GMが「シボレー・コルベット」に8ATを搭載

2014.04.09 自動車ニュース
新開発の8段AT「8L90」。
新開発の8段AT「8L90」。
    拡大

GMが「シボレー・コルベット」に8ATを搭載

米ゼネラルモーターズ(GM)は2014年4月7日、「シボレー・コルベット」に新開発の8段ATを搭載すると発表した。

新型「シボレー・コルベットZ06」
新型「シボレー・コルベットZ06」
    拡大

「8L90」と呼ばれるこの8段ATはGMが独自に開発したもので、従来の6段ATより最大で5%燃費効率を改善。アルミニウムやマグネシウムを積極的に採用したことで、4kgの軽量化も実現している。

また、4つのギアセットと5つのクラッチを用いた効率的な設計により、従来の6段ATと同じスペースに搭載することが可能。コントローラーは毎秒160回のスピードで制御を繰り返し、大きくアクセルを開いた時のアップシフトに要する時間は800分の1秒と、デュアルクラッチ式ATの「ポルシェ911」より優れているという。

このトランスミッションは、まずは2015年モデルの新型「シボレー・コルベットZ06」への搭載を予定。同車のエンジンはスーパーチャージャー付きの6.2リッターV8だが、クラッチやトルクコンバーターの仕様を変えることで、コルベットの標準車が搭載する自然吸気エンジンにも組み合わせることが可能となっている。

なお、生産はアメリカ・オハイオ州トレドのトランスミッション工場で行われる。

(webCG)
 

関連キーワード:
コルベットシボレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • シボレー・カマロSS(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.9 試乗記 アメリカ伝統のスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が6代目にフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームを得て、走りはどう変わったのか? パワフルな6.2リッターV8エンジンを搭載した「SS」で、その実力を確かめた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――シボレー・コルベットZ06クーペ(前編) 2016.12.15 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「シボレー・コルベットZ06クーペ」に試乗する。強烈な存在感を放つイエローのアメリカンクーペを前にして、谷口は何を思う?
  • アウディが「A6アバント」の新型を発表 2018.4.12 自動車ニュース 独アウディは2018年4月11日(現地時間)、新型「アウディA6アバント」の概要を発表した。パワーユニットにはマイルドハイブリッドが採用されており、室内スペースは従来モデルよりも広くなっている。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.4.16 試乗記 スタイルも中身も一新! 攻めのデザインをまとって登場した、新型「アストンマーティン・ヴァンテージ」。アストンきってのリアルスポーツは、どれほどの走りを見せるのか? ポルトガル・アルガルベサーキットで、その実力を解き放った。
ホームへ戻る