第234回:年販5000台規模を視野に
ランボルギーニのステファン・ヴィンケルマン社長に聞く

2014.04.08 エッセイ
2014年3月のジュネーブショーで「ウラカン」を披露するランボルギーニのステファン・ヴィンケルマン社長兼CEO。
2014年3月のジュネーブショーで「ウラカン」を披露するランボルギーニのステファン・ヴィンケルマン社長兼CEO。

2013年に全世界で2121台を販売し、3年連続で業績を伸ばしたランボルギーニ。新型スポーツカーの「ウラカン」の発表に続き、SUVの「ウルス」の市販化も決めている同社が目指す先はどこなのか。ランボルギーニの今、そして将来について、ステファン・ヴィンケルマン社長兼CEOに聞いた。

「ウラカン」とヴィンケルマン社長。
「ウラカン」とヴィンケルマン社長。
ランボルギーニは2013年に従業員100人を新規に雇用。全従業員は1029人になった(2014年1月時点)。
ランボルギーニは2013年に従業員100人を新規に雇用。全従業員は1029人になった(2014年1月時点)。
「重要なのは、時代によって変化する顧客のニーズを常につかむこと」とヴィンケルマン社長。
「重要なのは、時代によって変化する顧客のニーズを常につかむこと」とヴィンケルマン社長。

研究開発費の売上高比率は20%

昨年、設立50周年を盛大に祝ったアウトモビリ・ランボルギーニ社。そのかいあってか、2013年の売上総額は前年比約8%アップの5億800万ユーロ(約723億円)となり、世界販売台数も2083台から2121台へと増加。中でもフラッグシップの「アヴェンタドールLP700-4」は、なんと、1001台をデリバリーした。12気筒ミドシップの歴代旗艦モデルに比べて販売単価が上昇しているため、史上最高の売り上げ規模となったアヴェンタドールは、名実ともに今や、ランボルギーニ社の大黒柱となっている。

そして、昨年末、50周年イヤーの最後を飾って、10年にわたりブランドを支えてきた「ガヤルド」の後継車の名前とスタイルを発表した。「ウラカン」だ。ジュネーブショーでの正式披露を前に、日本を含む主要マーケットでVIPクライアントを招いたスニークプレビューを開催。1000台以上の予約注文を獲得している。

節目を終え、次の半世紀、そして100周年に向けて絶好のスタートを切ったといえるランボルギーニ社。社長兼CEOのステファン・ヴィンケルマン氏にジュネーブで話を聞いた。

「ウラカンはランボルギーニにとって、新たなるステップといえます。われわれはこの10年で大きく成長しました。最も分かりやすい例が、販売台数です。われわれがクルマを造り始めてから1万台を世に送り出すまで40年かかりましたが、この11年間でその2倍にあたる2万台以上を生産しました。今後も、ブランドの価値とのバランスを図りながら、ある程度、生産台数を伸ばしていくつもりです。そのために、この規模のスーパーカーブランドとしては異例に積極的な研究開発や生産施設への投資も継続していく予定です。現在は、売上総額のおよそ2割を研究開発に充てていますし、雇用も昨年だけで100人増やしました」

「われわれが最も大切にしていることは、時代によって変化する顧客ニーズを常につかんでおくということです。ウラカンを見れば分かっていただけると思いますが、ユーザーの嗜好(しこう)を的確に捉えながら、常に革新的なスーパーカーブランドであり続ける。それがランボルギーニらしいクルマ造りの基本であり、世界最高のラグジュアリー・スーパースポーツカー・ブランドとしての、他にはない大切な役目だと思っています」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アヴェンタドールの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールLP750-4 スーパーヴェローチェ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.1.29 試乗記 パワーアップと軽量化によって、一段とどう猛に仕立てられた「ランボルギーニ・アヴェンタドールLP750-4 スーパーヴェローチェ」に試乗。2.03kg/psというパワー・ウェイトレシオを豪語する“荒ぶる神”を、いざ公道に解き放つ。
  • ランボルギーニ・ウラカンLP580-2(MR/7AT)【試乗記】 2016.7.28 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン」の後輪駆動モデル「ウラカンLP580-2」に試乗。運転する楽しさの本質が追求されたこのモデルは、素晴らしく運転しやすくなった現代のランボルギーニの中でも“生粋のスーパーカー”といえる存在だ。
  • アストンマーティンDB11(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.8.6 試乗記 2016年3月のジュネーブショーで世界初公開された、アストンマーティンの新しい基幹モデル「DB11」。完全新設計のアルミプラットフォームに独自開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンを搭載した、新世代のグランドツアラーの出来栄えを確かめた。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4(4WD/7AT)【短評】 2014.4.22 試乗記 トップカテゴリーのレーサーすらしのぐパワーや、路面に貼り付くようなハンドリングだけが、「アヴェンタドール」をして“スーパー”たらしめているわけではない。その低く、幅広く、異様なまでの存在感に満ちた外形が、人々の心に畏れを抱かせるのだ。東京から一路、西へ。伊豆のワインディングロードで試乗した。
  • ランボルギーニ・ウラカンLP580-2(MR/7AT)【試乗記】 2016.6.30 試乗記 ランボルギーニというと、とかくアバンギャルドなイメージを抱きがち。しかし、そこに込められた作り手の思いは意外や“古風”だ。車両の挙動を楽しませてくれる後輪駆動の「ウラカンLP580-2」は、クラシコの粋がわかるドライバーに薦めたい。
ホームへ戻る