ルノー・キャプチャー ゼン(FF/6AT)

昔からのフランス車好きに 2014.04.08 試乗記 単なるお買い得仕様にあらず。「ルノー・キャプチャー」のエントリーグレード「ゼン」の、上級グレードとはひと味違う魅力に触れた。

モノスペースにSUVのテイストをプラス

春は別れと出会いの季節。だからというわけじゃないけれど、「ルノー・キャプチャー」のデビューと入れ替わるように、ヨーロッパでカタログ落ちしたモデルがあるのを知っているだろうか。正解は「モデュス」。正規輸入されていなかったので、日本では知名度の低いクルマだったけど、2代目「ルーテシア」をベースとしたコンパクトなモノスペースだった。
ルノーのモノスペースといえば、ひとクラス上のCセグメントに「セニック」という、ヨーロッパにおけるこのクラスのミニバンのパイオニア的存在がラインナップされている。こちらは一時期、日本にも正規輸入されていたから、覚えている人もいるだろう。そこでBセグメントにも、似たようなパッケージングを持つモデュスを送り込んだのだが、どうやら思うような結果を残せなかったようだ。

間もなくヨーロッパでは、同じBセグメントのクロスオーバー「日産ジューク」が売り上げを伸ばしはじめる。ルノーと日産はアライアンスを組む仲間だから、もともとSUVが得意な日産にこのジャンルは任せてもよさそうだが、クロスオーバーに注目が集まりつつあるとなれば、無視するわけにはいかない。そこでBセグメントのモノスペースを、クロスオーバーテイストで生まれ変わらせようとしたのだろう。 
ルノーとクロスオーバーの結び付きにピンとこない人がいるかもしれない。しかしフランスといえば、ダカールラリーを生んだ地であり、ルノーもこの競技で総合優勝を含む活躍を記している。フランス全体に枠を広げれば、かつてはアフリカに多くの植民地を持っていたし、たぶんパリダカの影響だろう、オフロードバイクで街中を駆け巡るライダーもよく見かける。

そんなエピソードを思い出したのは、試乗したキャプチャーが上級グレードの「インテンス」ではなく、ベースグレードたる「ゼン」だったことが大きい。

2013年のフランクフルトショーで世界初公開された「ルノー・キャプチャー」。日本では同年の東京モーターショーで公開、翌年2月に発売された。
2013年のフランクフルトショーで世界初公開された「ルノー・キャプチャー」。日本では同年の東京モーターショーで公開、翌年2月に発売された。
インパネまわりのデザインについては「インテンス」と「ゼン」で大きな違いはなし。前者ではクロム仕上げとなっている加飾部分が、後者ではダークシルバーとなっている程度だ。
インパネまわりのデザインについては「インテンス」と「ゼン」で大きな違いはなし。前者ではクロム仕上げとなっている加飾部分が、後者ではダークシルバーとなっている程度だ。
センターコンソールに設けられた、スピードリミッターとクルーズコントロールの兼用スイッチ(左)。スイッチ上面の凹凸は指の感触だけで操作できるようにするための工夫で、機能性とデザイン性を両立している。
センターコンソールに設けられた、スピードリミッターとクルーズコントロールの兼用スイッチ(左)。スイッチ上面の凹凸は指の感触だけで操作できるようにするための工夫で、機能性とデザイン性を両立している。
遠目に見ると「ルーテシア」の車高を上げたような印象だが、よく見ると各部のデザインはかなり異なる。
遠目に見ると「ルーテシア」の車高を上げたような印象だが、よく見ると各部のデザインはかなり異なる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

キャプチャーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る