トヨタ、首都圏で「i-ROAD」のモニター調査実施

2014.03.21 自動車ニュース
「トヨタi-ROAD」
「トヨタi-ROAD」

トヨタ、首都圏で「i-ROAD」のモニター調査実施

トヨタ自動車は2014年3月20日、同年3月24日から6月初旬までの間、首都圏においてパーソナルモビリティー「トヨタi-ROAD」のモニター調査を実施すると発表した。

今回の調査は、i-ROADを普段の生活で利用した際の使用感や満足度、都市部での使いやすさ、目的地選択に与える影響や行動変化などといった、新しいモビリティーとしての利用価値をはかるものであり、20人程度のモニターを対象に車両10台を用いて実施する。

車両は愛知県豊田市で実証運用を行っている都市交通システム「Ha:mo(ハーモ)」に投入されているものと共通で、2013年の東京モーターショーに出展したコンセプトモデルをもとに、利便性や視認性を改善。全5色のカラーバリエーションを設定している。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。