新型SUV「レクサスNX」の姿が明らかに【北京ショー2014】

2014.04.11 自動車ニュース
「レクサスNX300h」
「レクサスNX300h」

【北京ショー2014】新型SUV「レクサスNX」の姿が明らかに

トヨタ自動車は2014年4月11日、北京モーターショーでの公開を予定している「レクサスNX」の追加情報を発表した。

「NX200t“Fスポーツ”」
「NX200t“Fスポーツ”」
「NX200t“Fスポーツ”」
「NX200t“Fスポーツ”」
「NX200t“Fスポーツ”」
「NX200t“Fスポーツ”」
「NX200t“Fスポーツ”」
「NX200t“Fスポーツ”」
「NX300h」
「NX300h」

NXは、2014年4月20日に開幕する第13回北京モーターショーに出展される、レクサス初の“コンパクトクロスオーバーSUV”。
商品コンセプトは「Premium Urban Sports Gear」で、「高性能とクールなデザインが融合した“Sports Gear”として、都市ユースにも合った環境時代のSUVを提案する」という。

シャープなエッジを持つアグレッシブなエクステリアは、片側3灯のフルLEDヘッドランプや、L字型のリアコンビランプ、他のレクサス車にも見られる「スピンドルグリル」、その“スピンドル形状”をテーマにデザインされたリアまわりなどが特徴。
インテリアにおいては、「金属を削り出したような質感の、センタークラスターのフレーム」(プレスリリース)や、直観的操作をねらったタッチパッドを採用した新型の「リモートタッチ」、スマートフォンやデジタルカメラの非接触充電機能、パノラミックビューモニターなどが、見どころとなっている。

今回のショーでは、新開発の2リッターターボエンジンを搭載する「NX200t」と、2.5リッターエンジンをベースとするハイブリッドモデル「NX300h」の2車種が展示される見通しだ。

(webCG)

→「レクサスNX」のさらに詳しい写真はこちら

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

NXの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る