「ミツオカ・ビュート」に春を感じさせる限定車

2014.04.10 自動車ニュース
「ミツオカ・ビュート ハル」
「ミツオカ・ビュート ハル」

「ミツオカ・ビュート」に春を感じさせる限定車

光岡自動車は2014年4月10日、コンパクトセダン「ビュート」に特別仕様車「Haru(ハル)」を設定し、同年4月12日より15台限定で販売すると発表した。

今回のビュート ハルは、ビュートの中間グレード「12DX」をベースに、春を感じさせる専用のボディーカラーなど、特別な内外装に仕上げられたモデルである。

ボディーカラーは「エルブ」(ライトグリーン)、「シエル」(ライトブルー)、「テーレ」(ライトベージュ)の3色で、インテリアにはそれぞれのボディーカラーに合わせてカラーコーディネートされた、小紋柄のファブリックと合皮のコンビシートを装備している。

また、同車専用のホワイトのインストゥルメントパネルには一輪挿しを装備。内外装の各所に同車専用のバッジやエンブレムが添えられている。

販売台数は各色5台ずつの限定。価格はFF車が285万1200円、4WD車が301万3200円(8%の消費税を含む)。

(webCG)
 

関連キーワード:
ビュートミツオカ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)【試乗記】 2012.7.4 試乗記 ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)
    ……336万2200万円

    クラシカルな外観が特徴の「ミツオカ・ビュート」がフルモデルチェンジ。3代目となる最新型の仕上がりは……? 上級グレード「12LX」で試した。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記 いよいよわれわれの目の前に現れた新型「ホンダ・シビック タイプR」。そのステアリングを、ホンダの鷹栖プルービンググラウンドで握った。“リトル・ニュルブルクリンク”ともいえるワインディングコースで、新型タイプRはいかなる走りを見せたのか?
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
  • スズキSX4 Sクロス(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.26 試乗記
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS Honda SENSING(FF/7AT... 2017.9.27 試乗記