クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

メルセデス・ベンツCLA45 AMG 4MATIC(4WD/7AT)

カゲキで快適 2014.03.27 試乗記 「CLAクラス」のトップ・オブ・ザ・レンジ、「CLA45 AMG 4MATIC」に試乗。実に360psを絞り出す2リッター直4ターボエンジンを備えたスーパーセダンは、同時にクラス随一の洗練も手に入れていた。

明確な改善の跡

比較的長距離のドライブもふくめて「A180」をなんべんか運転したことがあったので、今回の試乗、ぶっちゃけていうと「あのAクラスがどこまでマトモになっているか?」という興味をもって臨んだ。結論からいうと、「CLA45 AMG」はかなりちゃんとしていた。Aクラスにおいて残念だったところに手が入っていた。

まず、パワートレイン横置きのFF車のキモともいえるパワートレインマウント。クルマ作りの巧拙がバレてしまうところ。A180では、日常のなにげない加減速のなかでしばしばエンジン+トランスミッションがヒクッと動いていた。考えてみたら、他社製品と横並びのごくフツーのパワートレイン配置のFF乗用車はベンツにとって今回が初(初代と2代目=先代のAクラスのエンジンは水平に近いところまで寝かされた状態で搭載されていた)。なのでマウント関係の不慣れ感がアリアリでもしょうがないかなと思った。けれどもそのヒクッ、このクルマでは出なかった。

せっかくDCT=デュアルクラッチトランスミッションを使っていながら、なぜかちょっとCVTみたいな加速感。いわゆるラバーバンドフィール……もなおっていた。アクセルペダルの踏み込み加減とエンジンのチカラの増えかたの関係におけるダイレクト度がアップ。これならフツーにDCT感アリ。

シリーズの最上位に位置する「CLA45 AMG 4MATIC」。360psを発生する2リッター直4ターボエンジンに、4WDシステムが組み合わされる。
シリーズの最上位に位置する「CLA45 AMG 4MATIC」。360psを発生する2リッター直4ターボエンジンに、4WDシステムが組み合わされる。 拡大
2リッター直4ユニットは最大1.8バールで過給され、量産車としては他に例を見ない360psと450Nm(45.9kgm)というピーク値を誇る。JC08モード燃費は13.7km/リッター。
2リッター直4ユニットは最大1.8バールで過給され、量産車としては他に例を見ない360psと450Nm(45.9kgm)というピーク値を誇る。JC08モード燃費は13.7km/リッター。 拡大

トランスミッションは7G-DCT(デュアルクラッチ式)。専用のシフトセレクターが備わる。


    トランスミッションは7G-DCT(デュアルクラッチ式)。専用のシフトセレクターが備わる。
    拡大
注目の記事PR
  • 音と風と刺激的な走り。「アバルト124スパイダー」の魅力を、3人のジャーナリストが語る。
    音と風と刺激的な走り。「アバルト124スパイダー」の魅力を、3人のジャーナリストが語る。 アバルト特集
注目の記事一覧へ

ステアリングもより自然に

ステアリング関係。A180(ヨリ限定的には特にベースグレード)では直進管理に気をつかわされてキツかったけれど、そこもかなりよくなっている。ハンドルを両手でグリップして真っすぐ状態をキープしていても、タイヤが路面の凹凸等を踏んで勝手に向きを変える、あるいは変えようとする傾向は、ゼロにはなっていない。依然としてある。しかし、大幅減。動力性能相応にグリップの強い、特性のシビアなタイヤを履いてこのレベルの直進性が出ているということは、かなり頑張って対策したと思われる。あるいは、フツーに真っすぐ走る銘柄のタイヤを履いているおかげもあるかもしれない。

