アウディ、新型WECマシンを一般公道でお披露目

2014.03.31 自動車ニュース
ルマン市内の公道を走る「アウディR18 e-tornクワトロ」。
ルマン市内の公道を走る「アウディR18 e-tornクワトロ」。

アウディ、新型WECマシンを一般公道でお披露目

独アウディは2014年3月25日、2014年シーズンの世界耐久選手権(WEC)に投入するレーシングカー「R18 e-tronクワトロ」の、一般公道でのデモンストレーションランを実施。新たに採用されたカラーリングと、同車に搭載するパワートレインの概要を発表した。

 

今回のデモランでは、アウディのワークスドライバーであるトム・クリステンセンがステアリングホイールを握り、ルマン市内の公道とブガッティサーキットを合わせた約10kmのコースを走行。4月20日のWEC開幕を前に、走る姿を披露した。

新たに発表されたカラーリングはシルバー、ホワイト、ブラック、レッドを織り交ぜたもので、アウディのデザインマネージャーを務めるディルク・ファン・ブラッケルは「メインカラーであるシルバーは、過去のレースでの輝かしい成功と紳士的なイメージを、ホワイトはシルバーとのハーモニーを通じて軽快な雰囲気と複雑なテクノロジーを、ブラックは軽量設計を表現している。レッドはアウディのパフォーマンスカラーで、前後方向に使うことで、ルマンの象徴であるスピードを表している」としている。

また、R18 e-tronクワトロに搭載されるパワーユニットの概要も発表した。それによると、エンジンには従来モデルより排気量が300cc大きな4リッターのV6 TDIを採用。2MJ(メガジュール)、4MJ、6MJ、8MJの4段階に区分けされているハイブリッドシステムのエネルギー放出量(1ラップ当たり)については、システムの複雑化による重量増を避けるため、もっとも放出量の小さな2MJの区分を選択した。なお、トヨタとポルシェは6MJの区分を選択している。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。