ポルシェがボクスター/ケイマンGTSの受注開始

2014.03.19 自動車ニュース
「ポルシェ・ボクスターGTS」
「ポルシェ・ボクスターGTS」

ポルシェが「ボクスター/ケイマンGTS」の予約受注を開始

ポルシェ ジャパンは2014年3月19日、「ボクスターGTS」「ケイマンGTS」の概要を発表した。同年4月3日に予約受注を開始する。

「ポルシェ・ケイマンGTS」
「ポルシェ・ケイマンGTS」

今回の2モデルは、ポルシェのミドシップスポーツ車「ボクスター」「ケイマン」の高性能グレードに当たる。エンジンは「ボクスターS」「ケイマンS」用の3.4リッター水平対向6気筒をベースに出力を15ps高めたもので、ボクスターGTSでは330ps(243kW)、ケイマンGTSでは340ps(250kW)の最高出力を発生。最大トルクも前者が38.7kgm(380Nm)、後者が37.7kgm(370Nm)と、1kgmほど増大している。

両モデルともローンチコントロール機能などからなる「スポーツクロノパッケージ」を標準装備。0-100km/h加速はボクスターGTSのPDK車で4.7秒、ケイマンGTSのPDK車で4.6秒となっている。また、最高速はボクスターGTSの6段MT車で281km/h、ケイマンGTSの6段MT車で285km/hを実現。燃費は両モデルとも、PDK車で8.2リッター/100km(約12.2km/リッター)となっている。

内外装の仕様についても一部を変更。エクステリアではフロントエンドとリアエンドを独自のデザインとしたほか、ブラック仕上げの「ポルシェ・ダイナミック・ライトシステム(PDLS)」付きバイキセノンヘッドライト、20インチのカレラSホイール、シルキーブラックの「GTS」ロゴなどを装備している。インテリアについては、スポーツシートを標準装備としたほか、「カイエンGTS」や「パナメーラGTS」と同じく、アルカンターラを組み合わせたレザーインテリアを採用している。

価格は以下の通り。
・ボクスターGTS(6段MT):885万円
・ボクスターGTS(7段PDK):949万円
・ケイマンGTS(6段MT):915万円
・ケイマンGTS(7段PDK):979万円
(8%の消費税を含む)

(webCG)

→「ポルシェ・ボクスターGTS/ケイマンGTS」の写真はこちら
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ケイマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)/911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【海外試乗記】NEW 2017.2.17 試乗記 「ポルシェ911」の高性能モデル「911 GTS」がリニューアル。新世代の3リッターツインターボエンジンを搭載する最新型は、どんな走りを見せるのか? 「911カレラGTS」と「911タルガ4 GTS」に、南アフリカで試乗した。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.2.8 試乗記 黒を基調としたドレスアップが施された「ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ」に試乗。今風の黒いモードに身を包んだだけのスペシャルかと思えばさにあらず、エンジンとシャシーが磨き込まれ、ドライバーズカーとして一段と高まっていた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る