第72回:マツダ626に住むホームレスの生きがいとは?
『ダブリンの時計職人』

2014.03.27 エッセイ

経済危機下で製作された映画

《ダブリン海岸駐車場マツダ626》――これが映画の主人公フレッド・デイリー(コルム・ミーニイ)の住所だ。要するに、ホームレスである。ロンドンにいた彼は失業してアイルランドのダブリンに帰ってきたが、すでにかつての家は失われている。仕方なく海岸べりにある吹きっさらしの駐車場に愛車を停め、その中で暮らしているのだ。

『ダブリンの時計職人』というタイトルだと、ダブリンの路地裏で小さな時計店を営む頑固な老職人の物語だと思われてしまいそうだ。しかし、この作品は周囲の人々との温かい心の交流を描く人情話ではない。ずっとハードな現実を描いている。原題は『Parked』で、一昨年イベントで上映された時は『ダブリン海岸駐車場』として紹介されていた。この素っ気ないタイトルのほうが、作品の内容を正確に表現している。

監督はドキュメンタリー畑のダラ・バーンで、アイルランドでバブルが崩壊した後、急激に増加したホームレスをテーマに撮影していた。その過程で多くのホームレスに話を聞き、フィクションとして映画を撮る構想を固めていったという。これは2010年の作品で、ちょうどその年アイルランド政府は国際通貨基金(IMF)に金融支援を要請している。切迫した経済危機のまっただ中で、生々しい現実に触れながらこの映画は製作されたのだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。