日産、電気自動車「リーフ」を値下げ

2014.03.28 自動車ニュース
「日産リーフ」
「日産リーフ」

日産、電気自動車「リーフ」を値下げ

日産自動車は2014年3月28日、電気自動車「リーフ」の国内販売価格を改定し、販売を開始した。

 

今回の価格改定では、全グレード一律で車体価格(税抜き)を25万7000円値下げ。最大で53万円という国の購入補助金(クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金)を利用すれば、およそ226万円からの費用で購入できるようになった(「S」グレード、レスオプションで「運転席・助手席SRSサイドエアバッグシステムレス+SRSカーテンエアバッグシステムレス」を選択した場合。消費税は8%で計算、諸経費は除く)。

グレードごとの価格は以下の通り。
・S:287万2800円
・X:329万2920円
・G:367万9560円
※8%の消費税を含む。

なお、オーテックジャパンのコンプリートカー「エアロスタイル」や、福祉車両の「ライフケアビークル」についても、同様の価格改定を実施している。

(webCG)
 

関連キーワード:
リーフ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.12.6 試乗記 最大航続距離400kmをうたう新型「日産リーフ」に試乗。運転支援技術「プロパイロット」の搭載など、トピックに事欠かないニューモデルだが、やっぱり気になるのは“本当の”航続可能距離。540kmにおよんだテストドライブの結果を報告する。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.11.28 試乗記 2010年の登場以来、電気自動車(EV)普及の立役者として販売されてきた「日産リーフ」。7年ぶりのフルモデルチェンジで登場した新型は、従来型よりも未来感覚あふれる走りと、意外なほどの快適性や静粛性を味わわせてくれた。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
  • スズキ・スペーシア ハイブリッドX/スペーシア カスタム ハイブリッドXSターボ【試乗記】 2018.1.29 試乗記 目指したのは「家族や仲間と楽しく使える軽ハイトワゴン」。2代目となる「スズキ・スペーシア」に試乗した。同じカテゴリーに“日本で一番売れているクルマ”という明確なライバルがいる状況で、スズキが投入した新型の出来栄えは?
ホームへ戻る