルも寄せ集めると……」ではなく、なにかしらのカタチで日本国内で入手可能な仕様である。それでも、ハイブリッドはセダンのみ、日本では2リッターとディーゼルが5ドアのみ、セダンにMTの設定はなし……と、いくつかの制約はあるものの、車体とパワートレインの組み合わせは、日本だけで都合10種類もあるのだ。

競争が激化して、コストと品質の両立が迫られる昨今、各社の取り組みとしてよく聞かれるのが“仕様数削減”だ。海外ではMTを売っても、日本でだけはAT限定……というのが今はフツー。どことはいわないが、「非・売れ筋グレードはとことん省く」という戦術の結果として、輸入車より簡素なラインナップになってしまっている国産車も少なくない。

マツダはその正反対である。「日本のメーカーが日本で商売するんだから」と、とにかく出し惜しみしない。とあるインタビューで、新型アクセラのデビューまで開発主査をつとめた猿渡健一郎さんが「パワートレインは乗る人の好みの問題ですから。それに合わせてご用意する」と、ハッキリ断言していたのを思い出す。

 
快走する「アクセラハイブリッド」。このハイブリッド車のボディータイプは、4ドアセダンに限られる。
1.5リッターのガソリンエンジン。低回転域のトルクを大きくする「専用プリサイレンサー」を与えることで、機敏な走りと低燃費を両立したという。
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アクセラスポーツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • マツダ・アクセラスポーツ15XD(FF/6AT)/アクセラセダン22XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.18 試乗記 「マツダ・アクセラ」がマイナーチェンジを受け、1.5ディーゼル搭載の「15XD」が登場。また、さらなる人馬一体感を実現する「G-ベクタリングコントロール」が採用された。注目の「15XD」と、2.2ディーゼルの「22XD」に試乗した。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • 【LAショー2016】マツダ、2代目となる新型「CX-5」を世界初公開 2016.11.16 自動車ニュース マツダがLAショーで新型「CX-5」を発表。デザインについては「洗練された力強さ」をキーワードにシンプルで研ぎ澄まされた造形を追及。新たに「G-ベクタリングコントロール」を採用するなど、走りについても改善を図っている。
ホームへ戻る