BMW 435i カブリオレ Mスポーツ(FR/8AT)

悩ましいのは価格だけ 2014.03.26 試乗記 「3シリーズ カブリオレ」の後を継ぐ、BMWのオープンモデル「4シリーズ カブリオレ」に試乗。7年ぶりのデビューとなる最新型の実力や、いかに?

待ってました! の新機能

“3”のクーペが“4”。その「4シリーズ」に「カブリオレ」が加わった。
本国には他に2リッター4気筒ターボのガソリンとディーゼルもあるが、日本に入るのは3リッター直6ターボの「435i」のみ。試乗車の「Mスポーツ」となると864万円のいいお値段だが、オープン機構は「3シリーズ カブリオレ」以来の3分割リトラクタブルルーフ。クーペとオープンの2 in 1(トゥ・イン・ワン)と考えればオトク、というのがエクスキューズかもしれない。ちなみにクーペとの価格差、つまりリトラクタブルルーフ代は90万円である。と思ったら、なんだか安いような気がしてきた。

そのリトラクタブルルーフの新機軸は“コンフォートローディング機能”である。オープン時にトランクの荷物を出し入れする際、格納されていたルーフユニットをボタンひとつで上方に移動させることができる。リトラクタブルルーフ車のユーザーなら、おそらくだれしも「あッ、それ、欲しかったんだ!」と膝をたたくアイデア機能に違いない。
使いにくいものは、結局、使われなくなってしまう。逆に、使いやすくすれば、ルーフ収納時の限られたトランクスペースも十全に使ってもらえる、ということだろう。

ルーフ開閉の所要タイムは “開”が24秒、“閉”が27秒(実測)。オープンボディーのトランクリッドが逆ヒンジで開き、3枚重ねのルーフユニットが起き上がり、そこから前と後ろにルーフが延びて上屋が完成する。そのロボテックなパフォーマンスはなかなかの見ものである。18km/h以下なら、走行中に開閉ができるのもユーザーフレンドリーだ。

BMWの新たな4シーターオープン「4シリーズ カブリオレ」。日本では2014年2月に発売された。
BMWの新たな4シーターオープン「4シリーズ カブリオレ」。日本では2014年2月に発売された。
荷室の容量は、ルーフオープン時で220リッター、ルーフクローズ時で370リッター。格納されたルーフを持ち上げ荷物の出し入れを容易にする、電動の「コンフォートローディング機能」も備わる。
(写真をクリックすると、コンフォートローディングのアクションが見られます)
荷室の容量は、ルーフオープン時で220リッター、ルーフクローズ時で370リッター。格納されたルーフを持ち上げ荷物の出し入れを容易にする、電動の「コンフォートローディング機能」も備わる。
	(写真をクリックすると、コンフォートローディングのアクションが見られます)
「BMW 4シリーズ カブリオレ」のルーフは、ほろ式ではないハードトップ。3ピースに分割して収納される。18km/h以下の速度であれば、走行中でも開閉可能。
(写真=BMW)
「BMW 4シリーズ カブリオレ」のルーフは、ほろ式ではないハードトップ。3ピースに分割して収納される。18km/h以下の速度であれば、走行中でも開閉可能。
	(写真=BMW)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

4シリーズ カブリオレの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 220iカブリオレ スポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2015.4.28 試乗記 「BMW 2シリーズ」にソフトトップの「カブリオレ」が登場。手頃なサイズの4座オープン、しかも後輪駆動という、今や希少なモデルの実力を試した。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
ホームへ戻る