ポルシェがボクスター/ケイマンGTSの受注開始

2014.03.19 自動車ニュース
「ポルシェ・ボクスターGTS」
「ポルシェ・ボクスターGTS」

ポルシェが「ボクスター/ケイマンGTS」の予約受注を開始

ポルシェ ジャパンは2014年3月19日、「ボクスターGTS」「ケイマンGTS」の概要を発表した。同年4月3日に予約受注を開始する。

「ポルシェ・ケイマンGTS」
「ポルシェ・ケイマンGTS」

今回の2モデルは、ポルシェのミドシップスポーツ車「ボクスター」「ケイマン」の高性能グレードに当たる。エンジンは「ボクスターS」「ケイマンS」用の3.4リッター水平対向6気筒をベースに出力を15ps高めたもので、ボクスターGTSでは330ps(243kW)、ケイマンGTSでは340ps(250kW)の最高出力を発生。最大トルクも前者が38.7kgm(380Nm)、後者が37.7kgm(370Nm)と、1kgmほど増大している。

両モデルともローンチコントロール機能などからなる「スポーツクロノパッケージ」を標準装備。0-100km/h加速はボクスターGTSのPDK車で4.7秒、ケイマンGTSのPDK車で4.6秒となっている。また、最高速はボクスターGTSの6段MT車で281km/h、ケイマンGTSの6段MT車で285km/hを実現。燃費は両モデルとも、PDK車で8.2リッター/100km(約12.2km/リッター)となっている。

内外装の仕様についても一部を変更。エクステリアではフロントエンドとリアエンドを独自のデザインとしたほか、ブラック仕上げの「ポルシェ・ダイナミック・ライトシステム(PDLS)」付きバイキセノンヘッドライト、20インチのカレラSホイール、シルキーブラックの「GTS」ロゴなどを装備している。インテリアについては、スポーツシートを標準装備としたほか、「カイエンGTS」や「パナメーラGTS」と同じく、アルカンターラを組み合わせたレザーインテリアを採用している。

価格は以下の通り。
・ボクスターGTS(6段MT):885万円
・ボクスターGTS(7段PDK):949万円
・ケイマンGTS(6段MT):915万円
・ケイマンGTS(7段PDK):979万円
(8%の消費税を含む)

(webCG)

→「ポルシェ・ボクスターGTS/ケイマンGTS」の写真はこちら
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ケイマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • 【デトロイトショー2017】トヨタ、新型「カムリ」を世界初公開 2017.1.11 自動車ニュース トヨタが、デトロイトショーで北米市場の最量販モデル「カムリ」の新型を世界初公開。8代目となる新型には「プリウス」などに続いて「TNGA」世代の新プラットフォームを採用。日本市場については2017年夏ごろの導入を予定している。
ホームへ戻る