「トヨタ・パッソ」マイナーチェンジで燃費向上

2014.04.14 自動車ニュース
「トヨタ・パッソX“Gパッケージ”」
「トヨタ・パッソX“Gパッケージ”」

「トヨタ・パッソ」マイナーチェンジで燃費向上

トヨタ自動車は、コンパクトハッチバック「パッソ/パッソ+Hana(プラスハナ)」にマイナーチェンジを施し、2014年4月14日に発売した。

こちらは、かわいらしい内外装が持ち味の「パッソ+Hana」。写真の展示車は「サクラミックス」と呼ばれるツートンカラー仕様である。
こちらは、かわいらしい内外装が持ち味の「パッソ+Hana」。写真の展示車は「サクラミックス」と呼ばれるツートンカラー仕様である。
発表会の会場には、タレントの天野ひろゆきさん(写真左)や、CMのイメージキャラクターを務める女優 水川あさみさん(写真右)の姿も。
発表会の会場には、タレントの天野ひろゆきさん(写真左)や、CMのイメージキャラクターを務める女優 水川あさみさん(写真右)の姿も。
今回のマイナーチェンジ最大のポイントとなる、新開発の1リッター直3エンジン。なお、市場における1リッターモデルと1.3リッターモデルの比率は、9:1とのこと。
今回のマイナーチェンジ最大のポイントとなる、新開発の1リッター直3エンジン。なお、市場における1リッターモデルと1.3リッターモデルの比率は、9:1とのこと。

インテリアは茶系の配色で仕立てられる。写真は、「パッソX“Lパッケージ”」のもの。


    インテリアは茶系の配色で仕立てられる。写真は、「パッソX“Lパッケージ”」のもの。

「トヨタ・パッソ」マイナーチェンジで燃費向上の画像

2代目となる現行型パッソが誕生したのは、2010年2月のこと。それから4年あまりを経て、デザインおよび仕様が変更された。

今回のマイナーチェンジ最大のトピックは、燃費性能の向上だ。1リッター直3エンジンは、圧縮比の向上、低フリクション化、バルブタイミングの最適化などにより燃焼効率を徹底追及したという新型ユニットにバトンタッチ。これにより、9km/hまで減速した時点で働くアイドリングストップ機能が多くのグレードに備わるFF車は、最高で27.6km/リッターの燃費を実現した(4WD車は21.0km/リッター<いずれもJC08モード>)。
なお、1.3リッターモデルの直4エンジンは据え置きで、燃費は19.0km/リッターとなっている。

デザイン面では、標準車のパッソについては、ワイド感と低重心を強調したフロントバンパーや切れ長感のあるヘッドランプで“すっきりとした外観”を表現。インテリアは茶系で統一され、“落ち着いた雰囲気”が演出されている。ボディーカラーは全10色がラインナップされる。

女性ユーザーを意識したパッソ+Hanaも、従来とは異なる長丸型のアッパーグリルやフォグランプ一体型のロワグリルを採用。こちらの内装はエボニーブラウンで、メーターパネルやエアコン吹き出し口にはピンクゴールドの加飾が施される。
こちらのボディーカラーは、9色の設定。さらに、ルーフ/ホイールキャップ/リアエンブレムが「シンジュパールマイカ」(白)となるツートンカラー仕様も、3種類用意される。

消費税8%を含めた価格は、パッソが「X“Vパッケージ”」(1リッター/FF車)の109万8655円から「X“Gパッケージ”」(1リッター/4WD車)の149万7273円まで。
パッソ+Hanaは、「“Cパッケージ”」(1リッター/FF車)の135万5891円から「“Gパッケージ”」(1リッター/4WD車)の165万2400円まで。

(webCG)

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • トヨタ・オーリス ハイブリッド“Gパッケージ”(FF/CVT)【レビュー】 2016.5.11 試乗記 日本市場ではこれがないと始まらない? トヨタのCセグメントハッチバック車「オーリス」にハイブリッドモデルが登場。JC08モード計測で30.4km/リッターという燃費を実現する、新たな最上級グレードの出来栄えを報告する。
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
ホームへ戻る