クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ホンダ・ヴェゼル ハイブリッドX・Lパッケージ(4WD/7AT)

多能性を得たスペシャリティー 2014.04.01 試乗記 これぞ現代のスペシャリティーカー? ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」の実力に触れた。

ヨーロッパで最旬のジャンル

コンパクトクロスオーバーは、ヨーロッパでは最旬のジャンルである。「日産ジューク」の人気は今も衰えを見せないし、MINIには「クロスオーバー」と「ペースマン」がある。日本では今ひとつの感もあるが、今年になってルノーから「キャプチャー」、プジョーから「2008」が導入された。「ヴェゼル」は、ホンダがこの活気あふれるジャンルに投入した期待の星である。「フィット」「シティ」とともに、世界で年間160万台を売るという目標を掲げる世界戦略車なのだ。

SUV、クーペ、ミニバンのいいとこ取りをするというのがコンセプト。力強い走りと高い視点を持ちながらスタイリッシュでしかも室内空間が広い、といったところがアピール点だという。まあそれは他のメーカーも同じようなことを言っていて、要するに武骨なイメージだったクロカンモデルを都市対応型にし、オシャレで実用的なクルマに仕立てているわけだ。一回り大きくなっているが、フィットベースだから街中で持て余すことのないサイズである。

エクステリアは、ジュークほど筋肉質ではなく、キャプチャーほどモード志向でもなく、万人に受けそうなデザインだ。リアドアのアウターハンドルをウィンドウに溶け込ませているのは、クーペっぽい印象を与えるためのおなじみの手法である。インテリアはなかなかうまく高級感を演出していて、ピアノブラックのパネルやソフトバッドを巧妙に配して乗員を気持ちよくさせる。

ホンダ自慢のセンタータンクレイアウトの恩恵で、スペースに関してはアドバンテージがある。後席の広々感と荷室の容量は、どちらも優秀なレベルだ。そんなわけで全方位に気を配ったクルマであるが、平均点がいいだけでは魅力にならない。ヴェゼルがライバルたちに誇れる一番の武器は、ドライブトレインである。

「ヴェゼル」は2013年12月に発表、発売されたホンダのコンパクトSUVだ。車名の「VEZEL」とは、宝石のカット面などを表す「bezel」という単語と、乗り物を表す「vehicle」とを組み合わせた造語だ。
「ヴェゼル」は2013年12月に発表、発売されたホンダのコンパクトSUVだ。車名の「VEZEL」とは、宝石のカット面などを表す「bezel」という単語と、乗り物を表す「vehicle」とを組み合わせた造語だ。 拡大
ウィンドウのモールに隠すように備えられたリアドアのアウターハンドル。テールランプのデザインなどは、純ガソリン車とハイブリッド車で異なっている。
ウィンドウのモールに隠すように備えられたリアドアのアウターハンドル。テールランプのデザインなどは、純ガソリン車とハイブリッド車で異なっている。 拡大
「ハイブリッドX・Lパッケージ」は、フロントに本革とファブリックの、リアに「プライムスムース」と呼ばれる合成皮革とファブリックのコンビシートを採用。
「ハイブリッドX・Lパッケージ」は、フロントに本革とファブリックの、リアに「プライムスムース」と呼ばれる合成皮革とファブリックのコンビシートを採用。 拡大
リアシートは6:4の分割可倒式。「フィット」や「N-BOX」などと同じく、座面にはチップアップ機構が備えられている。
リアシートは6:4の分割可倒式。「フィット」や「N-BOX」などと同じく、座面にはチップアップ機構が備えられている。 拡大

ハイブリッド、DCT、4WDの全部入り

ラインナップにはガソリン車とハイブリッド車があり、トランスミッションはそれぞれ別のものが用意される。ガソリン車には手慣れたCVTが組み合わされるのに対し、ハイブリッドシステムには7段DCTが与えられた。駆動方式はFFと4WDがある。試乗したのはハイブリッドの4WDで、最上グレードにあたる。いろいろな新機軸が盛り込まれた、全部入りのモデルなのだ。

「フィットハイブリッド」と同じ「スポーツハイブリッドi-DCD」が採用されている。132psの1.5リッター直噴エンジンに29.5psのモーター1基を組み合わせ、システム全体では152psとなる。モーターはデュアルクラッチトランスミッションの1速、3速、5速、7速用の軸に直結されているということで、大変複雑な機構を使っているのだ。

