ポルシェ911ターボS(4WD/7AT)

比類なきスポーツカー 2014.04.09 試乗記 伝統の高性能スポーツカー「ポルシェ911ターボ」がフルモデルチェンジ。最新モデルの実力を、560psを発生する“最強バージョン”「ターボS」で確かめた。

911の“最高峰”

ポルシェ911ほど、単一モデル内に多くのバリエーションが用意されるスポーツカーはない。それは、半世紀を超える長い時間にわたって、ひとつのスポーツカーを手掛けてきたことによる、独自のマーケティングがもたらした結果であるのかもしれない。

毎日の通勤を楽にこなすことを第一に考えるユーザーもいれば、サーキットでのラップタイムをコンマ1秒でも削ることに心血を注ぐユーザーもいるだろう。春の訪れとともにオープンエアモータリングを心待ちにするオーナーもいれば、自らのライフスタイルに彩りを添えることを目的にスポーツカーを選ぶ人も、少なからずいるはずだ。

かくして、さまざまな期待と要望に応えるべく時の経過と共にバリエーションを増やして来た911の中にあって、ベースモデルの誕生からちょうど10年後の1973年に初代プロトタイプが発表された「ターボ」には、一貫して「頂点に立つ911」という立場が与えられ続けている。

サーキットに限れば“より速い911”は存在するし、アウトバーンで“より高い最高速をマークする911”も過去には存在した。
しかし、限られた人を対象としたモデルではなく、多くの人が日常に乗れる911としては、「ターボこそが最高の存在」というのが昨今のポルシェ社のスタンスだ。最新の991型に設定されたターボも、もちろんそうした位置づけの、さらなる進化を目指したモデルであると解釈ができる。

そんな991型のターボは、細かくは「ターボ」と「ターボS」という2グレード構成。前述のように、それが911の頂点を目指すというキャラクターを狙ったものであるのは共通だ。ただし、ターボではオプションとして多数用意される“走り”にかかわるアイテムのほとんどを標準装備とし、さらに、エンジンのピストンを強化した上でターボブースト圧を高めるなどして40ps増しの最高出力を手にしたターボSは、そうした理想に対する心意気がより高いモデルと理解をすることができる。

 
ポルシェ911ターボS(4WD/7AT)【試乗記】の画像
インテリアの様子。トランスミッションは、写真のシフトレバーに見られるとおり、7段のPDKに限られる。
インテリアの様子。トランスミッションは、写真のシフトレバーに見られるとおり、7段のPDKに限られる。
「ポルシェ911」の伝統となっているヘッドレスト一体型のスポーツシート。18Wayの電動調節機構を持つ。
「ポルシェ911」の伝統となっているヘッドレスト一体型のスポーツシート。18Wayの電動調節機構を持つ。
「911ターボ/ターボS」では、バンパー左右の冷却用インテークに、エアスクープが追加されている。
「911ターボ/ターボS」では、バンパー左右の冷却用インテークに、エアスクープが追加されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る