ダイハツ・コペン 開発者インタビュー

“生き残るため”のスポーツカー 2014.04.14 試乗記 ダイハツ工業
技術本部 製品企画部
チーフエンジニア
藤下 修(ふじした おさむ)さん

スポーツカーの楽しさとオープンカーの気持ちよさを、軽自動車規格で実現した「ダイハツ・コペン」が間もなく復活。開発責任者にコダワリのポイントを聞いた。

イメージリーダーじゃない

ダイハツを支えるのは、売れ筋の「ムーヴ」や「タント」、そして低燃費戦線の最先端にいる「ミラ イース」だ。でも、コペンもそれに劣らず重要なモデルだといえる。2002年から2012年まで生産された先代モデルは、ダイハツのイメージリーダーだった。しかし、新型のチーフエンジニアである藤下 修さんはその言葉を使わない。イメージではなく、もっとのっぴきならない役割を担っているのだという。

単にコペンのモデルチェンジということではなく、ダイハツ工業が生き残っていくために必要な技術を、どうやって量産化していくのか。エンジンであったり樹脂パネルであったり、軽量化だったりというさまざまな技術に挑戦していかなければならないということを、コペンという少量生産のモデルを土台にして議論してきました。

いきなり、大きなテーマである。この“生き残るため”という言葉を、藤下さんは何度も口にした。軽自動車の販売が好調で順風満帆に見えるけれど、現場では驚くほどの危機感を持っているのだ。

――初代はスポーツカー受難の時代に登場したにもかかわらず、売れ行きは好調でしたよね。

「初代コペンは成功したのか?」と問いなおす必要があります。言ってみれば、10年かかってたった5万8000台売っただけなんですよ。もちろんご愛顧いただいたのはありがたいことなんですが、生き残るためにはその先を見なければならないんです。

またしても、“生き残るため”が飛び出した。

2代目となる新型「ダイハツ・コペン」のプロトタイプ。
2代目となる新型「ダイハツ・コペン」のプロトタイプ。
10年の長きにわたって生産された、初代「コペン」。電動リトラクタブルハードトップの採用や、4気筒エンジン、「コペン工房」と呼ばれた生産ラインなど、いろいろな意味で軽乗用車としては異例の一台だった。
10年の長きにわたって生産された、初代「コペン」。電動リトラクタブルハードトップの採用や、4気筒エンジン、「コペン工房」と呼ばれた生産ラインなど、いろいろな意味で軽乗用車としては異例の一台だった。

<プロフィール>

1984年にダイハツ工業に入社し、主に実験部にて運動性能全般の開発を担当。2011年に製品企画部へ異動し、その前年から構想がスタートしていた新型「コペン」の開発責任者に就任した。


	<プロフィール>

	1984年にダイハツ工業に入社し、主に実験部にて運動性能全般の開発を担当。2011年に製品企画部へ異動し、その前年から構想がスタートしていた新型「コペン」の開発責任者に就任した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コペン ローブの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 第18回 ゼイタクは敵(その2) 2016.11.22 エッセイ 清水草一の話題の連載。第18回は「ゼイタクは敵(その2)」。筆者が“世界初の超小型スーパーカー”と賞賛する、愛車「ホンダS660」との思い出を語る。「フェラーリ458イタリア」との夢のスーパーカー2台生活の実態とは?
  • ダイハツ・コペン セロ(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.2 試乗記 「ダイハツ・コペン」に、初代モデルを思わせる丸いヘッドランプが特徴的な第3のデザイン「CERO(セロ)」が登場。ダイハツが誇る軽オープンスポーツカーの魅力に浸りつつ、いよいよ実現した“自動車の着せ替え”がかなえる可能性を想像する。
  • ダイハツ・コペン ローブS(FF/CVT)【試乗記】 2015.4.6 試乗記 ダイハツの2シーターオープンカー「コペン ローブ」に、レカロシートやビルシュタインダンパーを装着したスポーティーグレード「コペン ローブS」が追加された。その走りは? 乗り心地は? 市街地からワインディングロードまで、さまざまなシーンで確かめた。
  • ダイハツ・コペン ローブ(FF/CVT)/コペン ローブ(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.21 試乗記 着せ替え可能なボディーパネルや、高剛性が自慢の骨格構造「D-Frame」など、話題にあふれた新型「コペン」。その走りを箱根のワインディングロードで試した。
  • 「スズキ・イグニス」にSUVらしさを強調した特別仕様車 2016.11.16 自動車ニュース 「スズキ・イグニス」に特別仕様車「Fリミテッド」が登場。「ハイブリッドMZ」をベースによりSUVテイストを強調する内外装を採用したもので、汚れを拭き取りやすいレザー調表皮のシートや、防汚タイプのラゲッジフロアなども装備している。
ホームへ戻る