GMが「シボレー・コルベット」に8ATを搭載

2014.04.09 自動車ニュース
新開発の8段AT「8L90」。
新開発の8段AT「8L90」。

GMが「シボレー・コルベット」に8ATを搭載

米ゼネラルモーターズ(GM)は2014年4月7日、「シボレー・コルベット」に新開発の8段ATを搭載すると発表した。

新型「シボレー・コルベットZ06」
新型「シボレー・コルベットZ06」

「8L90」と呼ばれるこの8段ATはGMが独自に開発したもので、従来の6段ATより最大で5%燃費効率を改善。アルミニウムやマグネシウムを積極的に採用したことで、4kgの軽量化も実現している。

また、4つのギアセットと5つのクラッチを用いた効率的な設計により、従来の6段ATと同じスペースに搭載することが可能。コントローラーは毎秒160回のスピードで制御を繰り返し、大きくアクセルを開いた時のアップシフトに要する時間は800分の1秒と、デュアルクラッチ式ATの「ポルシェ911」より優れているという。

このトランスミッションは、まずは2015年モデルの新型「シボレー・コルベットZ06」への搭載を予定。同車のエンジンはスーパーチャージャー付きの6.2リッターV8だが、クラッチやトルクコンバーターの仕様を変えることで、コルベットの標準車が搭載する自然吸気エンジンにも組み合わせることが可能となっている。

なお、生産はアメリカ・オハイオ州トレドのトランスミッション工場で行われる。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コルベットの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • シボレー・コルベット クーペZ51(FR/8AT)【試乗記】 2015.4.24 試乗記 「シボレー・コルベット」のトランスミッションが8段ATに進化。多段化の恩恵と、アメリカが誇るスーパースポーツカーの走りを確かめた。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • シボレー・コルベットZ06 Z07パッケージ装着車(FR/7MT)【試乗記】 2015.10.7 試乗記 アメリカが誇る高性能スポーツカー「シボレー・コルベット」に、最高出力659psの過給機つき6.2リッターV8エンジンを搭載したハイパフォーマンモデル「Z06」が登場。迫力のルックスと豪快な加速性能だけにとどまらない、“史上最強のコルベット”の魅力に触れた。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.20 試乗記 クロスオーバーモデルの「スバルXVハイブリッド」をベースに、STIが独自の改良を施したコンプリートカー「XVハイブリッドtS」。ちょいワル&ポップなスタイリングとSTIならではのチューニングが織り成す魅力をリポートする。
ホームへ戻る