レクサスCT200h“Fスポーツ”(FF/CVT)

充実のマイナーチェンジ 2014.04.16 試乗記 「LS」「HS」と、マイナーチェンジで劇的なまでにクルマを進化させてきたレクサス。プレミアムコンパクト「CT」はどこまでの変貌を遂げたのか。その実力をチェックした。

これぞ本物のスピンドルグリル

2011年1月12日にレクサス初、もちろんプレミアムコンパクトクラス初となるハイブリッド専用モデルとして登場した「CT200h」。当時の「IS」や「GS」など、正直お値段が高め(ブランド戦略もあるのでこの部分はしょうがないのだが)のラインナップにおいて、300万円台中盤から購入できる点、ハイブリッドによる低燃費、さらにレクサスならではの上質感などもあって、同ブランドの最量販モデルになったことはご存じのことだろう。

レクサスブランドが立ち上がった時、将来のマイナーチェンジについて聞いてみたところ、とある車種の担当者から「レクサスにはマイナーチェンジなどといった、既存の国産車にある概念はありません。その時々に合わせて適正な改良を行っていくだけです」と軽くたしなめられた記憶がある。確かに旧型ISは毎年(年次)改良を行っており、細かい部分で確実に商品力を向上させていった点に感心させられた。もちろんこのCTにしても、2012年8月にはサスペンションのセッティングを変更(改良前は足を固めすぎの感があった)する小変更がなされている。

……と言いつつ、とあるタイミングから私が使ってたしなめられた(恨んでいるわけではありませんので)「マイナーチェンジ」という言葉を使うようになったレクサス。CTもデビューから丸3年のタイミングで大幅変更を行うことになった。すでに2013年の東京モーターショーなどでその姿はお披露目されており、いろいろな印象を持たれた方がいるだろう。

今日のレクサス車に共通の「スピンドルグリル」はGSから採用されているが、それに近いデザイン自体は、すでにデビュー時のCTから使われていた。「どう見ても、これもスピンドルグリルだろ!」と騒いでいた同業者がいたが、マイナーチェンジ後のフロントマスクを見ると「あれはやっぱりスピンドルグリルではなかったのね」ということがわかる。自戒もこめて「思い込みは危険」ということで反省しましょう。

マイナーチェンジを受けた「レクサスCT200h」が世界初公開されたのは、2013年の広州国際モーターショーでのこと。その後、ほぼ同時に開催された東京モーターショーでもお披露目され、2014年1月に日本で発売された。
マイナーチェンジを受けた「レクサスCT200h」が世界初公開されたのは、2013年の広州国際モーターショーでのこと。その後、ほぼ同時に開催された東京モーターショーでもお披露目され、2014年1月に日本で発売された。
インテリアでは、シートの素材や色、加飾パネルの種類などを大幅に拡大。約80通りもの組み合わせの中から、好みの仕様を選べるようになった。
インテリアでは、シートの素材や色、加飾パネルの種類などを大幅に拡大。約80通りもの組み合わせの中から、好みの仕様を選べるようになった。
今回のマイナーチェンジでは、フロントピラーやリアコンビネーションランプに、「レクサスLS」や「トヨタ・アクア」でおなじみの「エアロスタビライジングフィン」を装備。また、エンジンアンダーカバーなどには整流フィンを追加しており、空力性能の改善をはかっている。
今回のマイナーチェンジでは、フロントピラーやリアコンビネーションランプに、「レクサスLS」や「トヨタ・アクア」でおなじみの「エアロスタビライジングフィン」を装備。また、エンジンアンダーカバーなどには整流フィンを追加しており、空力性能の改善をはかっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CTの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスCT200h“Fスポーツ”(FF/CVT)【試乗記】 2014.4.16 試乗記 「LS」「HS」と、マイナーチェンジで劇的なまでにクルマを進化させてきたレクサス。プレミアムコンパクト「CT」はどこまでの変貌を遂げたのか。その実力をチェックした。
  • レクサスCT200h“Fスポーツ”(FF/CVT)/CT200h“バージョンL”(FF/CVT)【試乗記】 2014.2.25 試乗記 マイナーチェンジを受けた「レクサスCT200h」の見どころは、フロントエンドの「スピンドルグリル」だけではない。ボディー剛性の見直しなど、プレミアムコンパクトカーとしての“体幹”も一段と強化されているという。その仕上がりはいかに?
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • 新型「アウディA5」、3種のボディーで同時デビュー 2017.4.4 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年4月4日、フルモデルチェンジして2代目となった「アウディA5」シリーズと、その高性能モデル「S5」シリーズを発表。同日、受注を開始した。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る