第236回:「ガヤルド」を超えるか?
「ランボルギーニ・ウラカン」を学ぶ“テックデイ”に参加

2014.04.12 エディターから一言
ランボルギーニ・スタイルセンターのボス、フィリッポ・ペリーニ氏と「ウラカン」。
ランボルギーニ・スタイルセンターのボス、フィリッポ・ペリーニ氏と「ウラカン」。

ランボルギーニ史上、最大の成功作となった「ガヤルド」の後継車なら、“守りのモデルチェンジ”という選択肢もあっただろう。しかし、彼らは新作「ウラカン」を世に送り出すにあたり、進化の手をゆるめはしなかった。ランボルギーニの本拠地、サンターガタ・ボロネーゼでウラカンの構造を学ぶ「テックデイ」が開催された。その“攻め”の内容には、ただただ感服するしかなかった。
 

デイタイム・ライニングライトを光らせて、鋭い表情で会場入りする「ウラカン」。
デイタイム・ライニングライトを光らせて、鋭い表情で会場入りする「ウラカン」。
会場にはストリップダウンされた、ランニングシャシー状態の「ウラカン」(手前の銀の車両)も用意された。
会場にはストリップダウンされた、ランニングシャシー状態の「ウラカン」(手前の銀の車両)も用意された。
研究開発部門を率いるマウリツィオ・レッジャーニ氏。
研究開発部門を率いるマウリツィオ・レッジャーニ氏。
5.2リッターV10自然吸気ユニットは610ps(449kW)/8250rpmと57.1kgm(560Nm)/6500rpmを発生。直噴とポート噴射を併用する機構(イニエツィオーネ・ディレッタ・ストラティフィカータ<IDS>と呼ばれる)が備わる。欧州複合モード燃費は12.5リッター/100km(8km/リッターに相当)。
5.2リッターV10自然吸気ユニットは610ps(449kW)/8250rpmと57.1kgm(560Nm)/6500rpmを発生。直噴とポート噴射を併用する機構(イニエツィオーネ・ディレッタ・ストラティフィカータ<IDS>と呼ばれる)が備わる。欧州複合モード燃費は12.5リッター/100km(8km/リッターに相当)。

直噴とポート噴射を使い分けるV10エンジン

ジュネーブショー開幕直前。筆者はサンターガタ・ボロネーゼのランボルギーニ本社を訪れていた。2013年末、ランボルギーニ社創立50周年という節目の年の締めくくりとして発表された新型スーパーカー「ウラカンLP610-4」の全容を明らかにするテックデイが開催されたのだ。

いつものように、チェントロスティーレ(デザインセンター)でカンファレンスが始まる。今回はなんと、アウディの研究開発部門のトップであるウルリヒ・ハッケンベルク氏の熱い語りでスタートした。そして、社長兼CEOのステファン・ヴィンケルマン氏が登壇したのち(インタビュー記事はこちら)、具体的なプレゼンテーションがスタート。

まずは、ウラカンのエンジニアリングトピックについて、ランボルギーニの研究開発部門のディレクター、マウリツィオ・レッジャーニ氏が解説する。

「競合車よりも高性能であること。つまりこのクラスにおけるベンチマークになることを目標にしました。そのために、重量を増やさずボディー剛性を50%以上引き上げて、次元の違う性能を実現しようとしたのです。カーボンファイバーとアルミニウムのハイブリッドボディー構造こそ最良の解決策でした」

スーパーカーの肝心であるエンジンは、5.2リッターのドライサンプV10である。とはいえ、「ガヤルド」や「アウディR8」用とは(現時点では)違って、デュアルインジェクション・システムを備えた最新バージョンである。

このシステムは、負荷状態に応じて燃料の噴射方式を変えるというもの。発進や加速といった高負荷時には燃料を直接シリンダー内に噴射(=直噴)して12.7:1という比較的高めの圧縮比とする一方で、一定速走行などの低負荷時にはポート噴射を使って燃料消費を抑え、排ガスをクリーンにする仕掛けだ。中間の負荷走行域では、両方の噴射システムを効率よく使用する。これにより、自然吸気(NA)V10エンジンをユーロ6排ガス規制に対応させた。

ちなみに、首脳陣は大排気量NAエンジンを「欠くべからざるランボルギーニの魅力だ」と語ったが、ハッケンベルク氏は将来のダウンサイジングを否定しなかった。

関連記事
  • 第410回:ランボルギーニ開発のキーマン
    “最速の猛牛”「ウラカン ペルフォルマンテ」を語る
    2017.5.11 エディターから一言 ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットのノルドシュライフェ(北コース)で、量産車の最速ラップタイムを保持している「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。“最速の猛牛”の強さの秘密はどこにあるのか? ランボルギーニの研究・開発部門担当取締役であるマウリツィオ・レッジャーニ氏に聞いた。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「M3」と「M4」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日発売した。また今回の一部改良に合わせて、走行性能を高めた仕様「M3コンペティション」と「M4コンペティション」を追加設定した。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
ホームへ戻る