マセラティ・ギブリS Q4(4WD/8AT)

驚きの洗練度 2014.03.31 試乗記 往年の車名を冠する、マセラティの新たな4ドアサルーン「ギブリ」に試乗。その走りを、四輪駆動の上級モデル「ギブリS Q4」でチェックした。

これまでと違うマセラティ

新型「ギブリ」は、メルセデスやBMWでいえば「Sクラス」や「7シリーズ」のロングと同じくらいに大きく長くなった「クアトロポルテ」に対して、それを過剰とするユーザーのための短縮版というべき成り立ちである。ただ、実際には内外装のデザインや仕立てレベル、そしてそれに伴う価格までも差別化して、ともすれば、そのひとクラス下(の上級モデル)あたりも食っちゃいたい……といった企画意図もあろう。

現時点で、日本で売られるギブリは高出力型V6ターボを積むギブリSのみで、今回試乗したのは、FRと4WDの2種類がある駆動方式のうちの4WD=Q4である。ちなみに、同じパワートレインを積む兄貴分のクアトロポルテS Q4と比較すると、ホイールベースは170mm短く、前後オーバーハングを大胆に削った全長は300mm短い。全幅は5mmナローだが全高は15mm高い。そして車重は60kgほど軽くて、本体価格が300万円近く安い。

新しいギブリのプロポーションはクアトロポルテより明らかに軽快に見える。まあ、絶対的に短いから当たり前といえば当たり前なのだが、それでも3mものホイールベースながら全長を5m未満におさめるために、スパッと切り詰めた前後オーバーハングによって、実寸以上に小さく、軽く感じられるビジュアルである。
クチバシのように長く伸びたフロントオーバーハングが、マセラティの伝統であり特徴だった。ギブリのデザインには、その短いオーバーハングでいかにマセラティっぽく見せるかの苦心の跡もうかがえるし、同時にフロントオーバーハングの短さが、クアトロポルテとは一線を画す軽快感を生んでいるのだ。

新型クアトロポルテも含めた新世代マセラティはダッシュボードのデザイン、スイッチひとつひとつの取り付け方法まで、明確にハンドメイド感を残していた先代とはまるで変わった。ベタにいえば、モダンな工業製品のテイストが濃くなった。この価格帯のサルーンとしてはボタンやスイッチの類いは少ないほうだが、それらも実に整然と配置されている。悪くいえばプラスチックや成形品の匂いが強まったともいえるし、かつてのハンドメイド感がいとおしい気持ちもなくはない。しかし、前記ドイツ勢と真正面から比較してもらって、それでもマセラティを選ばせるには、これは避けることができない脱皮だろう。

3代目となる新型「マセラティ・ギブリ」は、過去2代の2ドアモデルとは異なる4ドアサルーンとして、2013年4月の上海モーターショーでデビューした。
アグレッシブな表情を見せるヘッドランプは、LEDのポジショニングランプを内蔵。
インテリアの様子。ダッシュボードのカラーは、写真の「ネロ(黒)×クオイオ(茶)」のほか、赤系を含む3種類が用意される。
8段ATをつかさどる電子制御式シフトレバー。その左側には、走行モードの選択スイッチがずらりと並ぶ。写真でシフトレバーの右側に見えるのは、電動式パーキングブレーキの操作スイッチ。
リアビュー。リアホイールアーチで交錯する2本のキャラクターラインもデザイン上の特徴だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る