デリカD:2にアイドリングストップ搭載モデル

2011.12.22 自動車ニュース

「三菱デリカD:2」にアイドリングストップ付きの特別仕様車

三菱自動車は2011年12月22日、コンパクトミニバン「デリカD:2」に、アイドリングストップ「オートストップ&ゴー(AS&G)」を採用した特別仕様車「S AS&Gホワイトリミテッド」を設定し、2012年1月12日に発売すると発表した。

今回の特別仕様車「S AS&Gホワイトリミテッド」は、上級グレード「S」のFF車をベースに、アイドリングストップ機構を採用することで燃費を向上させたモデル。燃費値(10・15モード)は23.0km/リッターで、従来型より2.0km/リッター向上したという。「アクティブスタビリティコントロール(ASC)」や「ヒルスタートアシスト」も併せて搭載される。

ボディーカラーはパールホワイトのみで、インナーをスモーク化したヘッドランプやインナーをブラックメッキ化したフロントグリル、グレーのバックドアガーニッシュ、ガンメタのアルミホイールなど、随所にモノトーンで統一した特別装備が採用される。

インテリアでは、シートにブラック/グレーのチェック柄を採用。ブラックのインパネガーニッシュとドアスイッチパネル、本革巻きのステアリングホイールとシフトノブ、専用のインパネトレーマットとフロアマットを装備している。

価格は、181万5000円。

(webCG)

「デリカD:2 S AS&Gホワイトリミテッド」
「デリカD:2 S AS&Gホワイトリミテッド」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 三菱デリカD:2 S(FF/CVT)【試乗記】 2011.4.5 試乗記 三菱デリカD:2 S(FF/CVT)
    ……165万6000円

    ミニバン「デリカ」シリーズのエントリーモデル「D:2」に試乗。兄弟車「スズキ・ソリオ」と乗り比べ、その違いを探ってみた。
  • スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドSV(FF/5AT)【試乗記】 2017.1.24 試乗記 スズキのトールワゴン型コンパクトカー「ソリオ」に、燃費32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場。独自開発のユニークなハイブリッドシステムが注目を集めているが、その見どころは燃費性能だけではなかった。
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • 「三菱デリカD:2」にハイブリッドモデル登場 2017.1.26 自動車ニュース 三菱のコンパクトハイトワゴン「デリカD:2」にハイブリッドモデルが登場。シングルクラッチ式5段ATに走行用モーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載しており、燃費はJC08モード計測で32.0km/リッターとなっている。
  • トヨタ・ルーミーG“S”(FF/CVT)【試乗記】 2017.1.30 試乗記 「スズキ・ソリオ」の独占状態だったコンパクトハイトワゴン市場に、満を持して投入されたトヨタのコンパクトカー「ルーミー」。実際に試乗してみたら……? 走りの質感や使い勝手、さらに燃費の計測結果を報告する。
ホームへ戻る