クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

BMW 435i カブリオレ Mスポーツ(FR/8AT)

悩ましいのは価格だけ 2014.03.26 試乗記 「3シリーズ カブリオレ」の後を継ぐ、BMWのオープンモデル「4シリーズ カブリオレ」に試乗。7年ぶりのデビューとなる最新型の実力や、いかに?

待ってました! の新機能

“3”のクーペが“4”。その「4シリーズ」に「カブリオレ」が加わった。
本国には他に2リッター4気筒ターボのガソリンとディーゼルもあるが、日本に入るのは3リッター直6ターボの「435i」のみ。試乗車の「Mスポーツ」となると864万円のいいお値段だが、オープン機構は「3シリーズ カブリオレ」以来の3分割リトラクタブルルーフ。クーペとオープンの2 in 1(トゥ・イン・ワン)と考えればオトク、というのがエクスキューズかもしれない。ちなみにクーペとの価格差、つまりリトラクタブルルーフ代は90万円である。と思ったら、なんだか安いような気がしてきた。

そのリトラクタブルルーフの新機軸は“コンフォートローディング機能”である。オープン時にトランクの荷物を出し入れする際、格納されていたルーフユニットをボタンひとつで上方に移動させることができる。リトラクタブルルーフ車のユーザーなら、おそらくだれしも「あッ、それ、欲しかったんだ!」と膝をたたくアイデア機能に違いない。
使いにくいものは、結局、使われなくなってしまう。逆に、使いやすくすれば、ルーフ収納時の限られたトランクスペースも十全に使ってもらえる、ということだろう。

ルーフ開閉の所要タイムは “開”が24秒、“閉”が27秒(実測)。オープンボディーのトランクリッドが逆ヒンジで開き、3枚重ねのルーフユニットが起き上がり、そこから前と後ろにルーフが延びて上屋が完成する。そのロボテックなパフォーマンスはなかなかの見ものである。18km/h以下なら、走行中に開閉ができるのもユーザーフレンドリーだ。

BMWの新たな4シーターオープン「4シリーズ カブリオレ」。日本では2014年2月に発売された。
BMWの新たな4シーターオープン「4シリーズ カブリオレ」。日本では2014年2月に発売された。 拡大
荷室の容量は、ルーフオープン時で220リッター、ルーフクローズ時で370リッター。格納されたルーフを持ち上げ荷物の出し入れを容易にする、電動の「コンフォートローディング機能」も備わる。
(写真をクリックすると、コンフォートローディングのアクションが見られます)
荷室の容量は、ルーフオープン時で220リッター、ルーフクローズ時で370リッター。格納されたルーフを持ち上げ荷物の出し入れを容易にする、電動の「コンフォートローディング機能」も備わる。
	(写真をクリックすると、コンフォートローディングのアクションが見られます) 拡大
「BMW 4シリーズ カブリオレ」のルーフは、ほろ式ではないハードトップ。3ピースに分割して収納される。18km/h以下の速度であれば、走行中でも開閉可能。
(写真=BMW)
「BMW 4シリーズ カブリオレ」のルーフは、ほろ式ではないハードトップ。3ピースに分割して収納される。18km/h以下の速度であれば、走行中でも開閉可能。
	(写真=BMW) 拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

走りのキレも十分

4のクーペが太刀打ちできないカブリオレの魅力は、開放感である。オープンなんだからあたりまえだろ、と思われるかもしれないが、カブリオレの開放感は、クローズド時でも別格だ。天井はあるが、柱(センターピラー)はない。おかげで、車内はクーペより明るい。左側から合流するとき、斜め後方にこれほど死角を持たないクローズドボディーも珍しい。

エンジンはおなじみの直噴3リッター直列6気筒ターボ。3シリーズでも最強ポジションに座る306psユニットだが、車重1840kgのカブリオレは435iクーペより220kg重い。そのため、比較すれば瞬発力に欠けるきらいはあるが、高級カブリオレをそれらしく走らせるには十分である。0-100km/hも5.5秒でこなす。

