シボレー・コルベット クーペZ51(FR/6AT)

飛躍するアメリカン 2014.04.10 試乗記 アメリカを代表するスポーツカー「シボレー・コルベット」の7代目が日本上陸。進化を遂げた運動性能だけにとどまらない、アメ車ならではの魅力に触れた。

その心意気にシビれる

アメリカン・ドメスティックからルマンの常連マシンへ。この十数年でシボレー・コルベットにまつわるイメージは劇的に変わった。今や世界に冠たるFRスポーツといっても過言ではないだろう、それゆえに7代目=「C7」の開発でもパフォーマンスが優先されたことは想像に難くない。

例えばその断片はエクステリアにも見て取れる。鋼板プレスではこうはいかないだろうと言わんがばかりにメリハリを強調したフォルムの端々。ボンネットやリアフェンダー、テールエンドに据えられたダクトはサーマルマネジメントにおいて大きな効果をあげる一方で、ラウンドガラスのハッチバックや丸4灯のテールランプといった象徴的な意匠の変更を迫ることとなった。運動性能の代償とはいえもったいない……と思うのは、いにしえからのコルベットファンだけだろうか。が、一方でOHVのV8エンジンをフルフレーム構造のシャシーに積み、横置きリーフスプリングを用いたサスで支えるという基本エンジニアリングはC7でも踏襲された。あくまでコルベットの、アメリカのやり方で最速を求める。いにしえからのファンこそ、その心意気にスカッとさせられるはずだ。

C7には従来通りクーペとコンバーチブルという2つのボディーバリエーションがあり、おのおのは標準仕様と「Z51」という2グレードで構成される。うち、今回は輸入開始直前ということもあって試乗車はクーペのみ。配車の関係でわれわれにはZ51の6段ATがあてがわれることになった。

2013年1月のデトロイトショーで発表され、日本では同年12月にお披露目された新型「シボレー・コルベット」。7代目となる新型は、初代が「C1」、2代目が「C2」と呼ばれている通例に倣い、「C7」の愛称で呼ばれている。


    2013年1月のデトロイトショーで発表され、日本では同年12月にお披露目された新型「シボレー・コルベット」。7代目となる新型は、初代が「C1」、2代目が「C2」と呼ばれている通例に倣い、「C7」の愛称で呼ばれている。
運転席を包むようにデザインされたインストゥルメントパネルが特徴的なインテリア。内装色は「アドレナリンレッド」「ジェットブラック」「カラハリ」「ブラウンストーン」の4色が用意されている。
運転席を包むようにデザインされたインストゥルメントパネルが特徴的なインテリア。内装色は「アドレナリンレッド」「ジェットブラック」「カラハリ」「ブラウンストーン」の4色が用意されている。
ボディーはエッジの立ったプレスラインが特徴。なお、コルベットは初代の頃から、ボディーの素材にFRPが採用されている。
ボディーはエッジの立ったプレスラインが特徴。なお、コルベットは初代の頃から、ボディーの素材にFRPが採用されている。
フロントフェンダーのそばには「STINGRAY(スティングレイ)」のバッジが。スティングレイは「C2」「C3」の頃に使われていた「コルベット」のサブネームであり、本国では実に36年ぶりに、この名前が復活することとなった。
フロントフェンダーのそばには「STINGRAY(スティングレイ)」のバッジが。スティングレイは「C2」「C3」の頃に使われていた「コルベット」のサブネームであり、本国では実に36年ぶりに、この名前が復活することとなった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コルベットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る