クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

アウディRS Q3(4WD/7AT)

見た目以上の実力車 2014.04.23 試乗記 アウディの最もコンパクトなSUV「Q3」に、“RS”の名を冠するハイパフォーマンスモデルが登場。その走りはどれほどのものなのか? 乗り心地はどうなのか? あわせて燃費も報告する。

すごみもあるけど癒やし系

カッコの好みは人それぞれだが、『webCG』の駐車場に止まった「RS Q3」を遠目に初めて見たとき、「コレ、好き!」と思った。
20インチの大径ホイールが、コンパクトなボディーを余計コンパクトに見せる。そのなかで、黒いハニカムグリルがひときわ大きい。テールには太い楕円(だえん)の排気パイプが突き出し、前輪のホイールからは放熱効果をさらに高めるウエーブ形状のベンチレーテッドディスクが顔をのぞかせる。

といった具合に、随所で一生懸命、すごみをきかせているのだが、しかし全体のフォルムはズングリムックリのファニールックだ。そこがイイ。編集部のだれかさんが「蚊取り線香のブタみたいですね」とつぶやいた。ワタシはそこまで言ってないが、とにかく、見た目はRSシリーズ初の癒やし系だと思う。

スタートボタンを押して、エンジンをかける。うるさくはないが、タダモノじゃないよという予感はある。最近のアウディ流儀にのっとって、ステアリングは爽やかに軽い。そのハンドルを左にきって、駐車場から外堀通りに出る。もう夜に近い夕方だったが、このまま行きつけの峠道へ走りに行こう! と思った。RS Q3は動き出した途端、そんな気にさせるSUVである。

アウディの“ハイパフォーマンスSUV”「RS Q3」。日本国内では、2014年3月18日に発売された。
アウディの“ハイパフォーマンスSUV”「RS Q3」。日本国内では、2014年3月18日に発売された。 拡大
5アームローターデザインのマットブラック20インチアルミホイール。同じサイズでデザイン違いのもの(5ツインスポークVデザイン)もセレクトできる。その奥には、ウエーブ型のブレーキディスクが収まる。
5アームローターデザインのマットブラック20インチアルミホイール。同じサイズでデザイン違いのもの(5ツインスポークVデザイン)もセレクトできる。その奥には、ウエーブ型のブレーキディスクが収まる。 拡大
カーボンの化粧パネルで飾られるインテリア。ステアリングホイールは、下端が平らなフラットボトムタイプとなる。
カーボンの化粧パネルで飾られるインテリア。ステアリングホイールは、下端が平らなフラットボトムタイプとなる。 拡大
ボディーカラーは、テスト車の「ミサノレッド パールエフェクト」を含む全8色が用意される。
ボディーカラーは、テスト車の「ミサノレッド パールエフェクト」を含む全8色が用意される。 拡大
注目の記事PR
  • これぞ純正カスタマイズの妙味。ホンダアクセスが手がけた「シビックハッチバック」をチェック。
    これぞ純正カスタマイズの妙味。ホンダアクセスが手がけた「シビックハッチバック」をチェック。 ホンダアクセス
  • この黒こげのクルマの残骸は一体!? 危険・過激・おバカな自動車バラエティー配信開始!
    この黒こげのクルマの残骸は一体!? 危険・過激・おバカな自動車バラエティー配信開始! Amazonプライム・ビデオ
注目の記事一覧へ

高性能は見せつけない

RS Q3はQシリーズ初の“RS”である。先輩の「Q7」「Q5」を差し置いて、真っ先にアウディトップガンの称号をゲットした。しかも“S”を経ない飛び級のウルトラQ3である。

クワトロシステムと組み合わされるエンジンは、5気筒の2.5リッターターボ。「TT RSクーペ」と同じ直噴ユニットをデチューンしたもの、といっても最高出力310psと、ノーマルの2リッター4気筒ターボをひと声100馬力上回る。0-100km/h=5.5秒の加速データは、「ゴルフGTI」(6.5秒)をかるくしのぎ、「ゴルフR」(4.9秒)に近い。

しかし、ユーロ6に適合した欧州製高性能車の例にもれず、RS Q3もまた普通に走っていれば、ハイパフォーマンスをとくべつ誇示するそぶりは見せない。
RS Q3のドライブセレクトは、「コンフォート」「自動」「ダイナミック」の3種類。最もハードなダイナミックを選ぶと、排気音が少し野太くなるが、明らかな違いといえばそれくらいだ。停車時に5気筒の息遣いに耳を澄ませようとしても、止まればさっさとアイドリングストップしてしまうし。むしろもう少しRSっぽさがあってもいいかなと感じたほどである。

変速機は、おなじみ7段Sトロニック。100km/h時も2000rpmチョイ切りまで回転を下げてくれる一方、シフトパドルを連続クリックすれば、100km/hでも3速まで落ちてスクランブル発進に備える。ただし、キックダウンによる自動変速だと、ダイナミックモードでも下のギアにつながるまでややタイムラグがあり、デュアルクラッチのスポーツ変速機らしさに欠けるきらいがあった。

