第73回:グラナダが壊れたらフィエスタで―フォード車大活躍!
『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』

2014.04.11 エッセイ

エドガー、サイモン、ニックの映画

「世界の終わり? 酔っぱらいが何で世界を救えるんだ?」
タイトルを見て、そんな疑問を持つのは正常な感覚だ。昨今は映画の内容を正確に表していないタイトルが多いから、これもそのたぐいだと思ってしまっても仕方がない。でも、この映画は本当にワールズ・エンドを描いていて、その危機を救うのは酔っぱらいなのだ。荒唐無稽にも程があるが、“彼ら”が映画を作るとこういうものができてしまうのである。

“彼ら”というのは、エドガー・ライト監督と主演のサイモン・ペッグ、ニック・フロストのことだ。これまでに『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』を作ってきた面々である。『宇宙人ポール』もサイモン&ニックの主演だが、この時はエドガー・ライト監督が『スコット・ピルグリム vs. 邪悪な元カレ軍団』の撮影をしていて参加できなかった。どの映画も素晴らしい妄想に満ちたバカ映画で、今回ももちろん期待にたがわぬ暴れっぷりを見せてくれる。

1990年6月22日から物語はスタートする。イギリス郊外の町ニュートン・ヘイヴンで、高校の卒業式が行われた。学校で超人気のスターはゲイリー・キング(サイモン)で、ヤンチャな友人4人を引き連れていつも悪ふざけをしている。卒業を祝し、その日は“ゴールデン・マイル”を企てた。町のパブをハシゴして、ワンパイントずつビールを飲むというゲームである。「トラスティ・サーバント」「トゥーヘッド・ドッグ」「フェイマスコック」などのパブを次々と制覇していくが、3軒を残したところでギブアップしてしまった。

20年後、ゲイリーはあの時の失敗が忘れられないでいる。もう一度、ゴールデン・マイルに挑戦しなければならない。彼はかつての仲間とともに、リベンジマッチをしようと思い立つ。

(C)Focus Features



この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。