ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4(4WD/7AT)

クルマと言うより縁起物 2014.04.22 試乗記 トップカテゴリーのレーサーすらしのぐパワーや、路面に貼り付くようなハンドリングだけが、「アヴェンタドール」をして“スーパー”たらしめているわけではない。その低く、幅広く、異様なまでの存在感に満ちた外形が、人々の心に畏れを抱かせるのだ。東京から一路、西へ。伊豆のワインディングロードで試乗した。

もはや神々しい

サーキットやテストコースではなく、ごく当たり前の風景の中に佇(たたず)むアヴェンタドールは、思わず手を合わせたくなるような存在である。その異様なオーラを浴びると、車の形が生み出す“力”は、グリルやヘッドランプに手を入れてダイナミックかつスポーティーなルックスに一新しました……などという色あせた宣伝文句ではまるで言い表せないことがよく分かる。車全体のフォルムはもちろん、ディテールを矯めつ眇(すが)めつしても、そこには自然の摂理というか必然性を感じてしまう。秘密のスイッチを押せば空を飛ぶことも可能、と言われても素直に信じてしまうようなランボルギーニのフラッグシップモデルである。

だから乗り込む前にはパンパン、とかしわ手を打って今日一日のご加護を祈ろう。お天道さまに日々の恵みを感謝するように、あるいは力士の体に触ったり、赤子を抱いてもらったりして、その力のお裾分けを願うのと似たようなものだ。“力びと”たるアヴェンタドールが発振するのはもはや迫力などというものではなく、生きるためのエネルギーを授かり、ご利益を分けてもらうための霊験とか神性と表現すべきものかもしれない。

そんな有り難い御神体のような車を評して、扱いやすくなったとか、実用性が向上したなどと本来は言うべきではないのかもしれない。縁起物に使い勝手を求めるほうが間違っている。だが実際に、かつてのランボルギーニではちょっと不安になるほど長めのクランキングを要したエンジン始動も一触即発、グワッとひと吼(ほ)えした後はオートモードを選んでスロットルペダルを軽く踏めば、ごくごく普通に従順に走りだすし、巨大なカーボンセラミックディスクのブレーキも気難しさは一切感じさせない。ドライビングポジションもまっとうで、空調もまったく問題ない。時代は変わったのだと呻(うな)らざるをえない。

ボディー側面のキャラクターラインに隠れたドアノブを引くと“シザードア”がスムーズに上昇する。目にも鮮やかなライムグリーンのボディーカラーは特別色の「ヴェルデ・イサカ」。
ボディー側面のキャラクターラインに隠れたドアノブを引くと“シザードア”がスムーズに上昇する。目にも鮮やかなライムグリーンのボディーカラーは特別色の「ヴェルデ・イサカ」。
サイドシルに刻まれた「アヴェンタドール(AVENTADOR)」のロゴタイプ。まるで呪文のよう。
サイドシルに刻まれた「アヴェンタドール(AVENTADOR)」のロゴタイプ。まるで呪文のよう。
センターコンソールにずらりと並んだスイッチ群(機能はおおむねアウディのMMIに準じる)。その真ん中にある赤いカバーを跳ね上げると、エンジンスタート/ストップボタンが現れる。
センターコンソールにずらりと並んだスイッチ群(機能はおおむねアウディのMMIに準じる)。その真ん中にある赤いカバーを跳ね上げると、エンジンスタート/ストップボタンが現れる。
アルファベットの「Y」を思わせるデザインエレメントは、最近のランボルギーニにしばしば登場する。
アルファベットの「Y」を思わせるデザインエレメントは、最近のランボルギーニにしばしば登場する。
関連記事
  • 第410回:ランボルギーニ開発のキーマン
    “最速の猛牛”「ウラカン ペルフォルマンテ」を語る
    2017.5.11 エディターから一言 ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットのノルドシュライフェ(北コース)で、量産車の最速ラップタイムを保持している「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。“最速の猛牛”の強さの秘密はどこにあるのか? ランボルギーニの研究・開発部門担当取締役であるマウリツィオ・レッジャーニ氏に聞いた。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】NEW 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。
  • AMG設立50周年を記念したスペシャルな「Gクラス」発売 2017.5.10 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年5月10日、「メルセデス・ベンツGクラス」の特別仕様車「メルセデスAMG G63 50th Anniversary Edition(アニバーサリーエディション)」を発表し、50台の台数限定で発売した。価格は2220万円。
  • BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「M3」と「M4」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日発売した。また今回の一部改良に合わせて、走行性能を高めた仕様「M3コンペティション」と「M4コンペティション」を追加設定した。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
ホームへ戻る