アウディA8 3.0 TFSIクワトロ(4WD/8AT)/A8 L 4.0 TFSIクワトロ(4WD/8AT)

引き算の美学 2014.04.14 試乗記 The Art of Progress(革新の美学)をコンセプトに掲げる「アウディA8」が、マイナーチェンジを受けて日本に上陸。知的でクールなフラッグシップセダンの走りを、エンジンもボディーも異なる2種のモデルで確かめた。

最もアウディらしいモデル

「アウディはデカいほどいい」と思っている。いや、「A1」や「A3」もそれぞれ出来がいいから、「デカいほどいい」はちょっと違う。「アウディはデカいほど“らしさ”が出る」と言ったほうが正確か。
メルセデス・ベンツの「Aクラス」とアウディA3が10メートル離れているとしたら、「Sクラス」とA8は50メートルぐらいは離れている。だから最もアウディらしいモデルは何かと問われれば、A8だと答える。

2010年に登場した現行A8がマイナーチェンジを受けた。1994年に登場した初代A8は8年間のモデルライフで累計10万台、2002年デビューの2代目は累計15万台と、A8は最上級セグメントで確実に存在感を増している。
3代目(アウディV8から数えると4代目か)となる現行モデルは、2代目をはるかに上回る勢いで売れているという。

マイナーチェンジのポイントは、まずエクステリアデザインの変更だ。とはいっても、マイチェン前のモデルと2台並べて「間違いさがし」をしないとわからないくらい控え目なお化粧直しだ。

シングルフレームグリルによーく目を凝らすと、逆台形の上底の角が隈(くま)取られているのがわかるだろう。だからシングルフレームグリルは台形ではなく、六角形になった。ほかにボンネットに控え目に彫られたラインなどで、全体的に立体感が増している。
また、マトリクスLEDヘッドライトに合わせて、ヘッドライトはよりスクエアな造形となった。この斬新な仕組みのライトは日中の試乗では試すことができなかったため、その仕組みをキャプションに記した。
全体にちょっと控え目な、端正なフォルムだという印象はマイチェン前と変わらない。

で、エクステリアにしろインテリアにしろ、このアンダーステートメントなデザイン表現がアウディらしい。
高級モデルになればなるほど、メッキを光らせてエアロも付けて、とリッチに盛るのが、最近のプレミアムモデルの流れだ。だから高いクルマの顔はどんどんキヨハラっぽくなっていて、コワい。一方のアウディA8はそういった足し算的なデザインではない。基本的な造形美と素材の良さをベースに余分なものを削(そ)ぎ落とす、引き算で美しさを表現しようとしている。
だからA8のデザインは、他の最高級セグメントのモデルと明らかに異なる。知的でクールに見える。
そして洗練されているという印象は、走りだしても変わらない。

日本国内では2014年3月に発売された、最新型の「アウディA8」。このうち、自然吸気の6.3リッターW12エンジンを搭載する「A8 L W12クワトロ」と、4リッターV8直噴+ツインターボを520psにまでチューンした「S8」だけは、同年5月からの扱いとなる。
日本国内では2014年3月に発売された、最新型の「アウディA8」。このうち、自然吸気の6.3リッターW12エンジンを搭載する「A8 L W12クワトロ」と、4リッターV8直噴+ツインターボを520psにまでチューンした「S8」だけは、同年5月からの扱いとなる。
マイナーチェンジを機に、グリルやボンネット、ヘッドランプなどが変更された。
マイナーチェンジを機に、グリルやボンネット、ヘッドランプなどが変更された。
「マトリクスLEDヘッドライト」は、周囲を最適に照らす斬新なヘッドランプ。ロービーム用のLEDと、25個のLEDで構成するハイビームユニットを組み合わせている。ハイビーム時にフロントウィンドウに備わるカメラが前方の状況を検知することで、対向車や先行車の迷惑にならないように正確に路面を照らす。瞬時に光を点灯、調節できるLEDの特性を生かしたテクノロジーで、センサーやナビゲーションシステムとも連動する。
「マトリクスLEDヘッドライト」は、周囲を最適に照らす斬新なヘッドランプ。ロービーム用のLEDと、25個のLEDで構成するハイビームユニットを組み合わせている。ハイビーム時にフロントウィンドウに備わるカメラが前方の状況を検知することで、対向車や先行車の迷惑にならないように正確に路面を照らす。瞬時に光を点灯、調節できるLEDの特性を生かしたテクノロジーで、センサーやナビゲーションシステムとも連動する。
インテリアの造形は、マイナーチェンジ前のものが継承される。写真は「3.0 TFSIクワトロ」のもので、革張りのダッシュボードやドアトリムなどはオプション装備。
インテリアの造形は、マイナーチェンジ前のものが継承される。写真は「3.0 TFSIクワトロ」のもので、革張りのダッシュボードやドアトリムなどはオプション装備。
中央に大きなマルチインフォメーションディスプレイが配される、2眼式の計器盤。速度計は最高300km/hを刻む。
中央に大きなマルチインフォメーションディスプレイが配される、2眼式の計器盤。速度計は最高300km/hを刻む。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A8の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディA8 3.0 TFSIクワトロ(4WD/8AT)/A8 L 4.0 TFSIクワトロ(4WD/8AT)【試乗記】 2014.4.14 試乗記 The Art of Progress(革新の美学)をコンセプトに掲げる「アウディA8」が、マイナーチェンジを受けて日本に上陸。知的でクールなフラッグシップセダンの走りを、エンジンもボディーも異なる2種のモデルで確かめた。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
ホームへ戻る