なんだか一度聞いただけでは構造が頭に入ってこないが、動かしてみるととにかく心臓部が忙しく働いていることは伝わってきた。ゆるやかに発進するとまずはEVモードで走りだし、その後エンジンがかかってクラッチが断続するのがわかる。機械が動作していることを乗員にそのまま伝えるのは、ある意味ホンダらしい流儀と言ってもいいのだろうか。知らぬ間にうまくやっておきましたというような態度はとらないのである。

さらに、電子制御のリアルタイムAWDによって、前後の駆動力を自動的に配分するシステムが加わる。コンパクトクロスオーバーのオーナーは、ほとんど都市だけで乗るタイプが多い。だから本格的なオフロード性能を求める人は少なく、キャプチャーや2008ではそもそも4WDを選択することができない。しかし、ヴェゼルはハイブリッドモデルにも4WDを設定しているのだから、悪路にも自信がありそうだ。今回は、あえて雪道に持ち込み、4WD性能を試してみることにした。もちろん、スタッドレスタイヤを装着している。

純ガソリン車にハイブリッド車、FF車に4WD車と、豊富に取りそろえられたバリエーションも「ヴェゼル」の特徴だ。
純ガソリン車にハイブリッド車、FF車に4WD車と、豊富に取りそろえられたバリエーションも「ヴェゼル」の特徴だ。 拡大
「ヴェゼル」や「フィット」のハイブリッド車が採用する「スポーツハイブリッドi-DCD」は、発電と走行補助を1つのモーターでまかなうタイプのシステム。走行用バッテリーはリチウムイオン式で、5.0Ahの容量を持つ。
「ヴェゼル」や「フィット」のハイブリッド車が採用する「スポーツハイブリッドi-DCD」は、発電と走行補助を1つのモーターでまかなうタイプのシステム。走行用バッテリーはリチウムイオン式で、5.0Ahの容量を持つ。 拡大
各グレードともインテリアカラーはブラックの設定。ハイブリッド車の上級グレード「ハイブリッドZ」のみ、ジャズブラウンとブラックの組み合わせとなる。
各グレードともインテリアカラーはブラックの設定。ハイブリッド車の上級グレード「ハイブリッドZ」のみ、ジャズブラウンとブラックの組み合わせとなる。 拡大
「ハイブリッドX・Lパッケージ」と「ハイブリッドZ」、純ガソリン車の「S」は、ほかのグレードより一回り大きな215/55R17サイズのタイヤを採用。テスト車にはダンロップ製のスタッドレスタイヤが装備されていた。
「ハイブリッドX・Lパッケージ」と「ハイブリッドZ」、純ガソリン車の「S」は、ほかのグレードより一回り大きな215/55R17サイズのタイヤを採用。テスト車にはダンロップ製のスタッドレスタイヤが装備されていた。 拡大

押し売りか、人間本位か

モーターのみの動力で発進する時は少々もたつき気味にも思えるが、エンジンとの共同作業が始まれば加速は力強い。渋滞などでストップ・アンド・ゴーを繰り返す時にEVモードとハイブリッドモードの切り替わりがうっとうしいと感じるなら、「SPORT」ボタンを押せば解決する。EVモードがキャンセルされてペダル操作に対するレスポンスも向上するので、ストレスはない。

しかし、それでは本末転倒かもしれない。ヴェゼルのウリの一つは燃費なのだ。JC08モードで最高27.0km/リッターというのは、SUVとしてはかなり優秀な数字である。ハイブリッドシステムとDCTの協業が生み出す高効率が理由なのだろうが、ほかにも燃費に貢献する機構が取り入れられている。「リアクティブフォースペダル」は、やんちゃなドライバーが無駄にアクセルを踏み込もうとすると反力を強め、“ゆっくり運転しなよ”とばかりにたしなめるのだ。

ペダルの理想的な踏み込み量は、マルチインフォメーションディスプレイでもグラフィカルに描き出される。さすがにそれを見ながら踏力を調整するのはしんどいが、無視するわけにはいかない。定期的に合成音声が“現在の燃費はうんぬん”と呼びかけてくるので、雑なドライビングをしているとおのれの粗暴な運転ぶりにいや応なく気づかされる。これを“エコの押し売り”と感じるか、ドライバーが機械まかせにせず主体的に関わることのできる人間本位のシステムと見るかは、考え方によるだろう。