トップエンドまで上り詰める回転フィールの気持ちよさはストレートシックスならではだ。3シリーズ/4シリーズに使われている直噴2リッター4気筒系は、BMWユニットとしては色気に乏しいから、ぜいたくな4のカブリオレを6気筒のみとしたのは正解かもしれない。

車検証の前後軸重は、前900kg/後940kg。リトラクタブルルーフで200kg以上重くなっても、前後イーブンの重量配分ポリシー(?)は貫かれている。今回は雪の影響でワインディングロードをたっぷり走ることはできなかったが、3シリーズより低い重心感覚が味わえるハンドリングの印象は、このカブリオレでも変わらなかった。

ワインディングロードを行く「435i カブリオレ」。0-100km/h加速=5.5秒の俊足を誇る。
ワインディングロードを行く「435i カブリオレ」。0-100km/h加速=5.5秒の俊足を誇る。 拡大
インテリアの様子。スポーティーグレードの「Mスポーツ」には、電動調節式サイドサポートを持つスポーツシート(運転席/助手席)が与えられる。ヘッドレスト下端のスリットから乗員の首や肩に温風を導く快適装備も、オプションで用意される。
インテリアの様子。スポーティーグレードの「Mスポーツ」には、電動調節式サイドサポートを持つスポーツシート(運転席/助手席)が与えられる。ヘッドレスト下端のスリットから乗員の首や肩に温風を導く快適装備も、オプションで用意される。 拡大
直6ターボエンジンのアウトプット(306ps、40.8kgm)はクローズドボディーの「435i」と同じ。JC08モードの燃費値(12.5km/リッター)は、435iの12.7km/リッターと少しだけ差がある。
直6ターボエンジンのアウトプット(306ps、40.8kgm)はクローズドボディーの「435i」と同じ。JC08モードの燃費値(12.5km/リッター)は、435iの12.7km/リッターと少しだけ差がある。 拡大
「Mライトアロイホイール・ダブルスポーク・スタイリング442M」と呼ばれる、19インチアルミホイール。「Mスポーツ」の専用装備だ。
「Mライトアロイホイール・ダブルスポーク・スタイリング442M」と呼ばれる、19インチアルミホイール。「Mスポーツ」の専用装備だ。 拡大

どんな乗り方でも快適

オープンにしても、435iカブリオレの“風じまい”のよさは抜群だ。後席背もたれの裏側に格納されているウインドディフレクターをセットし、サイドウィンドウを閉めれば、100km/h走行時でも顔のまわりの空気は動かない。風と一緒に流れているため、上空でもまったく風を感じない熱気球をほうふつさせる不思議な感覚だ。エアコンをきかせ、シートヒーターを入れ、とどめに首の後ろから温風が吹き出る“エアカラー”をオンにすると、冬のオープンエア高速巡航もホッカホカだった。

屋根を閉めて、後席にも座ってみた。リアシートはクーペ同様、ぜいたくな左右独立。レッグルームが3シリーズ カブリオレより2cm増えた、と言われても細かすぎてわからないが、見るからに広く、乗っても十分広い。座面は高めで、見晴らしはいい。背もたれも適度に寝ている。

リアシートに乗ってもありがたいのは、センターピラーレスの広々としたグリーンハウスだ。屋根を閉めていても、クーペの後席に“閉じ込められている”ようなビンボーくじ感はまったくない。フル4座のクーペ/カブリオレである。

価格は高い。試乗車はオプション込みで四捨五入すれば1000万円カーである。
このクルマで、某日本車の試乗会へ乗りつけた。かつてそのメーカーのリトラクタブルルーフ車に携わった開発者に435i カブリオレを見せたところ、開閉メカに感心することしきりだった。いわく、「すごいなあ、この収めかた……」「あんなところに、プレスじゃなくて、鋳物のパーツ使ってるよ」「これはやっぱり、本気でつくってるなあ」
つまり、高いだけのことはある、ということらしかった。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=郡大二郎)

