ボルボS60 T5 R-DESIGN(FF/8AT)

力強い第一章 2014.03.28 試乗記 ボルボが新世代パワートレイン「Drive-E(ドライブ・イー)」を携えて走りだした。その第1弾となる2リッター直4ターボエンジンの実力は? 「S60 T5 R-DESIGN」を箱根で試した。

「Drive-E」の第1弾

四角いワゴン――このブランドの、かつて一世を風靡(ふうび)したモデルたちによって象徴される記号性と決別したボルボ。新たなデザイン言語を用いたモデルの姿が、ようやく街の風景に馴染(なじ)んで感じられるようになってきた。

もちろんそれは、久々のビッグヒットを飛ばして話題の「V40」や、「S60/V60」などといった、ここ数年のうちにデビューを遂げたモデルたちが原動力となって築いた、まだ新しい印象である。

ほんのひと昔前まで、このブランドは「740/760」や「850」、さらにはそれらの流れを受け継いだ「V70」など、大柄なステーションワゴンの人気が高かった。しかし今、多くの人がボルボと聞いて脳裏に思い浮かべるであろうイメージは、もはや角張ったデザインではなく、最新モデルたちのように有機的な曲線基調のラインを用いた姿だろう。

SUVやクロスオーバーと称されるモデルたちが成長する陰で、ステーションワゴンの人気は衰退し、それと共に徐々にその存在が希薄となった感が否めなかったボルボだが、前述のとおりS60/V60、そしてV40の人気を背景に、今、ハッキリと“復活ののろし”が上がっていることを実感する。

そして、そんな勢いをさらに後押ししそうなのが、ボルボが独自開発を行い、満を持して市場投入した新しいパワーユニットである。今回紹介するのは、「Drive-E」と称する新世代パワートレインの第1弾として完成された、2リッターのターボ付き直噴ガソリンエンジンを搭載するモデルだ。

ちなみに、「T5」グレードを名乗るものの、搭載される心臓は直列4気筒である。これまでのボルボ車のグレード名称は、「T」の文字に続く数字が搭載する心臓の気筒数を示すのが一般的だった。が、今後の新世代パワーユニットでは、それは「出力レベルを示す記号」へと意味が改められるという。

新世代パワートレイン「Drive-E」の第1弾として登場した2リッター直4直噴ガソリンターボエンジンは、出力性能だけでなくクラストップレベルの燃費も自慢。従来型のT5エンジンと比べて5ps/3.1kgm(30Nm)向上の245ps/35.7kgm(350Nm)を達成しながら、「S60 T5 R-DESIGN」で14.6km/リッターという燃費を実現した。
新世代パワートレイン「Drive-E」の第1弾として登場した2リッター直4直噴ガソリンターボエンジンは、出力性能だけでなくクラストップレベルの燃費も自慢。従来型のT5エンジンと比べて5ps/3.1kgm(30Nm)向上の245ps/35.7kgm(350Nm)を達成しながら、「S60 T5 R-DESIGN」で14.6km/リッターという燃費を実現した。
本革巻きシルクメタル・ステアリングホイールや、センターパネル部のアルミ加飾、スポーツペダルなど「R-DESIGN」の専用装備が室内をスポーティーに演出する。内装色はアンスラサイトブラックで、シートカラーがオフブラック。
本革巻きシルクメタル・ステアリングホイールや、センターパネル部のアルミ加飾、スポーツペダルなど「R-DESIGN」の専用装備が室内をスポーティーに演出する。内装色はアンスラサイトブラックで、シートカラーがオフブラック。
「T5」を名乗るがエンジンは直4。新世代パワーユニットでは“命名法”が変わる。
「T5」を名乗るがエンジンは直4。新世代パワーユニットでは“命名法”が変わる。
関連記事
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.2.18 試乗記 これまでの3リッター直6エンジンに代えて、新世代の2リッター直4エンジンが搭載された「ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN」に試乗。ターボとスーパーチャージャーの両方を搭載した新ユニットの実力やいかに? 雪の舞う東京‐新潟の往復ルートで、その走りを試した。
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • ボルボV90 T6 AWD インスクリプション/S90 T6 AWD インスクリプション【試乗記】 2017.2.22 試乗記 ボルボのラインナップに、新たなフラッグシップモデル「V90」「S90」が登場。新世代プラットフォームや、2つの過給機を持つエンジンがもたらす走りの質を、試乗して確かめた。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)【試乗記】 2016.9.20 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれたハイパフォーマンスモデル「ボルボS60ポールスター」に試乗。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに変更し、さらにパワーアップした新型の走りをリポートする。
  • ボルボS90 T6 AWD/V90 D5 AWD【海外試乗記】 2016.8.2 試乗記 ボルボの新しいフラッグシップモデル「S90/V90」に試乗。ジャーマンスリーが牛耳るラグジュアリークラスに投じられた“スカンジナビアの良心”は、われわれの期待にしっかり応えてくれる実力派だった。南スペイン・マラガからの第一報。
  • ボルボS60 T3 SE(FF/6AT)/XC60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.3.23 試乗記 ボルボの60シリーズに新しいDrive-Eエンジンが2機種、搭載された。1.5リッター直4ターボのT3ユニットを積む「S60」と、2リッター直4ターボ+スーパーチャージャーのT6ユニットを搭載する「XC60」に試乗し、その実力を確かめた。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
ホームへ戻る