プジョーが25年ぶりにダカールラリーに参戦

2014.03.31 自動車ニュース
「プジョー2008 DKR」
「プジョー2008 DKR」

プジョーが25年ぶりにダカールラリーに参戦

仏プジョーは2014年3月26日、2015年にダカールラリーに復帰すると発表した。

カルロス・サインツ(奥)とシリル・デプレ(手前)。
カルロス・サインツ(奥)とシリル・デプレ(手前)。

■新開発の「2008 DKR」で参戦

ダカールラリーとは、約1万kmの距離を2週間かけて走破するラリーレイドである。プジョーはこの競技において、1987年から1990年にかけて4連覇を達成しており、今回、25年ぶりに復帰することとなる。

ドライバーには2010年のダカールラリーを制したカルロス・サインツと、二輪部門で5度の優勝を数えるシリル・デプレを起用。マシンには新開発の「2008 DKR」を投入する予定で、2013年のパイクスピークヒルクライムを制した「208 T16パイクスピーク」のスタッフが開発にあたるという。

なお、2008 DKRの詳細については、2014年4月20日に開幕する北京モーターショーで発表する予定だ。

(webCG)
 

関連キーワード:
2008プジョーモータースポーツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 プジョー2008の魅力と実力<PR> 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
ホームへ戻る