メルセデス・ベンツV250ブルーテック アバンギャルド(FR/7AT)

「E」や「S」に近づいた 2014.04.21 試乗記 レジャーカーや送迎車としても重宝される、乗れて積めるメルセデス・ベンツきってのワークホースこと「Vクラス」がフルモデルチェンジ。その進化のキモとは?

合言葉は「リアル・メルセデス」

ヨーロッパの大きめの空港に降り立つと、必ずと言っていいほど目にするのがこのクルマ、「メルセデス・ベンツVクラス」だ。ホテルへの送迎やパッケージツアーの足など、フリートユースに数多く供されている。
それゆえか、2014年2月に発表された通算3代目となる新型の国際試乗会は、ドイツ第2の都市ハンブルクの国際空港に隣接したホテルと、北海に浮かぶ観光地ジルト島との往復という、約450kmのルートで開催された。

ちなみに日本では、2代目となる現行型は当初「ビアノ」と名乗っていたものの、途中で初代と同じVクラスに戻した。それ以外の国では最近までビアノのままだったが、新型はグローバルでVクラスとなる。日本市場が先鞭(せんべん)を付けた形だ。

ボディーは長さ違いで「コンパクト」「ロング」「エクストラロング」の3タイプ。コンパクトといっても全長4895mm、全幅1928mm、全高1880mm、ホイールベース3200mmに達する。ロングはリアオーバーハングが245mm延長され、エクストラロングではさらにホイールベースが230mmストレッチされる。現行型の日本仕様と比べると、ホイールベースは共通ながら、ボディーサイズは125mm長く、18mm幅広く、20mm低い。
同じく現行の日本仕様では3.5リッターV型6気筒ガソリンとなるエンジンは、現状では2ステージターボチャージャーを備えた2.1リッター直列4気筒ディーゼルのみとなり、チューニング違いで「V200CDI」「V220CDI」「V250ブルーテック」の3車種を用意する。ATは現行型の5段から、セダン系でおなじみの7段にバージョンアップ。「Sクラス」に匹敵する高度なドライバー支援システムを搭載したのも特徴だ。

試乗前のプレゼンテーションでは「リアル・メルセデス」という言葉が何度か聞かれた。いままでのVクラスはメルセデスではなかったのか? そういう短絡的な意味ではなくて、もう少し深い理由があった。

「メルセデス・ベンツVクラス」は商用バンをベースとしたマルチパーパスビークル。「ビアノ」と呼ばれていたモデルも含めると、新型は3代目のモデルとなる。
新型のボディーサイズは「コンパクト」「ロング」「エクストラロング」の3種類。今回は中間サイズのロングに試乗した。
インパネまわりのデザインは、商用車然とした現行モデルから一新。シフトセレクターの位置は、インパネシフトからコラムシフトに変更となった。
エンジンは2.1リッター直4ディーゼルターボのみ。最高出力は「V200CDI」が136ps、「V220CDI」が163ps、「V250ブルーテック」が190psとなっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Vクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る