「ミツオカ・ビュート」に春を感じさせる限定車

2014.04.10 自動車ニュース
「ミツオカ・ビュート ハル」
「ミツオカ・ビュート ハル」

「ミツオカ・ビュート」に春を感じさせる限定車

光岡自動車は2014年4月10日、コンパクトセダン「ビュート」に特別仕様車「Haru(ハル)」を設定し、同年4月12日より15台限定で販売すると発表した。

今回のビュート ハルは、ビュートの中間グレード「12DX」をベースに、春を感じさせる専用のボディーカラーなど、特別な内外装に仕上げられたモデルである。

ボディーカラーは「エルブ」(ライトグリーン)、「シエル」(ライトブルー)、「テーレ」(ライトベージュ)の3色で、インテリアにはそれぞれのボディーカラーに合わせてカラーコーディネートされた、小紋柄のファブリックと合皮のコンビシートを装備している。

また、同車専用のホワイトのインストゥルメントパネルには一輪挿しを装備。内外装の各所に同車専用のバッジやエンブレムが添えられている。

販売台数は各色5台ずつの限定。価格はFF車が285万1200円、4WD車が301万3200円(8%の消費税を含む)。

(webCG)
 

関連キーワード:
ビュートミツオカ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ボルボV40」にナビ付きで299万円の特別仕様車が登場 2017.12.28 自動車ニュース 「ボルボV40」に100台限定の特別仕様車「V40 T2ナビエディション」が登場。エントリーグレードの「T2キネティック」をベースに、HDDナビゲーションシステムと純正ドライブレコーダーを標準装備している。価格はベース車から据え置きの299万円。
  • 新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」が日本上陸
    2018.1.19 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年1月19日、新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」を発表し、同日、注文受け付けを開始した。納車は同年3月ごろを予定している。
  • ホンダが軽乗用車「N-BOXスラッシュ」のカラーバリエーションを強化 2018.1.18 自動車ニュース ホンダが軽乗用車「N-BOXスラッシュ」をマイナーチェンジ。全グレードでインテリアカラーパッケージとツートンのボディーカラーを選択可能としたほか、インテリアの仕様やボディーカラーのバリエーションも拡充している。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • プジョーからお値段199万円の「208」が再登場 2018.1.5 自動車ニュース プジョーが、2017年に240台限定で販売した「208ファーストセレクション」の再販を開始。「208スタイル」(6AT)をベースにバックソナー、レザーステアリング、スーパーティンテッドガラスを簡素化したもので、199万円という戦略的な価格を実現している。
ホームへ戻る