ポルシェがボクスター/ケイマンGTSの受注開始

2014.03.19 自動車ニュース
「ポルシェ・ボクスターGTS」
「ポルシェ・ボクスターGTS」

ポルシェが「ボクスター/ケイマンGTS」の予約受注を開始

ポルシェ ジャパンは2014年3月19日、「ボクスターGTS」「ケイマンGTS」の概要を発表した。同年4月3日に予約受注を開始する。

「ポルシェ・ケイマンGTS」
「ポルシェ・ケイマンGTS」

今回の2モデルは、ポルシェのミドシップスポーツ車「ボクスター」「ケイマン」の高性能グレードに当たる。エンジンは「ボクスターS」「ケイマンS」用の3.4リッター水平対向6気筒をベースに出力を15ps高めたもので、ボクスターGTSでは330ps(243kW)、ケイマンGTSでは340ps(250kW)の最高出力を発生。最大トルクも前者が38.7kgm(380Nm)、後者が37.7kgm(370Nm)と、1kgmほど増大している。

両モデルともローンチコントロール機能などからなる「スポーツクロノパッケージ」を標準装備。0-100km/h加速はボクスターGTSのPDK車で4.7秒、ケイマンGTSのPDK車で4.6秒となっている。また、最高速はボクスターGTSの6段MT車で281km/h、ケイマンGTSの6段MT車で285km/hを実現。燃費は両モデルとも、PDK車で8.2リッター/100km(約12.2km/リッター)となっている。

内外装の仕様についても一部を変更。エクステリアではフロントエンドとリアエンドを独自のデザインとしたほか、ブラック仕上げの「ポルシェ・ダイナミック・ライトシステム(PDLS)」付きバイキセノンヘッドライト、20インチのカレラSホイール、シルキーブラックの「GTS」ロゴなどを装備している。インテリアについては、スポーツシートを標準装備としたほか、「カイエンGTS」や「パナメーラGTS」と同じく、アルカンターラを組み合わせたレザーインテリアを採用している。

価格は以下の通り。
・ボクスターGTS(6段MT):885万円
・ボクスターGTS(7段PDK):949万円
・ケイマンGTS(6段MT):915万円
・ケイマンGTS(7段PDK):979万円
(8%の消費税を含む)

(webCG)

→「ポルシェ・ボクスターGTS/ケイマンGTS」の写真はこちら
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ケイマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • 「ポルシェ718ケイマンS」フォトギャラリー 2016.11.15 特集 往年の名車「718」の伝説を継承する、ポルシェの新たなプレミアムスポーツ「718ケイマンS」。新開発のターボエンジンがもたらす卓越した動力性能はもちろんのこと、先進感あふれるスタイリングや上質なインテリアも特長となっている。そのディテールを写真で紹介する。
ホームへ戻る