次期「レガシィアウトバック」まもなく登場【ニューヨークショー2014】

2014.04.03 自動車ニュース
次期「スバル・アウトバック」のティーザー画像。
次期「スバル・アウトバック」のティーザー画像。

【ニューヨークショー2014】新型「スバル・レガシィアウトバック」ニューヨークでお披露目

富士重工業は2014年4月3日、同年4月16日に幕を開けるニューヨーク国際自動車ショーにおいて、新型「アウトバック」を世界初公開すると発表した。

こちらは2014年2月に発表された、新型「レガシィ」(セダン)。新世代レガシィのラインナップは、これら2タイプに絞られる見通しだ。
こちらは2014年2月に発表された、新型「レガシィ」(セダン)。新世代レガシィのラインナップは、これら2タイプに絞られる見通しだ。

2014年内の国内デビューがうわさされる新型「レガシィアウトバック」(米国名:アウトバック)が、ニューヨークでお披露目される。

今回公開されたティーザー画像からは、他のスバル車にも見られるヘキサゴングリルや、コの字を描くヘッドランプ、安全装備「アイサイト」といったディテールが確認できる。

なお、次期レガシィシリーズについては、「ツーリングワゴン」が設定されず、このアウトバックと、2014年2月にシカゴオートショーで発表されたセダン(国内では「B4」)の2タイプになることが明らかにされている。

(webCG)

関連キーワード:
レガシィアウトバックスバルニューヨークモーターショー2014自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • 第73回:伊達軍曹、スバリストになる!? 2018.1.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第73回は「伊達軍曹、スバリストになる!?」。筆者が率いるカーマニア集団「MJ戦略参謀本部」、そこに属する個性派メンバー達のこだわりとは? 共にスバリストを自認する守旧派VS改革派(!?)が激突する!
  • フォルクスワーゲン・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.12.20 試乗記 フォルクスワーゲンが最新モデル24台を集めたオールラインナップ試乗会を開催。新たなフラッグシップの「アルテオン」と、「ゴルフ」のホットバージョン2台を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.15 試乗記 イタリア車の長所を伸ばし、短所をうまく補った……。「アルファ・ロメオ・ジュリア」は、ドライブした者にそんな印象をもたらすニューモデルだ。仮想敵(?)と目されるクルマを自家用車とする清水草一が、愛車との比較も交えた試乗リポートをお届けする。
ホームへ戻る