レクサス、新型コンセプトカー「LF-LC」を出展【デトロイトショー2012】

2011.12.22 自動車ニュース

【デトロイトショー2012】レクサス、スポーツクーペコンセプト「LF-LC」を出展

トヨタ自動車は2011年12月22日、北米国際オートショー(通称デトロイトショー:会期1/9〜1/22)に出展するコンセプトカーの続報を発表した。

■「LS」のクーペ版?

2012年1月のデトロイトショーで発表されるレクサスの新型コンセプトカーの事前情報第2弾が公開された。

「LF-LC」の名を冠する同モデルは、スポーツクーペのコンセプトカーで、スポーツカーデザインの定石である"ロングノーズ ショートデッキ"を採用。前席の居住性を重視した2+2レイアウトを採り、4名乗車を可能とする。

「日本のレクサス本部からの要請を受けて、白紙からデザインした」(米国のプレスリリースより)と説明されるそのスタイリングは、米カリフォルニア州ニューポートビーチを拠点とするトヨタのデザインスタジオ「Calty(キャルティ)」によるもの。これまでにいくつかのトヨタ車、レクサス車のデザインを手掛け、最近では「CT200h」のコンセプトカー「LF-Ch」を手掛けたことでも知られる。

ボディーサイズなどの詳細は未発表だが、「LC」を名乗ることから、車格は「LS」と同等とみられる。リアタイヤの前方にある「HYBRID」のバッジが示すように、パワートレインはレクサス・ハイブリッド・ドライブを採用している。同コンセプトカーの公開は、2012年1月9日午後1時25分(米国東部時間。日本時間は10日午前3時25分)が予定されている。

(webCG 曽宮)

「レクサスLF-LC」のサイドビュー。この角度からは、「LFA」のスタイリングを受け継いでいるように見える。
「レクサスLF-LC」のサイドビュー。この角度からは、「LFA」のスタイリングを受け継いでいるように見える。

レクサス、新型コンセプトカー「LF-LC」を出展【デトロイトショー2012】の画像

レクサス、新型コンセプトカー「LF-LC」を出展【デトロイトショー2012】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。