「アルピナB4 ビターボ カブリオ」受注開始

2014.03.21 自動車ニュース
「BMWアルピナB4 ビターボ カブリオ」
「BMWアルピナB4 ビターボ カブリオ」 拡大

アルピナの高性能オープンモデル「B4 ビターボ カブリオ」発売

独アルピナの日本総代理店であるニコル・オートモビルズは、新たな4シーターオープンモデル「BMWアルピナB4 ビターボ カブリオ」の受注を、2014年3月24日に開始すると発表した。

ホイールのサイズは特大の20インチ。トランクリッドの後端には、ひかえめなリアスポイラーが備わる。
ホイールのサイズは特大の20インチ。トランクリッドの後端には、ひかえめなリアスポイラーが備わる。 拡大
 
「アルピナB4 ビターボ カブリオ」受注開始の画像 拡大
写真左は、クローズドボディーの「B4 ビターボ クーペ」。
写真左は、クローズドボディーの「B4 ビターボ クーペ」。 拡大

今回日本に導入されるB4 ビターボ カブリオは、現行型の「BMW 4シリーズ カブリオレ」をベースにアルピナが仕立てた、ハイパフォーマンスな4シーターオープン。2014年3月上旬、「ジュネーブモーターショー」で世界初公開された。

独自のチューニングが施された3リッター直6ツインターボエンジンは、最高出力410ps、最大トルク61.2kgmを発生。「BMW 435i カブリオレ」の306ps、40.8kgmを大幅に上回る。
組み合わされるトランスミッションは、「アルピナスイッチトロニック機能」付きの8段ATのみ。クローズドボディーの「B4 ビターボ クーペ」ではFRと4WDが選べるが、そのオープン版たるB4 ビターボ カブリオの駆動方式はFRのみに限定される。足まわりにも、「アルピナアダプティブスポーツサスペンション」がおごられるなど、アルピナの考えるリファインが施されている。

そんなB4 ビターボ カブリオの0-100km/h加速タイムは、BMW 435i カブリオレを1.0秒しのぐ4.5秒。最高速度は、大台超えの301km/hと公表される。燃費値は、欧州の複合計測値で12.5km/リッター。

なお外観上は、車体前後のスポイラーや、20インチの大径「アルピナクラシックアルミホイール」などが、BMW 4シリーズ カブリオレには見られない特徴となっている。

価格は、左ハンドル車が1231万円で、右ハンドル車が1256万8000円(8%の消費税を含む)。
デリバリーの開始は、2013年末の「東京モーターショー」で公開されたクローズドボディーのB4 ビターボ クーペ(同1120万円/1145万8000円)ともども、2014年秋になるという。

(webCG)

関連キーワード:
B4BMWアルピナBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • トヨタ・クラウン【開発者インタビュー】 2018.7.2 試乗記 ユーザーの若返りを最重要課題に掲げて全面的に刷新された、トヨタの高級セダン「クラウン」。その開発に込めた思いを、チーフエンジニアの秋山 晃さんと、デザインを取りまとめた國重 健さんに語ってもらった。
  • モーガン4/4(FR/5MT)【試乗記】 2018.6.28 試乗記 1936年に誕生して以来、基本的な設計を変えずに現在も作り続けられている「モーガン4/4(フォーフォー)」。今なお職人の手作業によって製作される英国のスポーツカーには、80年前のクルマの息遣いが確かに宿っていた。
ホームへ戻る