日産デイズ ルークス ハイウェイスター ターボ(FF/CVT)/日産デイズ ルークス X(FF/CVT)

広さは“個性”になりうるか? 2014.03.25 試乗記 まさに戦国時代の様相を呈する軽自動車マーケット。第4極を狙う日産・三菱連合の“日産バージョン”である「デイズ ルークス」に試乗した。

満を持してスーパーハイトワゴン市場へ

日産自動車と三菱自動車が50%対等出資して設立したのが、軽自動車事業のための合弁会社「NMKV(Nissan Mitsubishi Kei Vehicle)」。2013年5月20日にその第1弾となる「日産DAYZ(デイズ)/DAYZ(デイズ)ハイウェイスター」「三菱eKワゴン/eKカスタム」を三菱の水島製作所でラインオフしてから、まだ1年もたっていない。
それまでのOEMとは異なり、合弁会社という一大決心で軽自動車市場に名乗りを上げたわけだが、クルマ作りのプロセスから文化までまったく異なる企業が一緒に事業を行うことの難しさはわれわれがイメージする以上だろう。

もちろんそのためのNMKVであり、PCでいえばHUB(ハブ)のような役目でもあるのだが、日産自動車の関係者に話を聞くと「ラインオフまでは“仲間”ですが、クルマが同じでもカスタマーへの伝え方、もう少しわかりやすく言えば売り方が違うわけですから、ラインオフした日からライバルです」という結構容赦ないコメント。まあ、それが当たり前といえばそれまでだが。

そんなNMKVだが、第1弾の販売はまずまず好調。さらに、デイズの発表会場で当時の志賀日産COOが第2弾のスーパーハイトワゴンの発売にも言及していたこと、さらにテレビ東京系の番組『ガイアの夜明け』のホンダ軽自動車特集で、番組終了直前に「日産・三菱連合はスーパーハイトワゴンの開発に着手していた」的な差し込み映像が入り、業界関係者を驚かせたのは記憶に新しい。

その後、東京モーターショーでのティザーお披露目も含め、十分な助走期間を経て2014年2月に販売を開始したのが「日産デイズ ルークス」なのである。

「日産デイズ ルークス」(および「三菱eKスペース」)は、NMKVのもとに日産と三菱が共同した軽自動車の第2段。2013年の東京モーターショーで披露され、2014年2月13日に発売された。
内装色は標準車がアイボリー、「ハイウェイスター」がエボニーとなる。
シート表皮には全グレード共通でスエード調クロスの生地を採用。「三菱eKスペース」とは違い、はっ水加工は施されていない。
リアシートは、フロントシートよりヒップポイントを60mm高めることで、十分な視野と開放感を確保している。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デイズ ルークスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る