これもステアリング関係で、きっていくと途中からレシオが速くなるのがA180では気になった。クルマ側でハンドルが勝手にクイックになるのと同時にドライバー側は操舵(そうだ)速度をそのぶんスローに……なんて芸当、俺にはできません。その点、AMGバージョンの操舵レシオはノンバリアブル。つまり一定。途中からレシオが速くならない。フツーにハンドルを回せばオッケー。

出発後しばらくすると乗員全員がだんだん無口になり、さらにはちょっと不機嫌に……の要因だと考えられる低周波のこもり。これもというか、たぶん問題なし。

試乗車はパッケージオプション「AMGアドバンストパッケージ」装着車。足まわりがよりハードな「AMGパフォーマンスサスペンション」となるほか、室内ではステアリングが本革/アルカンターラの専用品に変更されるなど、よりスポーティーな装いとなる。
試乗車はパッケージオプション「AMGアドバンストパッケージ」装着車。足まわりがよりハードな「AMGパフォーマンスサスペンション」となるほか、室内ではステアリングが本革/アルカンターラの専用品に変更されるなど、よりスポーティーな装いとなる。 拡大
「AMGアドバンストパッケージ」を選択すると、前席も専用デザインのものになる。
「AMGアドバンストパッケージ」を選択すると、前席も専用デザインのものになる。
    拡大
シートベルトは前後席ともdesignoレッドが標準。
シートベルトは前後席ともdesignoレッドが標準。 拡大

都心の一般道ですら楽しい

性能相応にというべきか、乗り心地はカタい。カタいかヤワいかでいうと。でも、いってしまえばそれだけのこと。乗っているのがツラくなる種類の揺れ、揺すられかた、ということでいうと、別に問題なし。それが証拠にというか、長時間の原稿書きを終えた直後のヘロヘロ度の高いときの試乗だったのに体は別に疲れなかった。むしろ、乗っている間に少しリフレッシュしたほどだった。通常なら腰から背中にかけてのあたりにドヨ~ンと疲れがたまってくるはずなのに、たまらなかった。ということは、シートのデキもいい可能性がある。

という次第で45 AMG、AクラスいやCLAベースのとってもカゲキなバージョンでありながらむしろ快適だった。運転しやすかった。都心の一般道をなーんてことのない速度で走っているだけで楽しかった。自分のイメージどおりにクルマを動かすことができている実感があったから。ものすごく速そうな乗りアジのクルマをゆっくり走らせていると、それはそれでステキな気分になる。カッチリ感や精度感を味わいながら。ステキな気分になるかどうかは、もちろんクルマのデキに大いによる。よるけれど、今回はイイほうのケースだったもよう。

4WDシステムはパフォーマンス志向の「AMG 4MATIC」。通常時はほぼ前輪のみで走行し、状況に応じて前後の駆動力配分を100:0から50:50までの範囲内で変化させる。
4WDシステムはパフォーマンス志向の「AMG 4MATIC」。通常時はほぼ前輪のみで走行し、状況に応じて前後の駆動力配分を100:0から50:50までの範囲内で変化させる。 拡大
タイヤサイズは前後とも235/40ZR18。性能の向上にあわせてブレーキも強化され、前後キャリパーが赤く塗装される。
タイヤサイズは前後とも235/40ZR18。性能の向上にあわせてブレーキも強化され、前後キャリパーが赤く塗装される。
    拡大
トランク容量は470リッター(VDA方式)。2:1分割式のリアバックレストを倒せば容量の拡大が可能。
トランク容量は470リッター(VDA方式)。2:1分割式のリアバックレストを倒せば容量の拡大が可能。 拡大

内容を考えれば“お値打ち価格”

運転しながら、あるいはクルマを降りたあとで連想したのはスバルのSTI物件。つまり、ツルシのSTIではなく限定車のほうの。ベース車両の苦手なところや残念なところをよーくわかった人たちが抜かりなく手をいれたあれらの仕様のよさは、このAMGのよさと大いに通じるものがある。とびきり辛口の、おいしい領域の狭いクルマかと思ったら実際はむしろ真逆、というようなところもふくめて。

