ダイハツ、燃費を向上させた「ブーン」を発売

2014.04.14 自動車ニュース
「ダイハツ・ブーンCL“リミテッド”」
「ダイハツ・ブーンCL“リミテッド”」

ダイハツ、燃費を向上させた「ブーン」を発売

ダイハツ工業は、仕様・装備を一部変更したコンパクトカー「ブーン」を、2014年4月15日に発売した。

「ブーンCL」のインテリア。
「ブーンCL」のインテリア。

ダイハツ、燃費を向上させた「ブーン」を発売の画像

今回の変更は、「ブーン」の兄弟車にあたる「トヨタ・パッソ」のマイナーチェンジと同時に実施されたもの。

燃焼効率を徹底追及した新開発1リッター直3エンジンの採用により、FF車で27.6km/リッター、4WD車で21.0km/リッター(ともにJC08モード)の燃費を実現した。

走行中の車体を安定させるVSCおよびTRC、急ブレーキ時に後続車に注意を促すエマージェンシーストップシグナルは、全車に標準装備。排気音源を減らし遮音材を変更するなど、静粛性の向上も図られた。

あわせて、ヘッドランプやフロントバンパー、リアコンビネーションランプなどのエクステリアデザインに加え、シート表皮、メーターなどの意匠も変更されている。

価格は、「CL」(FF/CVT)の126万3600円から「CL“リミテッド”」(4WD/CVT)の154万9800円まで。
なお、トヨタのパッソと異なり、ダイハツ・ブーンには1.3リッター直4エンジン搭載モデルは用意されない。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ブーン シルク“Gパッケージ SA II”/トヨタ・パッソX“Gパッケージ”【試乗記】 2016.5.11 試乗記 「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」が3代目にモデルチェンジ。2社による共同開発をやめ、ダイハツが企画、開発、生産を担う新体制のもとに誕生した新型の実力はいかに? その出来栄えを試すとともに、これからのトヨタとダイハツのあるべき関係を考えた。
  • ダイハツ・ブーンX“SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.5.30 試乗記 軽自動車で培われたノウハウをどのように生かしているのか? トヨタとの共同開発をやめ、ダイハツ一社が企画から生産までを担って誕生した3代目「ダイハツ・ブーン」。ベーシックな「X“SA II”」グレードを借り出し、その実力を確かめた。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/ミラ イースL“SA III”【試乗記】 2017.6.12 試乗記 低価格・低燃費という、軽自動車の本質を徹底的に追求した「ダイハツ・ミラ イース」がフルモデルチェンジ。従来モデルやライバル車との比較をまじえつつ、「+αの魅力を追求した」という新型の実力を検証した。
  • トヨタ・パッソ モーダ“Gパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2016.6.9 試乗記 軽よりも少し大きな小型車「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」がフルモデルチェンジ。トヨタ版の上級モデルである「パッソ モーダ」を借り出して、“生活の足”としてのクルマのあり方を考えた。
  • 「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ 2017.6.29 自動車ニュース ホンダがコンパクトカー「フィット」をマイナーチェンジ。運転支援システム「Honda SENSING」を新採用したほか、フロントマスクを刷新するなど内外装のデザインも変更している。燃費性能も改善しており、「ハイブリッド」グレードのFF車では37.2km/リッターを実現した。
ホームへ戻る