センターコンソールはハイデッキタイプで、運転席のパーソナル感が高い。備えられたドリンクホルダーの深さが2段階に変えられるようになっているところは、日本車ならではの細やかな気遣いだ。工夫はまだある。前後に2本入る仕様なのだが、どちらが運転席用なのか判然としない。このタイプのドリンクホルダーで長年未解決だったこの問題に、ヴェゼルは明快な解答を与えていた。運転席側から見ると、深さを変えるレバーが見えるのは前側だけになっているのだ。これからは、ドライバーは迷うことなくドリンクを前のホルダーに入れることができる。

「ヴェゼル」のハイブリッド車の燃費は21.6~37.0km/リッター。純ガソリン車でも19.0~20.6km/リッターという燃費を実現している(いずれもJC08モード)。
「ヴェゼル」のハイブリッド車の燃費は21.6~37.0km/リッター。純ガソリン車でも19.0~20.6km/リッターという燃費を実現している(いずれもJC08モード)。 拡大
オートエアコンの操作はタッチパネル式。テスト車には、スマートフォンのような感覚で操作できるというメーカー純正のナビゲーションシステムが装備されていた。
オートエアコンの操作はタッチパネル式。テスト車には、スマートフォンのような感覚で操作できるというメーカー純正のナビゲーションシステムが装備されていた。 拡大
センターコンソールにピアノブラックの加飾パネルがあしらわれるのはハイブリッド車のみ。またハイブリッド車は写真のシフトセレクターを採用するのに対し、純ガソリン車はシンプルなI字型のシフトゲートとシフトノブの組み合わせとなる。
センターコンソールにピアノブラックの加飾パネルがあしらわれるのはハイブリッド車のみ。またハイブリッド車は写真のシフトセレクターを採用するのに対し、純ガソリン車はシンプルなI字型のシフトゲートとシフトノブの組み合わせとなる。 拡大
「ハイブリッドX・Lパッケージ」は、ラゲッジルームに簡単に取り外しできるトノカバーを標準装備。使用しないときは、小さくたたんで助手席のシートバックポケットなどにしまうことができる。(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます)
「ハイブリッドX・Lパッケージ」は、ラゲッジルームに簡単に取り外しできるトノカバーを標準装備。使用しないときは、小さくたたんで助手席のシートバックポケットなどにしまうことができる。(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます) 拡大
 
ホンダ・ヴェゼル ハイブリッドX・Lパッケージ(4WD/7AT)【試乗記】の画像 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

雪上でも安心だが、無理は禁物

そして、雪道である。長野県の蓼科まで走ると、路肩の雪が増えて徐々に道が狭くなってきた。次第に水混じりの雪が路面を覆い始め、標高が上がっていくとついに凍結路面が現れた。もちろん慎重を期したのだが、普通に走っている限り危険を感じることはない。路面は完全な氷のところもあれば、緩んで水たまりになっている部分もある。頻繁に状況が変わっていっても、挙動は乱れない。安全な場所でフルブレーキングを試してみると、ブレーキペダルには荒っぽい振動が伝わってくるものの、しっかり制動力を発揮した。

南アルプス市では、別なタイプの雪道があった。圧雪の上に新雪が降り積もり、30cmほどの柔らかい層ができていた。クルマから降りて踏んでみると、膝近くまで埋もれてしまってとても歩きにくい。ヴェゼルにとっても、過酷な状況だろう。ゆっくり雪のあるほうへ入っていくと、何事もないかのように前進した。ハンドルを切れば、ちゃんと曲がる。当たり前のようだが、レバーやスイッチで操作することなく自動的に駆動力を発揮してくれるのはありがたい。

ただ、しばらくすると、エンジン音の高まりと進行速度に隔たりがあることに気がついた。タイヤが空回りするのを防ぐため、忙しく駆動力の調節と配分を行っているようなのだ。長く続ければ、クラッチに負担がかかってしまうに違いない。早々に雪上走行は切り上げ、安心な路面に戻った。