そういうことでいうならこれ、値段的にもむしろフツー。だって、STIが特別に仕立てたスバルが最高600万円ぐらいしたのだから。CLA45 AMG、ベンツでさらにヨンゴーでAMGなのに、それと比べてたったの100万円ほどしか高くない。700万円。オプション盛りまくりでも、それプラスたったの(ってことはないか)140万円。AMGなのに850万円で、しかも運転して気分がいい。だったらオトク。お値打ち価格。

FF小型車ベースのものすごく速いヤツ。FFではもう足りないのでヨンクのやつ。そういうのをベンツから買いたくて買おうとしている人(または買った人)はどうやらラッキー、といっていいでしょう。ただしというか、例えば「ゲレンデワーゲン」(G350ブルーテック)がそうであるようないいベンツとはこれは違います。じゃあナニモノかというと、ただのゴキゲンなホットハッチ+トランク。

(文=森 慶太/写真=高橋信宏)

メーターパネルもスポーティーなデザインの専用品に。速度計は320km/hまで表示される。
メーターパネルもスポーティーなデザインの専用品に。速度計は320km/hまで表示される。 拡大
内外装にカーボンがあしらわれる「AMGカーボンパッケージ」も選択可能。外装では、フロントスポイラー、サイドスカート、リアディフューザーのほか、ドアミラーもカーボンとなる。
内外装にカーボンがあしらわれる「AMGカーボンパッケージ」も選択可能。外装では、フロントスポイラー、サイドスカート、リアディフューザーのほか、ドアミラーもカーボンとなる。 拡大
0-100km/hのカタログ値は4.6秒。ちなみに「AMGアドバンストパッケージ」を選択すると、速度リミッターの作動点が270km/hに上げられる(通常は250km/h)。
0-100km/hのカタログ値は4.6秒。ちなみに「AMGアドバンストパッケージ」を選択すると、速度リミッターの作動点が270km/hに上げられる(通常は250km/h)。 拡大

テスト車のデータ

メルセデス・ベンツCLA45 AMG 4MATIC

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4690×1780×1430mm
ホイールベース:2700mm
車重:1600kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:360ps(265kW)/6000rpm
最大トルク:45.9kgm(450Nm)/2250-5000rpm
タイヤ:(前)235/40ZR18 95Y/(後)235/40ZR18 95Y(コンチネンタル・コンチスポーツコンタクト5P)
燃費:13.7km/リッター(JC08モード)
価格:710万円/テスト車=850万円
オプション装備:AMGアドバンストパッケージ(AMGパフォーマンスステアリング<本革/アルカンターラ>+AMGドライバーズパッケージ+AMGパフォーマンスサスペンション+AMGパフォーマンスシート+AMGエンブレム付きAMG E-SELECTレバー+AMGエンブレム付きエレクトリックキー+ハーマンカードン・ロジック7サラウンドサウンドシステム+チャイルドセーフティシートセンサー<助手席>)(70万円)/AMGカーボンパッケージ(AMGカーボンファイバーフロントスポイラーリップ+AMGカーボンファイバーサイドスカート+AMGカーボンファイバードアミラー+AMGカーボンファイバーリアディフューザー+AMGカーボンインテリアトリム+シルバークロームフロントグリル)(70万円)
※価格はいずれも5%の消費税を含む。

テスト車の年式:2013年型
テスト車の走行距離:5845km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3)/高速道路(7)/山岳路(0)
テスト距離:231.5km
使用燃料:25.0リッター
参考燃費:9.3km/リッター(満タン法)/8.9km/リッター(車載燃費計計測値)

メルセデス・ベンツCLA45 AMG 4MATIC
メルセデス・ベンツCLA45 AMG 4MATIC 拡大

関連キーワード:
CLAクーペメルセデス・ベンツ試乗記

あなたにおすすめの記事