プジョー2008シエロ(FF/5AT)

もう「派生モデル」とは言わせない 2014.04.15 試乗記 プジョーのニューモデル「2008」に試乗。走りのよさと高い実用性を兼ね備えたコンパクトクロスオーバーは、プジョーのファミリーカーの主流となり得るか?

おしゃれな人の琴線に触れる

「プジョー208」をベースにしたコンパクトなクロスオーバー、2008の日本でのお披露目は、2013年の東京モーターショーのプレスデイだった。数日後の一般公開日、所用である人と待ち合わせをすることになった時に、プジョーのブースを指定された。
「なぜプジョーのブースですか?」と尋ねると、「多分、人が少ないから」という大変に失礼な答えが返ってきた。

実際、プジョーのブースは控え目に言ってそれほど混雑していなかった。待ち人は渋滞で少し遅れるとのことだったので、デビューしたばかりのプジョー2008を眺めながらボーッと待つ。で、あることに気付いた。
こざっぱりとした服装の若いカップルだとか、パパがマクラーレンのベビーカーを押すおしゃれなファミリーが、プジョー2008の前で次々と立ち止まるのだ。
プジョー2008の前で立ち止まる方の服装には共通点があって、一目でわかるブランド品ではないけれど上質だ。そしてみなさん、インテリアの雰囲気や、荷室にベビーカーが収まるのかをじっくり時間をかけて確かめている。

「プジョー2008」は、Bセグメントハッチバック車の「208」をベースとしたコンパクトクロスオーバーモデルだ。世界初公開は2013年3月のジュネーブショー。日本では同年11月に初公開された。
「プジョー2008」は、Bセグメントハッチバック車の「208」をベースとしたコンパクトクロスオーバーモデルだ。世界初公開は2013年3月のジュネーブショー。日本では同年11月に初公開された。
インパネまわりの構造は基本的に「208」と共通。テスト車には販売店オプションのSDカードメモリーナビゲーションが装備されていた。
インパネまわりの構造は基本的に「208」と共通。テスト車には販売店オプションのSDカードメモリーナビゲーションが装備されていた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

2008の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 プジョー2008の魅力と実力<PR> 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
ホームへ戻る