第341回:イタリア政府が公用車151台をオークションで売却! その中身とは?

2014.04.04 エッセイ

39歳首相の決断

2014年3月、イタリアのマッテオ・レンツィ首相は、財政再建策の一環として、政府公用車をネットオークションサイト「ebay(イーベイ)」で売却することを発表した。まずは3月26日に内務省で使用されていた25台が出品された。予定では4月16日までに合計151台を出品する。

レンツィ首相は39歳。欧州圏内最年少の首相として2014年2月に就任した。前職のフィレンツェ市長時代に、公用車だった「アルファ159」と「ボルボS60」を同様にイーベイで売却したことがある。いっぽうで、自家用車の初代「スマート」や自転車を通勤や公務に利用して話題となった。また2011年には、ルノー・日産アライアンスとフィレンツェ市内の充電ステーション拡充計画などで調印している。

首相としての初登庁にも、「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」を自ら運転して向かった。その後も首都ローマ市内をタクシーで移動したり、都市間移動に特急「フレッチャロッサ」(イタリア語で「赤い矢」の意味)を利用したりする姿が報じられている。

オークションサイト「ebay」に公開されたイタリア政府公用車の競売ページ。支払い方法は銀行または郵便振り込み。返品は14日以内というのが条件だ。
オークションサイト「ebay」に公開されたイタリア政府公用車の競売ページ。支払い方法は銀行または郵便振り込み。返品は14日以内というのが条件だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。