そもそもこの4WDシステムは、オフロードでの走破力の高さをうたっているわけではない。冒険の旅に出たいのなら、本格的なクロカンモデルを選ぶべきなのだ。ヴェゼルの4WDは、旋回加速時に前後駆動力を最適に配分することで、ニュートラルステアを実現することに重きをおいている。このジャンルのクルマは、あくまでシティー派なのだ。ヴェゼルは“現代のスペシャリティー”というキーワードで開発されたというが、1980年代に一世を風靡(ふうび)した一連のクルマとはまったく様相が異なる。かつて人気を博した「ホンダ・プレリュード」「日産シルビア」といったモデルはスポーティーな意匠をまとったクーペで、実用性は優先事項ではなかった。

2010年代によみがえったスペシャリティーは、カッコも広さも実用性もすべて手に入れるという欲張りグルマである。多能性は、細胞だけでなくクルマにとっても重要な要素らしい。さらにエコ性能も求められる。ヴェゼルは今回の試乗でスタッドレスタイヤを装着しているにもかかわらずリッター約15kmという実用燃費を示したから、この点も合格だろう。取りあえずこのクルマを選んでおけば間違いないわけで、スペシャルどころか実に汎用(はんよう)性の高いクルマなのだ。

(文=鈴木真人/写真=森山良雄)

せっかくスタッドレスタイヤを装着しているクルマが借りられたので、雪道で4WDの走破性能をチェック。(写真=鈴木真人)
せっかくスタッドレスタイヤを装着しているクルマが借りられたので、雪道で4WDの走破性能をチェック。(写真=鈴木真人) 拡大
「ヴェゼル」の4WDシステムは、通常はFFで走行し、状況に応じて後輪にも駆動力を配分するタイプ。「CR-V」などに採用されるシステムをベースに、専用の改良を施したものだ。(写真=鈴木真人)
「ヴェゼル」の4WDシステムは、通常はFFで走行し、状況に応じて後輪にも駆動力を配分するタイプ。「CR-V」などに採用されるシステムをベースに、専用の改良を施したものだ。(写真=鈴木真人) 拡大
フルカラーのマルチインフォメーションディスプレイなどを備えたハイブリッド車専用メーター。照明の色は、エコ運転の度合いによって青から緑に変化するほか、「スポーツモード」選択時には赤に切り替わる。
フルカラーのマルチインフォメーションディスプレイなどを備えたハイブリッド車専用メーター。照明の色は、エコ運転の度合いによって青から緑に変化するほか、「スポーツモード」選択時には赤に切り替わる。 拡大
ボディーカラーは全8色。そのうち、「ミスティグリーン・パール」や「ルーセブラック・メタリック」などの3色が、ハイブリッド車の専用色となっている。
ボディーカラーは全8色。そのうち、「ミスティグリーン・パール」や「ルーセブラック・メタリック」などの3色が、ハイブリッド車の専用色となっている。 拡大
 
ホンダ・ヴェゼル ハイブリッドX・Lパッケージ(4WD/7AT)【試乗記】の画像 拡大

テスト車のデータ

ホンダ・ヴェゼル ハイブリッドX・Lパッケージ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4295×1770×1605mm
ホイールベース:2610mm
車重:1380kg
駆動方式:4WD
エンジン:1.5リッター直4 DOHC 16バルブ
トランスミッション:7段AT
最高出力:132ps(97kW)/6600rpm
最大トルク:15.9kgm(156Nm)/4600rpm
モーター最高出力:29.5ps(22kW)/1313-2000rpm
モーター最大トルク:16.3kgm(160Nm)/0-1313rpm
タイヤ:(前)215/55R17 94Q/(後)215/55R17 94Q(ダンロップ・ウインターマックス)
燃費:21.6km/リッター
価格:275万6571円/テスト車=302万1171円
オプション装備:ボディーカラー<モルフォブルー・パール>(3万7800円)/Hondaインターナビ+リンクアップフリー・ETC(22万6800円)
※8%の消費税を含む。

テスト車の走行距離:4401km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3)/高速道路(7)/山岳路(0)
テスト距離:1074.8km
使用燃料:73.6リッター
参考燃費:14.6km/リッター(満タン法)/15.0km/リッター(車載燃費計計測値)
 

ホンダ・ヴェゼル ハイブリッドX・Lパッケージ
ホンダ・ヴェゼル ハイブリッドX・Lパッケージ 拡大

関連キーワード:
ヴェゼルホンダ試乗記

あなたにおすすめの記事