GMが「シボレー・キャプティバNAVI+」を発売

2014.03.28 自動車ニュース
「シボレー・キャプティバ」
「シボレー・キャプティバ」

GMが「シボレー・キャプティバNAVI+」を発売

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2014年3月28日、「シボレー・キャプティバ」に特別仕様車「NAVI+」を設定し、同年4月1日に発売すると発表した。

キャプティバは、シボレーがラインナップする3列7人乗りのミドルサイズSUVである。今回の特別仕様車は「キャプティバ」「キャプティバ ラグジュアリー」の両グレードをベースに、カーナビゲーションシステムやバックアイカメラ、クロムドアミラーカバーなどを装備したものとなっている。

価格は「キャプティバNAVI+」が379万円、「キャプティバ ラグジュアリーNAVI+」が415万円(8%の消費税を含む)。

(webCG)
 

関連キーワード:
キャプティバシボレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・トラバースLS(FF/6AT)【試乗記】 2009.6.15 試乗記 シボレー・トラバースLS(FF/6AT)
    ……498.0万円

    全長5.2m超、ホイールベース3m超! 圧倒されそうな巨体に乗り込んでみると、意外やその乗り味は……。
  • 「BMW i3」がマイナーチェンジで新デザインに 2018.1.15 自動車ニュース BMWジャパンは2018年1月15日、電気自動車「BMW i3」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日販売を開始した。今回は主にエクステリアデザインの変更を行った。
  • プジョーからお値段199万円の「208」が再登場 2018.1.5 自動車ニュース プジョーが、2017年に240台限定で販売した「208ファーストセレクション」の再販を開始。「208スタイル」(6AT)をベースにバックソナー、レザーステアリング、スーパーティンテッドガラスを簡素化したもので、199万円という戦略的な価格を実現している。
  • 第2回:スタイリッシュ しかも便利
    普段使いに見る「XT5クロスオーバー」の実力
    2018.1.4 キャデラックXT5クロスオーバー解体新書<PR> 全4回の連載を通し、キャデラックのニューモデルの特徴を余すところなくリポートする「キャデラックXT5クロスオーバー解体新書」。第2回は、街中でのドライバビリティーや操作系の使い勝手、車内空間のユーティリティーなどをお届けする。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
ホームへ戻る