「水野和敏的視点」 vol.43 「アウディRS 7スポーツバック」

2014.04.04 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.43 「アウディRS 7スポーツバック」

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏が本音でクルマを語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。今回は「アウディA7」シリーズのトップエンドに君臨する「RS 7スポーツバック」に試乗する。560psを誇るスーパーハッチはミスターGT-Rの目にどう映るのだろうか?


「水野和敏的視点」 vol.43 「アウディRS 7スポーツバック」の画像
写真は試乗車ではなく同型車のもの。(写真=アウディ)
写真は試乗車ではなく同型車のもの。(写真=アウディ)
写真は試乗車ではなく同型車のもの。(写真=アウディ)
写真は試乗車ではなく同型車のもの。(写真=アウディ)
アウディRS 7スポーツバック
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5010×1910×1425mm/ホイールベース:2915mm/車重:2070kg/駆動方式:4WD/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:8AT/最高出力:560ps/5700-6700rpm/最大トルク:71.3kgm/1750-5500rpm/タイヤ:(前)275/30ZR21 (後)275/30ZR21/価格:1615万円(消費税8%込み)
アウディRS 7スポーツバック
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5010×1910×1425mm/ホイールベース:2915mm/車重:2070kg/駆動方式:4WD/エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ/トランスミッション:8AT/最高出力:560ps/5700-6700rpm/最大トルク:71.3kgm/1750-5500rpm/タイヤ:(前)275/30ZR21 (後)275/30ZR21/価格:1615万円(消費税8%込み)

■すべてがスーパースポーツ級

前回の「BMW 523d Mスポーツ」に続いて、「アウディRS 7スポーツバック」に乗ってみましょう。ちょっとおさらいしますと、「アウディA7スポーツバック」は、「A6」をベースとした5ドアハッチ。そのスポーティー版が「S7」で、さらにチューンしたモデルが「RS 7」です。

日本では、A7は3リッターV6スーパーチャージド(310ps、44.9kgm)、S7は4リッターV8ツインターボ(420ps、56.1kgm)、そしてRS 7は同じく4リッターV8ツインターボながら、最高出力560ps、最大トルク71.3kgmまでチューンしたエンジンを載せます。アウトプットに合わせて(!?)、価格も、914万円、1259万円、1615万円と上昇していきます。

RS 7は、BMWでいうところのM社にあたるアウディの子会社・クワトロ社が開発したスーパーハッチ。試乗車には、バング&オルフセンのオーディオシステムやアダプティブクルーズコントロール(セットオプション「プレセンスパッケージ」の一部)、21インチホイールなどが装着されており、価格は1700万円を超えます。RS 7は、スペックのみならず、プライス面でも、スーパースポーツ級なのです!

いざRS 7のドライブを開始すると……、V8ツインターボ、いいですね!! ちょっと荒々しいけれど、回転が上がるに従って、どんどんパワーが盛り上がる。スロットル操作に対する、トルクの付きも申し分ない。個人的に「トルクレスポンス」と呼んでいるのですが、エンジンの反応が素直で早いので、踏んでいて気持ちがいい。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹、アウディ)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

関連キーワード:
RS 7スポーツバックアウディ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.11 試乗記 アウディから、最高出力450ps、最大トルク600Nmの高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が登場。最新のV6ツインターボエンジンとフルタイム4WD機構を組み合わせたハイパフォーマンスモデルの、数値的なパフォーマンスだけにとどまらない魅力をリポートする。
  • 5人で寝られる「メルセデス・ベンツV220dマルコ・ポーロ ホライゾン」登場 2018.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年2月2日、「メルセデス・ベンツVクラス」のモデルラインナップに「V220dマルコ ポーロ ホライゾン」を追加設定し、同日、注文受け付けを開始した。納車は同年7月ごろとなる見込み。
  • 谷口信輝の新車試乗――アウディRS 5クーペ(後編) 2018.2.1 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が「アウディRS 5クーペ」に試乗。アウディのスポーツマインドを体現した“完全無欠のスポーツクーペ”は、一体どんなドライバーにお薦めか? 意外や谷口はこんなことを考えている!
  • アウディS5スポーツバック(4WD/8AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> 「A5」シリーズでも性能は必要にして十分……。頭ではそう理解していても「S5スポーツバック」の魅力にはあらがえない。山道に差し掛かったら、アクセルをいつもより深く踏み込んでみるといい。“S”でなければならない理由が、すぐにわかるはずだ。
ホームへ戻る