新型ワゴン「スバル・レヴォーグ」発売日決まる

2014.04.15 自動車ニュース
スバルの新型ワゴン「レヴォーグ」(写真は「1.6GT-S EyeSight」)
スバルの新型ワゴン「レヴォーグ」(写真は「1.6GT-S EyeSight」)

新型ワゴン「スバル・レヴォーグ」2014年6月に発売決定

富士重工業は2014年4月15日、新型ワゴン「スバル・レヴォーグ」を同年6月20日に発売すると発表した。

フロントまわりは、他のスバル車にも見られる“ホークアイ型”ヘッドランプと六角形のグリルが特徴。
フロントまわりは、他のスバル車にも見られる“ホークアイ型”ヘッドランプと六角形のグリルが特徴。
「流麗なルーフライン」とアピールされる、「レヴォーグ」のサイドビュー。
「流麗なルーフライン」とアピールされる、「レヴォーグ」のサイドビュー。
インテリアの様子。写真は2リッターモデル「2.0GT EyeSight」のもの。
インテリアの様子。写真は2リッターモデル「2.0GT EyeSight」のもの。

■日本の道に合うワゴン

2013年11月の「東京モーターショー」で世界初公開された、スバルの新型ワゴン「レヴォーグ」。当初は2014年5月中の発売が見込まれていたが、6月20日に販売がスタートすることとなった。

あらためてレヴォーグの概要を紹介すると―― 商品コンセプトとされるキーワードは〝革新スポーツツアラー”。「スポーツカーの楽しい走りとツーリングカーの快適な走りを融合させつつ、高い環境性能や安全性能、ユーティリティー性を備える」とうたわれる。

開発に際しては、日本の交通環境にマッチする〝大きすぎないボディーサイズ”が、最も重視されている。実際の寸法は、全長×全幅×全高=4690×1780×1465mm(17インチホイール装着車の場合。ルーフアンテナ除く)。「レガシィツーリングワゴン」に比べ、100mm短く、70mm低い。2650mmのホイールベースも、レガシィより100mm詰められている。

その一方で、室内空間のゆとりはセリングポイントのひとつ。ワゴンの要となる荷室の広さも自慢で、5人乗車時の容量は、レガシィツーリングワゴン(520リッター)を上回る、522リッターが確保される(フロア下の予備収納スペース含む)。
〝質感の高さ”も、スバル注力のポイント。ダッシュボードやドアパネルなどにソフトパッドがあてがわれるほか、各所にピアノブラック調のパーツや金属調アクセント、メッキパーツを採用するなどして、上質感が演出されている。

エンジンは、ターボ付きの水平対向4気筒。キャラクターの異なる、1.6リッター(写真)と2リッターの2本立てとなる。
エンジンは、ターボ付きの水平対向4気筒。キャラクターの異なる、1.6リッター(写真)と2リッターの2本立てとなる。
本革仕様の後席。センターコンソールには、USB電源ソケットも備わる。
本革仕様の後席。センターコンソールには、USB電源ソケットも備わる。
荷室の容量(5人乗車時)は、予備の収納スペースを含め522リッター。「レガシィツーリングワゴン」と同等以上の空間が確保される。
荷室の容量(5人乗車時)は、予備の収納スペースを含め522リッター。「レガシィツーリングワゴン」と同等以上の空間が確保される。
リアビュー。コンビランプを左右両端に寄せることで、ワイド感が強調されている。
リアビュー。コンビランプを左右両端に寄せることで、ワイド感が強調されている。

新型ワゴン「スバル・レヴォーグ」発売日決まるの画像

■「燃費」と「安全」にもこだわり

エンジンは2種類。新開発の直噴1.6リッター水平対向4気筒ターボ「DIT」ユニット(170ps/4800-5600rpm、25.5kgm/1800-4800rpm)と、同じく直噴の2リッター水平対向4気筒ターボ「DIT」(300ps/5600rpm、40.8kgm/2000-4800rpm)がラインナップされる。

「軽快で楽しい走りを提供する」という前者1.6リッターターボは、最高17.4km/リッター(JC08モード)の優れた燃費性能もウリ。使用燃料が比較的安価なレギュラーガソリン対応である点も、メリットとされている。
一方の2リッターターボ車は、いわゆるハイパフォーマンスモデル。走行モードのメニューに動力性能をフルに引き出せる「S♯」モードが用意されるなど、1.6リッターモデルとの差別化が図られる。燃費は13.2km/リッター(JC08モード)。
なお、排気量に関わらず、トランスミッション形式は全車CVT。駆動方式は4WDのみとなる。

安全装備も充実している。エアバッグは、SRSカーテンエアバッグや運転席のSRS二―エアバッグを含む7つを標準装備。ステレオカメラを使った運転支援システム「EyeSight」は最新の「ver.3」へと進化。カメラの高解像度化やカラー化といった認識能力の向上に加えて、アクティブレーンキープや後退時のAT誤発進抑制制御など、新機能の搭載も見どころである。

8%の消費税を含めた価格は、以下の通り。
・1.6GT:266万7600円
・1.6GT EyeSight:277万5600円
・1.6GT-S EyeSight:305万6400円
・2.0GT EyeSight:334万8000円
・2.0GT-S EyeSight:356万4000円

月間の目標販売台数は、3200台。

(webCG 関)

スバル・レヴォーグを写真で紹介(その1:レヴォーグ2.0GT EyeSight)
スバル・レヴォーグを写真で紹介(その2:レヴォーグ1.6GT-S EyeSight)
スバル・レヴォーグを写真で紹介(その3:ディテールおよびカットモデル)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レヴォーグの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport(4WD/CVT)【試乗記】 2016.7.20 試乗記 「スバル・レヴォーグ」にSTI(スバルテクニカインターナショナル)が手がけた新グレード「STI Sport」が登場。“台数制限ナシ”で販売されるカタログモデルの「STI」の出来栄えと、そこに込められたスバルの思惑をリポートする。
  • スバル・レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.4 試乗記 「STI Sport」とは、STIとのコラボレーションによって走行性能と質感を高めた、「レヴォーグ」の最上級グレードのこと。170psと“実用的”なパワーを持つ1.6リッター仕様のステアリングを握り、その走りをじっくりと味わった。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】NEW 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
ホームへ戻る