ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4(4WD/7AT)

クルマと言うより縁起物 2014.04.22 試乗記 トップカテゴリーのレーサーすらしのぐパワーや、路面に貼り付くようなハンドリングだけが、「アヴェンタドール」をして“スーパー”たらしめているわけではない。その低く、幅広く、異様なまでの存在感に満ちた外形が、人々の心に畏れを抱かせるのだ。東京から一路、西へ。伊豆のワインディングロードで試乗した。

もはや神々しい

サーキットやテストコースではなく、ごく当たり前の風景の中に佇(たたず)むアヴェンタドールは、思わず手を合わせたくなるような存在である。その異様なオーラを浴びると、車の形が生み出す“力”は、グリルやヘッドランプに手を入れてダイナミックかつスポーティーなルックスに一新しました……などという色あせた宣伝文句ではまるで言い表せないことがよく分かる。車全体のフォルムはもちろん、ディテールを矯めつ眇(すが)めつしても、そこには自然の摂理というか必然性を感じてしまう。秘密のスイッチを押せば空を飛ぶことも可能、と言われても素直に信じてしまうようなランボルギーニのフラッグシップモデルである。

だから乗り込む前にはパンパン、とかしわ手を打って今日一日のご加護を祈ろう。お天道さまに日々の恵みを感謝するように、あるいは力士の体に触ったり、赤子を抱いてもらったりして、その力のお裾分けを願うのと似たようなものだ。“力びと”たるアヴェンタドールが発振するのはもはや迫力などというものではなく、生きるためのエネルギーを授かり、ご利益を分けてもらうための霊験とか神性と表現すべきものかもしれない。

そんな有り難い御神体のような車を評して、扱いやすくなったとか、実用性が向上したなどと本来は言うべきではないのかもしれない。縁起物に使い勝手を求めるほうが間違っている。だが実際に、かつてのランボルギーニではちょっと不安になるほど長めのクランキングを要したエンジン始動も一触即発、グワッとひと吼(ほ)えした後はオートモードを選んでスロットルペダルを軽く踏めば、ごくごく普通に従順に走りだすし、巨大なカーボンセラミックディスクのブレーキも気難しさは一切感じさせない。ドライビングポジションもまっとうで、空調もまったく問題ない。時代は変わったのだと呻(うな)らざるをえない。

ボディー側面のキャラクターラインに隠れたドアノブを引くと“シザードア”がスムーズに上昇する。目にも鮮やかなライムグリーンのボディーカラーは特別色の「ヴェルデ・イサカ」。
ボディー側面のキャラクターラインに隠れたドアノブを引くと“シザードア”がスムーズに上昇する。目にも鮮やかなライムグリーンのボディーカラーは特別色の「ヴェルデ・イサカ」。
サイドシルに刻まれた「アヴェンタドール(AVENTADOR)」のロゴタイプ。まるで呪文のよう。
サイドシルに刻まれた「アヴェンタドール(AVENTADOR)」のロゴタイプ。まるで呪文のよう。
センターコンソールにずらりと並んだスイッチ群(機能はおおむねアウディのMMIに準じる)。その真ん中にある赤いカバーを跳ね上げると、エンジンスタート/ストップボタンが現れる。
センターコンソールにずらりと並んだスイッチ群(機能はおおむねアウディのMMIに準じる)。その真ん中にある赤いカバーを跳ね上げると、エンジンスタート/ストップボタンが現れる。
アルファベットの「Y」を思わせるデザインエレメントは、最近のランボルギーニにしばしば登場する。
アルファベットの「Y」を思わせるデザインエレメントは、最近のランボルギーニにしばしば登場する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アヴェンタドールの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る