「ミツオカ・ビュート」に春を感じさせる限定車

2014.04.10 自動車ニュース
「ミツオカ・ビュート ハル」
「ミツオカ・ビュート ハル」

「ミツオカ・ビュート」に春を感じさせる限定車

光岡自動車は2014年4月10日、コンパクトセダン「ビュート」に特別仕様車「Haru(ハル)」を設定し、同年4月12日より15台限定で販売すると発表した。

今回のビュート ハルは、ビュートの中間グレード「12DX」をベースに、春を感じさせる専用のボディーカラーなど、特別な内外装に仕上げられたモデルである。

ボディーカラーは「エルブ」(ライトグリーン)、「シエル」(ライトブルー)、「テーレ」(ライトベージュ)の3色で、インテリアにはそれぞれのボディーカラーに合わせてカラーコーディネートされた、小紋柄のファブリックと合皮のコンビシートを装備している。

また、同車専用のホワイトのインストゥルメントパネルには一輪挿しを装備。内外装の各所に同車専用のバッジやエンブレムが添えられている。

販売台数は各色5台ずつの限定。価格はFF車が285万1200円、4WD車が301万3200円(8%の消費税を含む)。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ビュートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)【試乗記】 2012.7.4 試乗記 ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)
    ……336万2200万円

    クラシカルな外観が特徴の「ミツオカ・ビュート」がフルモデルチェンジ。3代目となる最新型の仕上がりは……? 上級グレード「12LX」で試した。
  • イタリアがモチーフの特別な「スマート・フォーツーカブリオ」登場 2017.2.7 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年2月7日、「スマート・フォーツーカブリオ」の特別仕様車「スマート・カブリオ マキアート」「スマート・カブリオ エスプレッソ」を発表。同年3月31日までの期間限定で注文受け付けを開始した。
  • スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドSV(FF/5AT)【試乗記】 2017.1.24 試乗記 スズキのトールワゴン型コンパクトカー「ソリオ」に、燃費32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場。独自開発のユニークなハイブリッドシステムが注目を集めているが、その見どころは燃費性能だけではなかった。
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
ホームへ戻る