プジョー2008シエロ(FF/5AT)

もう「派生モデル」とは言わせない 2014.04.15 試乗記 プジョーのニューモデル「2008」に試乗。走りのよさと高い実用性を兼ね備えたコンパクトクロスオーバーは、プジョーのファミリーカーの主流となり得るか?

おしゃれな人の琴線に触れる

「プジョー208」をベースにしたコンパクトなクロスオーバー、2008の日本でのお披露目は、2013年の東京モーターショーのプレスデイだった。数日後の一般公開日、所用である人と待ち合わせをすることになった時に、プジョーのブースを指定された。
「なぜプジョーのブースですか?」と尋ねると、「多分、人が少ないから」という大変に失礼な答えが返ってきた。

実際、プジョーのブースは控え目に言ってそれほど混雑していなかった。待ち人は渋滞で少し遅れるとのことだったので、デビューしたばかりのプジョー2008を眺めながらボーッと待つ。で、あることに気付いた。
こざっぱりとした服装の若いカップルだとか、パパがマクラーレンのベビーカーを押すおしゃれなファミリーが、プジョー2008の前で次々と立ち止まるのだ。
プジョー2008の前で立ち止まる方の服装には共通点があって、一目でわかるブランド品ではないけれど上質だ。そしてみなさん、インテリアの雰囲気や、荷室にベビーカーが収まるのかをじっくり時間をかけて確かめている。

「プジョー2008」は、Bセグメントハッチバック車の「208」をベースとしたコンパクトクロスオーバーモデルだ。世界初公開は2013年3月のジュネーブショー。日本では同年11月に初公開された。
「プジョー2008」は、Bセグメントハッチバック車の「208」をベースとしたコンパクトクロスオーバーモデルだ。世界初公開は2013年3月のジュネーブショー。日本では同年11月に初公開された。
インパネまわりの構造は基本的に「208」と共通。テスト車には販売店オプションのSDカードメモリーナビゲーションが装備されていた。
インパネまわりの構造は基本的に「208」と共通。テスト車には販売店オプションのSDカードメモリーナビゲーションが装備されていた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

2008の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • ジュネーブショー2016の会場から(その20) 2016.3.8 画像・写真 プジョーは第86回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2016年3月1日~3月13日)で、マイナーチェンジを施した新しい「2008」や、ワンボックスカーの「トラベラー」を発表した。同社のブースの様子を画像で紹介する。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • プジョー3008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.4.12 試乗記 2014年にマイナーチェンジされたプジョーのクロスオーバーモデル「3008」が、新たにエンジンとトランスミッションをアップデート。それで走りはどう変わったのか? 乗り心地や使い勝手も含めた、最新型の印象を報告する。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
ホームへ戻る