日産、富山市と共同で電動トラックを実証運行

2014.04.15 自動車ニュース
「日産e-NT400テストトラック」
「日産e-NT400テストトラック」

日産、富山市と共同で電動トラックを実証運行

日産自動車は2014年4月15日、富山市とともに電動トラック「e-NT400テストトラック」の実証運行を同日から実施すると発表した。

 

富山市は2011年12月に環境未来都市として国から選定されており、環境問題や超高齢化などの課題に対応するための活動に取り組んでいる。今回の電動トラックの実証運行もその一環であり、富山市は日産から貸与される車両を約2カ月間、富山市環境センターの資源ごみ回収車として運用。資源ごみ回収ステーションから処理場への輸送業務用トラックとして活用し、その実用性を検証するとしている。

貸与されるe-NT400テストトラックは、日産の小型トラック「アトラス」をベースに、電気自動車「リーフ」のモーターやバッテリーを活用した電動システムを搭載したもので、1回の充電で約62km(JC08モード)の距離を走行可能。また30分間でバッテリー容量の80%まで充電が可能な、急速充電機能も有している。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。