定員2人のリアシートは、背もたれを倒すなどしてトランクスルーが可能。荷室との隔壁部分には、折りたたみ式ウインドディフレクターが収納されている。(画像をクリックすると、トランクスルー機構およびウインドディフレクター使用時の様子が見られます)
定員2人のリアシートは、背もたれを倒すなどしてトランクスルーが可能。荷室との隔壁部分には、折りたたみ式ウインドディフレクターが収納されている。(画像をクリックすると、トランクスルー機構およびウインドディフレクター使用時の様子が見られます) 拡大
運転席まわりのデザインは、「435i」などと共通のもの。「Mスポーツ」の場合、シートの色は写真のヴェネト・ベージュのほかコーラル・レッド、ブラックが選べる。
運転席まわりのデザインは、「435i」などと共通のもの。「Mスポーツ」の場合、シートの色は写真のヴェネト・ベージュのほかコーラル・レッド、ブラックが選べる。 拡大
メーターは、オーソドックスなアナログ式の2眼タイプ。その間の上方には、安全装備の警告メッセージほかが表示される。別途、ヘッドアップディスプレイも与えられる。
メーターは、オーソドックスなアナログ式の2眼タイプ。その間の上方には、安全装備の警告メッセージほかが表示される。別途、ヘッドアップディスプレイも与えられる。 拡大
 
BMW 435i カブリオレ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】の画像 拡大

テスト車のデータ

BMW 435i カブリオレ Mスポーツ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4670×1825×1385mm
ホイールベース:2810mm
車重:1840kg
駆動方式:FR
エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:306ps(225kW)/5800rpm
最大トルク:40.8kgm(400Nm)/1200-5000rpm
タイヤ:(前)225/40R19 89Y/(後)255/35R19 92Y(ブリヂストン・ポテンザS001 RFT<ランフラットタイヤ>)
燃費:12.5km/リッター(JC08モード)
価格:864万円/テスト車=962万3000円
オプション装備:Mスポーツブレーキ(10万円)/アクティブMサスペンション(10万円)/ウインドディフレクター(5万1000円)/パーキング・アシスト・パッケージ(11万円)/パールウォルナット・ウッドトリム+パールグロスクローム・ハイライト(1万7000円)/エアカラー(5万6000円)/アダプティブLEDヘッドライト(16万5000円)/アクティブプロテクション(5万円)/アクティブクルーズコントロール(9万5000円)/harman/kardonサラウンドサウンドシステム(10万円)/BMWコネクテッド・ドライブ・プレミアム(5万9000円)/メタリックペイント(8万円)

テスト車の年式:2014年型
テスト車の走行距離:1085km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(8)/山岳路(1)
テスト距離:285.8km
使用燃料:34.2リッター
参考燃費:8.4km/リッター(満タン法)/7.2km/リッター(車載燃費計計測値)

BMW 435i カブリオレ Mスポーツ
BMW 435i カブリオレ Mスポーツ 拡大
オプション「パーキング・アシスト・パッケージ」を選択すると、車両を俯瞰(ふかん)したようなイメージを確認しながら、より簡単に駐車ができるようになる。
オプション「パーキング・アシスト・パッケージ」を選択すると、車両を俯瞰(ふかん)したようなイメージを確認しながら、より簡単に駐車ができるようになる。 拡大
側方の死角を映し出す、サイドビューカメラ。こちらも「パーキング・アシスト・パッケージ」に含まれる機能である。
側方の死角を映し出す、サイドビューカメラ。こちらも「パーキング・アシスト・パッケージ」に含まれる機能である。 拡大
 
BMW 435i カブリオレ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
4シリーズ カブリオレBMW試乗記

あなたにおすすめの記事