第343回:キミはイタリア流マクドナルドを知っているか?

2014.04.18 エッセイ

変化したイタリア人のハンバーガー観

日本では、「100円バーガー」を復活させたことで話題を呼んでいるマクドナルド。その店舗数は、かつてより減少したとはいえ約3300店を数える。
いっぽう、イタリアにおけるマクドナルド上陸は、日本よりも14年遅い1985年で、現在でも日本よりひと桁少ない約480店にとどまる。

思えばボクがイタリアに住み始めた1996年、シエナ旧市街にあるチェーン系ハンバーガーレストランといえば「バーギー」という名の店が1軒あるだけだった。そのハンバーガーの味は、外国人大学の同級生たちに酷評されていた。なおバーギーは後年、マクドナルド・イタリア社に吸収され、店舗拡張の足がかり役となって消滅していった。

イタリア人のハンバーガー観は、劇的に変化したといってもよい。十数年前、ハンバーガーは、食文化衰退の象徴として、若者でさえ忌み嫌う者が少なくなかった。そのため、当時のイタリアにおけるマクドナルド店舗数は、日本の10分の1以下である、300店舗にようやく届くか届かないかだった。ところが近年、マクドナルドの店舗は、どこも家族連れで賑(にぎ)わっている。

ちなみにドリンクやポテト付きのビックマックメニューの価格は円換算すると900円以上するが、イタリアの軽食堂で昼コースを頼めば、最低でも1400円はするから、それに比べれば安い。そのうえ、日本同様無料の水道水が頼めるフランスと違って、イタリアで水は相変わらず有料が原則だ。

景気低迷が続くなか、そして人々がファストフードの味に慣れていった結果、イタリアにもハンバーガー文化が少しずつ根付いているのである。

初期のマクドナルドドライブインの看板。アメリカにおける街道沿いのファストフードは、20世紀の自動車文化史を語るうえで欠かせない存在である。H.フォード博物館にて。
初期のマクドナルドドライブインの看板。アメリカにおける街道沿いのファストフードは、20世紀の自動車文化史を語るうえで欠かせない存在である。H.フォード博物館にて。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。