ポルシェがボクスター/ケイマンGTSの受注開始

2014.03.19 自動車ニュース
「ポルシェ・ボクスターGTS」
「ポルシェ・ボクスターGTS」

ポルシェが「ボクスター/ケイマンGTS」の予約受注を開始

ポルシェ ジャパンは2014年3月19日、「ボクスターGTS」「ケイマンGTS」の概要を発表した。同年4月3日に予約受注を開始する。

「ポルシェ・ケイマンGTS」
「ポルシェ・ケイマンGTS」

今回の2モデルは、ポルシェのミドシップスポーツ車「ボクスター」「ケイマン」の高性能グレードに当たる。エンジンは「ボクスターS」「ケイマンS」用の3.4リッター水平対向6気筒をベースに出力を15ps高めたもので、ボクスターGTSでは330ps(243kW)、ケイマンGTSでは340ps(250kW)の最高出力を発生。最大トルクも前者が38.7kgm(380Nm)、後者が37.7kgm(370Nm)と、1kgmほど増大している。

両モデルともローンチコントロール機能などからなる「スポーツクロノパッケージ」を標準装備。0-100km/h加速はボクスターGTSのPDK車で4.7秒、ケイマンGTSのPDK車で4.6秒となっている。また、最高速はボクスターGTSの6段MT車で281km/h、ケイマンGTSの6段MT車で285km/hを実現。燃費は両モデルとも、PDK車で8.2リッター/100km(約12.2km/リッター)となっている。

内外装の仕様についても一部を変更。エクステリアではフロントエンドとリアエンドを独自のデザインとしたほか、ブラック仕上げの「ポルシェ・ダイナミック・ライトシステム(PDLS)」付きバイキセノンヘッドライト、20インチのカレラSホイール、シルキーブラックの「GTS」ロゴなどを装備している。インテリアについては、スポーツシートを標準装備としたほか、「カイエンGTS」や「パナメーラGTS」と同じく、アルカンターラを組み合わせたレザーインテリアを採用している。

価格は以下の通り。
・ボクスターGTS(6段MT):885万円
・ボクスターGTS(7段PDK):949万円
・ケイマンGTS(6段MT):915万円
・ケイマンGTS(7段PDK):979万円
(8%の消費税を含む)

(webCG)

→「ポルシェ・ボクスターGTS/ケイマンGTS」の写真はこちら
 

関連キーワード:
ケイマンボクスターポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2017.10.23 試乗記 ポルシェが誇る、伝統の高性能スポーツモデル「911」。数あるラインナップの中でも、最もスペック的に穏やかな「カレラ」にはどのような魅力があるのか。7段MT仕様の試乗を通し、「ベーシック」の一言では語れないそのキャラクターに触れた。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • ポルシェ718ボクスターGTS(MR/6MT)/718ケイマンGTS(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.9 試乗記 4気筒ターボエンジンを搭載するポルシェのスポーツカー「718ボクスター/718ケイマン」に、新たな高性能モデル「GTS」が登場。スペックだけでは伝わらない走りの質を、スペイン南部の都市・マラガから報告する。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
ホームへ戻る