BMW i3(RR)/i3 レンジ・エクステンダー装備車(RR)

革命児の気概を感じる 2014.03.22 試乗記 「BMW i3」がいよいよ日本に上陸。EV、そしてRRレイアウトと、BMWの市販モデルとしては異例ずくめの一台だが、新しいのはクルマそのものだけではなかった。

屋久島はEVにとっての理想郷!?

九州本土の最南端からさらに南に60kmほどの場所に位置する、ちょっと“いびつな円形”をした鹿児島県屋久島。1993年に21%の面積が「世界自然遺産」に登録されたことで一躍名をはせたこの島には、1000mを超える山々が数多く連なり、中でもほぼ中央部に位置する最高峰の標高は1900m超に達するという。

かくして、“洋上アルプス”とも例えられるこの地には海からの湿った風が吹き込むために、1年を通じて降水量が極めて多い。そして、そうしたさまざまな条件が整ったことで、この土地ならではのエネルギー源として発達してきたのが水力発電……と、実はこれが最初に述べたかった事柄のオチになる。

満を持して日本上陸となった「サステイナブルなアーバン・モビリティ」をうたうBMW発の電気自動車(EV)「i3」。その日本で初めての試乗会が、あえてこの地で開催された理由はまさにここにある。年間発電量の99.5%が水力でまかなわれる(鹿児島県資料から)というこの島内においては、それゆえほぼ完璧に「CO2フリーでEVを走らせる」という夢のシナリオが実現できるのだ。

そもそも、EVを「エコカー」と位置づけ、そのメリットをCO2の削減や燃料資源の延命というポイントに求めるのであれば、もはや“走行時に限って”のゼロエミッションは全く説得力を持たない。化石燃料をバンバン燃やして起こした電力をそこにチャージするのでは意味がないのは明らかなのだから。

前述のような地勢や気象に恵まれ、人口がわずか1万3000人強で世帯数も6800強にすぎない……といった“特殊事情”を念頭に置く必要はあるだろう。しかしながら、とにもかくにもここにはEVにとってひとつの“理想郷”があるのは、間違いないのだ。

持続可能な次世代モビリティーを提供するというBMWのサブブランドが「BMW i」。「i3」はその先兵となるコンパクトEVで、2013年7月に世界3都市で同時発表。日本では同年11月に初披露された。
持続可能な次世代モビリティーを提供するというBMWのサブブランドが「BMW i」。「i3」はその先兵となるコンパクトEVで、2013年7月に世界3都市で同時発表。日本では同年11月に初披露された。
試乗会が開かれた屋久島では、年間発電量の99.5%を水力発電が占めるという。
試乗会が開かれた屋久島では、年間発電量の99.5%を水力発電が占めるという。
屋久島は、鹿児島県による政策「屋久島CO2フリーの島づくり」の一環としてEVの普及にも積極的に取り組んでいる。写真はこの試乗会に合わせてBMWが新たに設置したEV用充電器。
屋久島は、鹿児島県による政策「屋久島CO2フリーの島づくり」の一環としてEVの普及にも積極的に取り組んでいる。写真はこの試乗会に合わせてBMWが新たに設置したEV用充電器。

BMW i3(RR)/i3 レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

i3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW i3 レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2014.5.13 試乗記 走り、デザイン、生産技術など、さまざまな分野でこれまでのクルマとは一線を画す「BMW i3」。BMWが提案する未来のクルマの、今日における実用性を試した。
  • BMW i3(RR)/i3 レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2014.3.22 試乗記 「BMW i3」がいよいよ日本に上陸。EV、そしてRRレイアウトと、BMWの市販モデルとしては異例ずくめの一台だが、新しいのはクルマそのものだけではなかった。
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • BMWが「i3」を一部改良、走行可能距離が390kmに 2016.9.27 自動車ニュース BMWが電気自動車「i3」を一部改良。リチウムイオンバッテリーの改良により、従来モデルより70%長い390kmの一充電走行可能距離を実現した。発電用エンジンを備えたレンジ・エクステンダー装備車では、511kmの距離を無給油、無充電で走れるという。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る