フォルクスワーゲンe-ゴルフ(FF)/e-up!(FF)/ゴルフGTE(FF/6AT)

未来は“普通”にやってくる 2014.04.02 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の電気自動車(EV)仕様「e-ゴルフ」が、いよいよ2014年末に日本に上陸する。その実力を、ひと足先にベルリンで試した。

“電動化”に向けて本格始動

これまでは慎重に見えたフォルクスワーゲンのe-モビリティー、要するに電気駆動による自動車への参入が、いよいよ本格化してきた。3月中旬、ドイツの首都ベルリンで開催された「e-モビリティー・ウイークス」では、主力となる「e-ゴルフ」をはじめ「e-up!」、さらにはジュネーブモーターショーでデビューしたばかりのプラグインハイブリッド車「ゴルフGTE」をアピール。さらに、e-モビリティーにより世界がどう変わるのかのプレゼンテーションを行った。

彼らが掲げるスローガンは「electrified!」。直訳すれば「電化せよ!」とでもなるだろうか。この挑発的なキーワードの下、フォルクスワーゲンが目指すe-モビリティーの姿は一体どんなものなのか。同会場で行われたプレス向け試乗会にて試したe-ゴルフの印象から、探ってみたいと思う。

ヨーロッパでは今夏の発売が予定されているe-ゴルフは、最高出力85kW(115ps)、最大トルク270Nm(27.5kgm)の電気モーターを心臓に頂くピュアEV版のゴルフである。このモーターをはじめとするコンポーネンツはすべて内製。容量24.2kWhのやはり内製リチウムイオンバッテリーは前後シートの下、あるいはセンタートンネルに沿うようにレイアウトされた専用フレーム内に収められており、室内スペースをまったく犠牲にはしていない。

とはいえ重量はかさんで、このバッテリーだけでも318kgに達することから車重は1585kgまで増えている。それでも0-100km/h加速は10.4秒だから、動力性能はほぼ「1.2TSI」と同等。最高速は140km/hをマークする。航続距離は130kmから最長190kmとなる。

ドイツ・ベルリンのテンペルホフ国際空港跡地で開催された電気自動車(EV)イベント「e-モビリティー・ウィークス」では、「e-ゴルフ」などのジャーナリスト向け国際試乗会のほか、EV関連の展示やエレクトリックミュージックの“クラブナイト”なども行われた。
「e-ゴルフ」はフォルクスワーゲンのモジュラープラットフォーム「MQB」をベースに開発されている。開発当初からEV仕様の設定を前提としており、ゴルフ本来のスペースユーティリティーが保たれているとうたわれる。
ボンネット下に収まるEEM85型モーターは85kW(115ps)と270Nm(27.5kgm)を発生。デフおよび1段ギアボックスとともに、ひとつのコンパクトなモジュールを形成している。
ヨーロッパ地区の場合、電気残量ほぼゼロの状態からフル充電までに必要な時間は家庭用電源(230V)では最長13時間。ウォールボックスと呼ばれるオプションの充電補助装置を使えば8時間まで短縮される。また、欧米の自動車メーカーが推進するコンバインド充電システム(CCS)対応の充電ステーションでは、約30分間で80%充電まで回復できるという。なお、日本仕様はCHAdeMO対応となる予定。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

e-up!の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲンcross up!(FF/5AT)【試乗記】 2015.9.11 試乗記 この楽しげなルックスは理性ではなく感性でこそ選ぶべき! 「フォルクスワーゲンup!」をベースに、足もとをSUV風に仕立てたゴキゲンなニューモデル、「cross up!(クロスアップ!)」に試乗した。
  • ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ(RR/6AT)【試乗記】 2016.9.14 試乗記 パリジャン&パリジェンヌはシンプルで合理的なクルマがお好き? ルノーのAセグメントコンパクト「トゥインゴ」が3代目にフルモデルチェンジ。RRの駆動方式がかなえる走りと、このクルマならではの魅力をリポートする。
  • ルノー・トゥインゴ インテンス/スマート・フォーフォー ターボ(後編)【試乗記】 2016.10.11 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」と「スマート・フォーフォー」、国籍もメーカーも違うコンパクトカーだが、この新型から基本構造を共有する“兄弟車”になったのはご承知のとおり。後編はトゥインゴとフォーフォーを乗り比べ、それぞれの特徴を明らかにする。
  • フォルクスワーゲンup!/up! beats 2016.2.24 画像・写真 独フォルクスワーゲンはジュネーブショー2016で、コンパクトカー「up!」のマイナーチェンジモデル や、米BeatsAudio(ビーツオーディオ)の300Wサウンドシステムを搭載した「up! beats」を発表する。その画像を紹介する。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2014.7.23 試乗記 誕生から3年、日本導入から2年を迎えようとしているフォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」。改良を受けたというトランスミッションの出来栄えを含め、その実力をあらためて確認した。
ホームへ戻る