【スペック】全長×全幅×全高=4785×1880×1415mm/ホイールベース=2720mm/車重=1680kg※/駆動方式=FR/5リッターV8DOHC32バルブ(418ps/6500rpm、53.9kgm/4250rpm)/価格=530万円(テスト車=同じ) ※ベースモデルの数値

フォード・マスタングV8 GT パフォーマンス パッケージ(FR/6MT)【試乗記】

オーバルもこなす駿馬 2011.12.22 試乗記 フォード・マスタングV8 GT パフォーマンス パッケージ(FR/6MT)
……530万円

5リッターのV8ユニットを「スティック」(MT)で手なづける特別な「マスタング」が限定で登場。アメリカンレーシングの大舞台、ツインリンクもてぎのオーバルコースで418psを解き放つ。

わずか30台の「やる気」仕様

2011年10月、ラスベガスでレース中の多重クラッシュに巻き込まれ、その場で命を落としたIRL(インディ・レーシング・リーグ)のスタードライバー、ダン・ウェルドンは、インディ通算出走回数97回で15勝を挙げた。このうち自身の初優勝を含む2勝が日本の「ツインリンクもてぎ」でのもの。

先日、フォード・ジャパンがもてぎのスーパースピードウェイ(オーバルコース)で「マスタング」スペシャルモデルの試乗会を開いてくれたおかげで、図らずもダンが得意としたコースで追悼走行をすることができた。このページを借りて、あらためて合掌。

さて、今回マスタングに設定されたスペシャルモデルは「V8 GT パフォーマンス パッケージ」。マスタング全体の一部改良を機に、6段マニュアルトランスミッションとブレンボ製ブレーキを採用した日本限定30台の特別仕様車で、2012年1月のデリバリーを前に現在予約を受付中だ。

5リッターV8DOHCエンジンを積む「V8 GTクーペ」をベースに、MT化をはじめ、サイズアップしたピレリP ZERO(255/40ZR19)と専用デザインのアルミホイール、専用の4ピストンディスクブレーキ(フロントのみ)を採用することで、ラインナップ中最もスポーティーな仕様となった。

ツインリンクもてぎのオーバルコースが試乗の舞台。Rが小さな3〜4ターンの旋回速度は160km/h前後。
ツインリンクもてぎのオーバルコースが試乗の舞台。Rが小さな3〜4ターンの旋回速度は160km/h前後。
5リッターV8エンジンはベースモデルと同じ418psと53.9kgmを発生する。
5リッターV8エンジンはベースモデルと同じ418psと53.9kgmを発生する。
カタログモデルは6段ATのみ。「マスタング」で存分に走りたいドライバーにとって、6段MTは魅力的に映るだろう。
カタログモデルは6段ATのみ。「マスタング」で存分に走りたいドライバーにとって、6段MTは魅力的に映るだろう。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マスタングの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
ホームへ戻る