第3戦バーレーンGP決勝結果【F1 2014 速報】

2014.04.07 自動車ニュース

【F1 2014 速報】第3戦バーレーンGP、ハミルトン連勝、メルセデス2戦連続1-2

F1世界選手権第3戦バーレーンGP決勝が、2014年4月6日、バーレーン・インターナショナル・サーキット(5.412km)を57周して行われた。

今年からスタート時間を遅らせナイトレースとして生まれ変わった同GPは、セーフティーカーの登場もあり、メルセデス2台のマッチレースとなった。優勝はルイス・ハミルトンで、前戦マレーシアGPから連勝、自身通算24勝目を飾った。
2位にポールシッターのニコ・ロズベルグが入り、メルセデスは、圧倒的なペースで2戦連続の1-2フィニッシュおよび3連勝を決めた。

3位はフォースインディア・メルセデスのセルジオ・ペレス。強力なメルセデス・パワーユニットを武器に自身通算4回目、チームにとっては2度目の表彰台を勝ち取った。

予選3番手のタイムながら、前戦のピット作業のペナルティーで10グリッド降格となったレッドブル・ルノーのダニエル・リカルドが、4位に入り今季初得点。フォースインディアのニコ・ヒュルケンベルグはレース終盤にリカルドに抜かれ5位に終わった。

レッドブルのもう1台、セバスチャン・ベッテルは、10番グリッドからスタートして6位。序盤にポディウム圏内を走ったウィリアムズ・メルセデスはゴールが近づくにつれて後退し、フェリッペ・マッサ7位、その僚友バルテリ・ボッタスは8位と、前戦と同じポジションでチェッカードフラッグを受けた。
フェラーリ勢がトップ10の最後にひっそりと名を連ね、フェルナンド・アロンソ9位、キミ・ライコネンは10位でのフィニッシュとなった。

以下、11位ダニール・クビアト(トロロッソ・ルノー)、12位ロメ・グロジャン(ロータス・ルノー)、13位マックス・チルトン(マルシャ・フェラーリ)、14位パストール・マルドナド(ロータス)、15位小林可夢偉(ケータハム・ルノー)、16位ジュール・ビアンキ(マルシャ)、17位ジェンソン・バトン(マクラーレン・メルセデス)が完走した。

チャンピオンシップでは優勝1回、2位2回のロズベルグが61点で首位をキープ。2連勝のハミルトンは50点でチームメイトを追う。開幕戦6位の後に2戦連続5位入賞のヒュルケンベルグが28点でランキング3位、アロンソは26点の4位、バトン23点で5位、ベッテルも同点で並ぶ。
一方のコンストラクターズランキングでは、メルセデスが111点で堂々のトップ。フォースインディアが44点で2位、その1点差でマクラーレン3位、レッドブルは35点で4位、フェラーリは33点で5位につける。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。