メルセデス・ベンツCLA45 AMG 4MATIC(4WD/7AT)

カゲキで快適 2014.03.27 試乗記 「CLAクラス」のトップ・オブ・ザ・レンジ、「CLA45 AMG 4MATIC」に試乗。実に360psを絞り出す2リッター直4ターボエンジンを備えたスーパーセダンは、同時にクラス随一の洗練も手に入れていた。

明確な改善の跡

比較的長距離のドライブもふくめて「A180」をなんべんか運転したことがあったので、今回の試乗、ぶっちゃけていうと「あのAクラスがどこまでマトモになっているか?」という興味をもって臨んだ。結論からいうと、「CLA45 AMG」はかなりちゃんとしていた。Aクラスにおいて残念だったところに手が入っていた。

まず、パワートレイン横置きのFF車のキモともいえるパワートレインマウント。クルマ作りの巧拙がバレてしまうところ。A180では、日常のなにげない加減速のなかでしばしばエンジン+トランスミッションがヒクッと動いていた。考えてみたら、他社製品と横並びのごくフツーのパワートレイン配置のFF乗用車はベンツにとって今回が初(初代と2代目=先代のAクラスのエンジンは水平に近いところまで寝かされた状態で搭載されていた)。なのでマウント関係の不慣れ感がアリアリでもしょうがないかなと思った。けれどもそのヒクッ、このクルマでは出なかった。

せっかくDCT=デュアルクラッチトランスミッションを使っていながら、なぜかちょっとCVTみたいな加速感。いわゆるラバーバンドフィール……もなおっていた。アクセルペダルの踏み込み加減とエンジンのチカラの増えかたの関係におけるダイレクト度がアップ。これならフツーにDCT感アリ。

シリーズの最上位に位置する「CLA45 AMG 4MATIC」。360psを発生する2リッター直4ターボエンジンに、4WDシステムが組み合わされる。
シリーズの最上位に位置する「CLA45 AMG 4MATIC」。360psを発生する2リッター直4ターボエンジンに、4WDシステムが組み合わされる。
2リッター直4ユニットは最大1.8バールで過給され、量産車としては他に例を見ない360psと450Nm(45.9kgm)というピーク値を誇る。JC08モード燃費は13.7km/リッター。
2リッター直4ユニットは最大1.8バールで過給され、量産車としては他に例を見ない360psと450Nm(45.9kgm)というピーク値を誇る。JC08モード燃費は13.7km/リッター。

トランスミッションは7G-DCT(デュアルクラッチ式)。専用のシフトセレクターが備わる。


    トランスミッションは7G-DCT(デュアルクラッチ式)。専用のシフトセレクターが備わる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CLAクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツCLA250シュポルト 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.6 試乗記 「メルセデス・ベンツCLA」が3年ぶりにマイナーチェンジを受け登場。地道な改良によって進化を遂げた、新型の走りとは?「AMGレザーエクスクルーシブパッケージ」を装備した、スポーティーな「CLA250シュポルト」に試乗した。
  • メルセデスの「CLA」シリーズがマイナーチェンジ 2016.8.24 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年8月24日、マイナーチェンジを施した「メルセデス・ベンツCLA」と、そのワゴンモデル「CLAシューティングブレーク」を国内で発表。同日、販売を開始した。
  • メルセデス・ベンツA250シュポルト 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2016.2.5 試乗記 フルモデルチェンジから3年にして大幅な改良が施されたメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバックモデル「Aクラス」。200psオーバーのターボエンジンとフルタイム4WDを組み合わせた「A250シュポルト 4MATIC」に試乗し、その進化の度合いを確かめた。
  • メルセデス・ベンツCLA250(FF/7AT)【試乗記】 2013.9.5 試乗記 ダイナミックなデザインとスポーティーな走りが自慢。メルセデス・ベンツの新型4ドアクーペ「CLAクラス」の実力を確かめた。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
ホームへ戻る