プジョーが25年ぶりにダカールラリーに参戦

2014.03.31 自動車ニュース
「プジョー2008 DKR」
「プジョー2008 DKR」

プジョーが25年ぶりにダカールラリーに参戦

仏プジョーは2014年3月26日、2015年にダカールラリーに復帰すると発表した。

カルロス・サインツ(奥)とシリル・デプレ(手前)。
カルロス・サインツ(奥)とシリル・デプレ(手前)。

■新開発の「2008 DKR」で参戦

ダカールラリーとは、約1万kmの距離を2週間かけて走破するラリーレイドである。プジョーはこの競技において、1987年から1990年にかけて4連覇を達成しており、今回、25年ぶりに復帰することとなる。

ドライバーには2010年のダカールラリーを制したカルロス・サインツと、二輪部門で5度の優勝を数えるシリル・デプレを起用。マシンには新開発の「2008 DKR」を投入する予定で、2013年のパイクスピークヒルクライムを制した「208 T16パイクスピーク」のスタッフが開発にあたるという。

なお、2008 DKRの詳細については、2014年4月20日に開幕する北京モーターショーで発表する予定だ。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

2008の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • ジュネーブショー2016の会場から(その20) 2016.3.8 画像・写真 プジョーは第86回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2016年3月1日~3月13日)で、マイナーチェンジを施した新しい「2008」や、ワンボックスカーの「トラベラー」を発表した。同社のブースの様子を画像で紹介する。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • プジョー3008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.4.12 試乗記 2014年にマイナーチェンジされたプジョーのクロスオーバーモデル「3008」が、新たにエンジンとトランスミッションをアップデート。それで走りはどう変わったのか? 乗り心地や使い勝手も含めた、最新型の印象を報告する。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
ホームへ戻る