アウディA3セダン 1.4TFSIシリンダーオンデマンド(FF/7AT)

今の日本で貴重な存在 2014.04.07 試乗記 アウディが各種各サイズをそろえる4ドアセダンのラインナップに、最もコンパクトな「A3セダン」が登場。その商品としての見どころは、どこにあるのか? 気筒休止機能を持つ1.4リッターモデルで確かめた。

待ち望まれたセダン

アウディ ジャパンが掲げる「A3セダン」の年間販売目標は、5000台だそうである。A3全体での目標は1万台だから、日本でのA3は5ドアの「スポーツバック」とセダンで半々……という想定ということだ。そしてスポーツバックとセダンを合わせたA3シリーズは、日本国内におけるアウディ販売のおよそ3分の1を占める予定。つまり、A3セダンは日本市場でバリバリの主力車種になると期待されている。

A3に初めてセダンが追加されたのは、想像するに、中国を筆頭とする新興アジア市場と北米市場への対応が主たる理由だろう。アジアの多くや北米では、このクラスの売れ筋はやはりセダンだからだ。ためしにアウディUSAの公式ウェブサイトをのぞいてみたら、A3はすでに基本的にセダンだけとなっていた(今後の北米市場では、A3スポーツバックはプラグインハイブリッドのe-tronだけになるっぽい)。

日本で「5ドアハッチバックは逆立ちしても売れない」といわれていたのも今は昔。現在の日本では、とくにCセグメント以下の小型車は完全にハッチバック優勢で、「小さめで扱いやすいセダンを……」なんて考えると、逆に選択肢が少なくて困ってしまうほどである。
しかし、市場が縮小して撤退組が増えると、逆に勝機が生まれたりするのもビジネスの常。今尾直樹さんによる「A3セダン 1.8 TFSIクワトロ」の試乗記事にもあるように、A3のセダン……というか、「A4」よりコンパクトなセダンは日本にとっても待望の存在だったという。

だいたい、現行A4は全長が4.7m超、全幅も1.8m超……と、当世Dセグメントでも最大級のサイズだから「新型に買い替えたくても、ウチの駐車場に入らない」という声が少なからず届いていたであろうことは、容易に想像がつく。A3セダンが狙うべきスキ間は、じつは日本でもけっこう幅広く存在するのだ。

日本では2014年1月に発売された「A3セダン」。5ドアハッチバックの兄弟車「A3スポーツバック」に対して、トランクルームがある分、全長は140mm長くなる。
日本では2014年1月に発売された「A3セダン」。5ドアハッチバックの兄弟車「A3スポーツバック」に対して、トランクルームがある分、全長は140mm長くなる。
テスト車のシート表皮は、高級レザーとされる「ミラノ」。アイスシルバーの車体色に限って選べるオプションである。
テスト車のシート表皮は、高級レザーとされる「ミラノ」。アイスシルバーの車体色に限って選べるオプションである。

トランスミッションは7段AT「Sトロニック」限定。なお、より排気量の大きな1.8リッターモデルでは、6段ATとなる。


	トランスミッションは7段AT「Sトロニック」限定。なお、より排気量の大きな1.8リッターモデルでは、6段ATとなる。
 
アウディA3セダン 1.4 TFSIシリンダーオンデマンド(FF/7AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A3セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • アウディS4/S4アバント 2016.10.25 画像・写真 アウディ ジャパンは2016年10月25日、フルモデルチェンジした「アウディS4/S4アバント」を発表した。従来モデルから100kg以上も軽量化された一方で、3リッターV6直噴ガソリンターボエンジンの出力は21ps強化されている。その姿を画像で紹介する。
  • アウディ、新型「S4/S4アバント」を日本導入 2016.10.25 自動車ニュース アウディが新型「S4/S4アバント」の日本導入を発表した。S4はDセグメントモデル「A4」の高性能バージョンであり、今回の新型では最高出力354ps、最大トルク51.0kgmの3リッターV6ターボエンジンが搭載されている。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る