ボルボS60 T5 R-DESIGN(FF/8AT)

力強い第一章 2014.03.28 試乗記 ボルボが新世代パワートレイン「Drive-E(ドライブ・イー)」を携えて走りだした。その第1弾となる2リッター直4ターボエンジンの実力は? 「S60 T5 R-DESIGN」を箱根で試した。

「Drive-E」の第1弾

四角いワゴン――このブランドの、かつて一世を風靡(ふうび)したモデルたちによって象徴される記号性と決別したボルボ。新たなデザイン言語を用いたモデルの姿が、ようやく街の風景に馴染(なじ)んで感じられるようになってきた。

もちろんそれは、久々のビッグヒットを飛ばして話題の「V40」や、「S60/V60」などといった、ここ数年のうちにデビューを遂げたモデルたちが原動力となって築いた、まだ新しい印象である。

ほんのひと昔前まで、このブランドは「740/760」や「850」、さらにはそれらの流れを受け継いだ「V70」など、大柄なステーションワゴンの人気が高かった。しかし今、多くの人がボルボと聞いて脳裏に思い浮かべるであろうイメージは、もはや角張ったデザインではなく、最新モデルたちのように有機的な曲線基調のラインを用いた姿だろう。

SUVやクロスオーバーと称されるモデルたちが成長する陰で、ステーションワゴンの人気は衰退し、それと共に徐々にその存在が希薄となった感が否めなかったボルボだが、前述のとおりS60/V60、そしてV40の人気を背景に、今、ハッキリと“復活ののろし”が上がっていることを実感する。

そして、そんな勢いをさらに後押ししそうなのが、ボルボが独自開発を行い、満を持して市場投入した新しいパワーユニットである。今回紹介するのは、「Drive-E」と称する新世代パワートレインの第1弾として完成された、2リッターのターボ付き直噴ガソリンエンジンを搭載するモデルだ。

ちなみに、「T5」グレードを名乗るものの、搭載される心臓は直列4気筒である。これまでのボルボ車のグレード名称は、「T」の文字に続く数字が搭載する心臓の気筒数を示すのが一般的だった。が、今後の新世代パワーユニットでは、それは「出力レベルを示す記号」へと意味が改められるという。

新世代パワートレイン「Drive-E」の第1弾として登場した2リッター直4直噴ガソリンターボエンジンは、出力性能だけでなくクラストップレベルの燃費も自慢。従来型のT5エンジンと比べて5ps/3.1kgm(30Nm)向上の245ps/35.7kgm(350Nm)を達成しながら、「S60 T5 R-DESIGN」で14.6km/リッターという燃費を実現した。
新世代パワートレイン「Drive-E」の第1弾として登場した2リッター直4直噴ガソリンターボエンジンは、出力性能だけでなくクラストップレベルの燃費も自慢。従来型のT5エンジンと比べて5ps/3.1kgm(30Nm)向上の245ps/35.7kgm(350Nm)を達成しながら、「S60 T5 R-DESIGN」で14.6km/リッターという燃費を実現した。
本革巻きシルクメタル・ステアリングホイールや、センターパネル部のアルミ加飾、スポーツペダルなど「R-DESIGN」の専用装備が室内をスポーティーに演出する。内装色はアンスラサイトブラックで、シートカラーがオフブラック。
本革巻きシルクメタル・ステアリングホイールや、センターパネル部のアルミ加飾、スポーツペダルなど「R-DESIGN」の専用装備が室内をスポーティーに演出する。内装色はアンスラサイトブラックで、シートカラーがオフブラック。
「T5」を名乗るがエンジンは直4。新世代パワーユニットでは“命名法”が変わる。
「T5」を名乗るがエンジンは直4。新世代パワーユニットでは“命名法”が変わる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S60の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)/V60ポールスター(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.4.19 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれた「ボルボS60/V60ポールスター」が進化を遂げて帰ってきた。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに改め、367psに強化された新型の走りやいかに?
  • マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売 2017.4.20 自動車ニュース マツダが、コンパクトカー「デミオ」の全グレードにおいて運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を標準装備化。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。
  • 【上海ショー2017】ホンダが「CR-Vハイブリッド」を世界初公開 2017.4.19 自動車ニュース ホンダが上海ショーで新型「CR-Vハイブリッド」を発表。パワープラントには2モーターハイブリッドシステムの「スポーツハイブリッドi-MMD」を採用。運転支援システム「ホンダセンシング」をはじめとした、充実した装備も特徴として挙げられている。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
ホームへ戻る