トヨタ・ノアSi 7人乗り(FF/CVT)

待ち望んだ“大本命”の帰還 2014.04.03 試乗記 およそ6年半ぶりにフルモデルチェンジを遂げた「トヨタ・ヴォクシー/ノア」。長らく後塵(こうじん)を拝していたライバルに反撃なるか。その進化を探った。

それでも従来モデルは大健闘

日本ほどこのサイズ、つまりトール系のMクラスミニバンが必要とされ、さらに似合う国はないだろう。その中で常に市場をけん引してきた「トヨタ・ヴォクシー/ノア」のフルモデルチェンジはまさに“待望”といえるもの。いや、むしろそのタイミングは遅かったくらいである。

モデルライフは初代のR60型が5年7カ月、先代のR70型も6年半と、経営側から見れば“孝行息子”といえる車種である。もちろんこの激戦区をライバルたちが放っておくわけがない。その急先鋒(せんぽう)が「日産セレナ」、そして「ホンダ・ステップワゴン」であり、特にセレナに至っては2011年から2013年までこのクラスで3年連続販売ナンバーワンを達成している。

ではR70型がダメだったかというと決してそうではない。特に販売面では、モデル末期となった2013年でもヴォクシーが4万1918台/年で16位、ノアが3万2306台/年で22位(いずれも自販連のデータ)とベスト30をキープしている点は見事といっていいだろう。もちろん、そこに甘んじているトヨタではない。当然、新型はユーザーからの声を真摯(しんし)にくみ取り、理想の一台となるよう開発が進められた。その答が本格的ハイブリッドモデルの投入であり、ガソリン車の燃費向上、そして新開発の低床フラットフロアによる圧倒的な使いやすさの実現なのである。

3代目となる新型「トヨタ・ノア」。2013年の東京モーターショーでプロトタイプが参考出展され、その後、2014年1月に発表、同年2月に発売された。
3代目となる新型「トヨタ・ノア」。2013年の東京モーターショーでプロトタイプが参考出展され、その後、2014年1月に発表、同年2月に発売された。
内装色は、上級グレードの「G」「ハイブリッドG」はアイボリー、そのほかのグレードはダークブルーとブラックのツートンカラーとなる。
内装色は、上級グレードの「G」「ハイブリッドG」はアイボリー、そのほかのグレードはダークブルーとブラックのツートンカラーとなる。
このクルマの「ノア」という車名は、前身となった乗用ワゴン「タウンエース ノア/ライトエース ノア」のサブネームを受け継いだものだ。
このクルマの「ノア」という車名は、前身となった乗用ワゴン「タウンエース ノア/ライトエース ノア」のサブネームを受け継いだものだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ノアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリード/フリード+(後編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダから新型「フリード」と「フリード+」が登場。従来モデルから機能性や利便性が大幅に向上しており、特にフリード+は荷室の大幅な低床化を実現。フラットに格納できる2列目シートや脱着式フロアボードによる、多彩なアレンジも魅力となっている。
  • ホンダ・フリード/フリード+(前編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダの小型ミニバン「フリード」が新型にフルモデルチェンジ。車名を「フリード+(プラス)」に改めた2列シートモデルとともにデビューを果たした。初代以上に、幅広いユーザーにとっての“ちょうどいい”を目指したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
ホームへ戻る