第339回:ジュネーブショー2014(後編)
来場者減でもジュネーブショーは熱い

2014.03.21 エッセイ

入場者2万人減少、でも……

第64回ジュネーブモーターショーが2014年3月16日に閉幕した。総入場者数は67万人で、主催者は「微減」とアナウンスしている。しかし、2013年の約69万人からすると、およそ2万人も減っていることになる。さらに2011年が約73万5000人、2012年が70万人台をキープしていたことからすると、減少傾向は明らかだ。また、東京モーターショー2013(約90万2800人)、デトロイトショー2014(約80万人)の各ショーの入場者数が前年よりも増加していることからしても、ジュネーブショーの衰退は否めない。

しかしながら、近未来のトレンドを予感させるものは少なくなかった。ルノーは看板車種の「トゥインゴ」をダイムラーと共同開発し、リアエンジン・リアドライブを採用した。今日のフロントエンジン・フロントドライブ形式のコンパクトカーの基点を「フィアット128」(1972年)とするなら、そしてトゥインゴに倣うメーカーが続けば、実に42年ぶりのレイアウト大転換が起きる可能性がある。

フォルクスワーゲン(VW)グループは、横置き・縦置きエンジン用双方のプラットフォーム共有計画を引き続き進行中だ。広報のクリスティアン・ブールマン氏は、そうした互換性の研究を、「まるで(ブロック玩具)レゴのように」という表現を用いて説明してくれた。削減したコストは、次世代パワーユニットの多角的な模索と開発に充てる。
ちなみに、今回公開した「VW T-ROC」、「イタルデザイン-ジウジアーロ・クリッパー」の両コンセプトカーも、横置きエンジン用プラットフォーム「MQB」を活用していた。

アップルの「Car Play」も、前回記したように、面白い現象を自動車界にもたらすに違いない。かつてiPod/iPhoneの出現によって、七面倒くさいオーディオの調整・操作をせずとも、高音質が手に入るようになった。
同様にカーオーディオやナビゲーションの操作も、Car Playの出現によって、ユーザーインターフェイスは、トゥインゴからフェラーリまで基本的に同じ、簡単なものになってゆくだろう。どのクルマに乗ってもほとんど迷わず、直感的に操作できる時代がやってくる。あとはスピーカーのクオリティーの違いくらいだ。
1970年代、飛行機のオーバーヘッドコンソールを模して、無数のスイッチやカセットテープ挿入口を天井にまで配置したカーオーディオなどは、考古学扱いになる日が近い。

ジュネーブショー2014の会場から。フォルクスワーゲン グループ傘下のブランドがスペースの多くを占める第1ホール。
3代目「ルノー・トゥインゴ」のエンジンルームおよびラゲッジスペースは、絶えず注目を集めていた。
2014年3月3日夜に開催された「フォルクスワーゲングループナイト」で。コンセプトSUV「T-ROC」は、横置きエンジン用プラットフォーム「MQB」をベースとしている。
会場で会った人々から。フォルクスワーゲングループのデザインを統括する、ワルター・デ・シルヴァ氏(写真手前)。フォルクスワーゲンの「MQB」を用い たイタルデザイン-ジウジアーロのコンセプトカー「クリッパー」のコクピットドリルを受けているのは、イタリア公営放送RAIの自動車番組の名キャス ター、マリア・レイトナーさん。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。