第225回:日本人よ、いつまでこだわる? “メイドイン本国”の輸入車

2011.12.23 エッセイ

第225回:日本人よ、いつまでこだわる? “メイドイン本国”の輸入車

イタリア製に戻った「パンダ」

2011年9月のフランクフルトショーでデビューした新型「フィアット・パンダ」の受注が2011年12月21日からイタリアで開始された。
3代目にあたる今回のパンダは、ポーランド工場で作られていた先代モデルと違い、ふたたびイタリア国内の工場で作られる。具体的に言うと南部ナポリ郊外のポミリアーノ・ダルコ工場だ。

歴史をたどればポミリアーノ・ダルコは、1972年に当時公営だったアルファ・ロメオが南部工業振興のために設立した工場で、アルファ・ロメオの小型車「アルファスッド」を皮切りに、「アルファ33」や日産との提携車「アルナ」などを生産してきた。
「アルファ147」の生産終了後、フィアットは工場の閉鎖を考えていたが、イタリア政界・労働界からの反対は根強く、存続の可能性を模索せざるを得なくなった。
ところが存続のための新しい労働協約を提示すると、一部労働組合が激しく反発。交渉は難航を極め、やはり工場閉鎖か? というところまで事態は悪化した。最終的には協約に賛成する労働組合と交渉がまとまり、晴れて新型パンダの生産工場として生き残ることになった、というのが経緯である。

フィアットのマルキオンネCEOは、持ち前のしたたかさを見せた。パンダ生産をイタリアに戻す一方で、ポミリアーノ・ダルコ同様過去に国策として建てられながら生産性の低さゆえお荷物だったシチリア工場に決着をつけた。中国・奇瑞汽車製モデルをベースにしたクルマを組み立て生産しているイタリア企業「drモーター・カンパニー」に売却してしまったのだ。そして従来シチリアで造っていた「ランチア・イプシロン」が新型に切り替わるのを機にポーランド工場へと移してしまった。

新型「フィアット・パンダ」。2011年フランクフルトショー会場で。
新型「フィアット・パンダ」。2011年フランクフルトショー会場で。
新型「パンダ」のインテリア。
新型「パンダ」のインテリア。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。