ブラックのハニカムメッシュとマットアルミニウムのフレームを持つグリルには、「RS」のエンブレムが添えられる。
ブラックのハニカムメッシュとマットアルミニウムのフレームを持つグリルには、「RS」のエンブレムが添えられる。 拡大
フロントに横置きされる、2.5リッター直列5気筒ターボ。ノーマル「Q3」の最高値(211ps、30.6kgm)を大幅に上回る310psと42.8kgmを発生する。
フロントに横置きされる、2.5リッター直列5気筒ターボ。ノーマル「Q3」の最高値(211ps、30.6kgm)を大幅に上回る310psと42.8kgmを発生する。 拡大
シートは、高級皮革(ファインナッパ)で仕立てられる。テスト車の座面と背もたれに見られるダイヤモンド型のステッチは、オプションとして用意されるもの。
シートは、高級皮革(ファインナッパ)で仕立てられる。テスト車の座面と背もたれに見られるダイヤモンド型のステッチは、オプションとして用意されるもの。 拡大
リアエンドには、オーバル型の大きなマフラーエンドが顔をのぞかせる。
リアエンドには、オーバル型の大きなマフラーエンドが顔をのぞかせる。 拡大

ズングリしてても俊敏

軽量設計をうたうとはいえ、車重は1700kgある。コンパクトに見えても、前車軸にはちょうど1トンの重さが載っている。

だが、操縦感覚はアンコ型の重々しさとは無縁である。コーナーを攻めると、RS Q3はちょっとアイポイントの高いハンドリングカーである。ペースを上げれば上げるほどボディーが小さく感じられるのは、すぐれたスポーティーカーの証拠だ。走れるズングリムックリだ。

ロールは軽微、というか、体感的にはほとんどロールせずにコーナーを抜ける。独特だが、不自然ではない。ステアリングはそんな場面でもすっきり軽く、ノーズヘビーをまったく意識させない。ブレーキは、足の裏にディスクパッドの圧力がイメージできるほどフィードバックがあり、その結果、コントロール性が高い。

夜の真っ暗なワインディングロードで印象的だったのは、ハイビームアシストである。車載カメラで行く手の道路を見て、ヘッドランプのメインとハイビームを自動的に切り替えてくれる機能である。このクルマ初出の装備ではないが、使ったのは初めてだ。左手の指をパドルシフトに専従させることができるため、思った以上にありがたみがあった。

フロントまわりは、バンパーの大きなエアインテークが特徴。マットアルミニウム調のサイドミラーやルーフレールも、特別感を演出する。
フロントまわりは、バンパーの大きなエアインテークが特徴。マットアルミニウム調のサイドミラーやルーフレールも、特別感を演出する。 拡大
シフトレバー。周りにはカーボンのパネルがおごられる。
シフトレバー。周りにはカーボンのパネルがおごられる。 拡大
メーターのグラフィックも「RS Q3」オリジナル。速度計には300km/h超までの目盛りが刻まれる。
メーターのグラフィックも「RS Q3」オリジナル。速度計には300km/h超までの目盛りが刻まれる。 拡大
 
アウディRS Q3(4WD/7AT)【試乗記】の画像 拡大

名札と値札にインパクト

SUV(スポーツユーティリティーヴィークル)とはいえ、リフトアップした四駆SUVのなかには、本気でスポーツ走行をすると「そんなキャラじゃないのに……」と思わせるクルマも多いが、RS Q3はたしかに“Q3のRS”である。

300kmあまりを走ったテスト中の燃費は、満タン法で8.8km/リッター。「A3」派生のSUVと考えれば、もう少し走ってもよさそうだが、RSだから仕方ない。

RSだから仕方ないといえば、価格である。実は最後まで値段を知らずに試乗していたのだが、のちに718万円と聞いてびっくりした。3月発売時は698万円だったが、消費税アップでこの新価格になった。ある意味、RS Q3の一番の“性能”は、価格かもしれない。

だが、TTクーペのRSは今や915万円する。RS Q3より50psハイチューンな2.5リッター5気筒エンジンを積むとはいえ、大台が見えてきた。それに比べると、ダートにも入っていけるRS Q3はお買い得、と考えるか。いずれにしても、RSはアウディの高嶺(高値?)の花なのである。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=郡大二郎)

ドライブモードは、コンフォート、オート(自動)、ダイナミックの3種類が用意される。
ドライブモードは、コンフォート、オート(自動)、ダイナミックの3種類が用意される。 拡大

定員3人のリアシート。「RS Q3」のシートカラーは、写真のブラックの他、明るいグレーに近いシルバーも選べる。


	定員3人のリアシート。「RS Q3」のシートカラーは、写真のブラックの他、明るいグレーに近いシルバーも選べる。
	拡大
5人乗車時の荷室容量は、ノーマル「Q3」(463リッター)よりもやや少ない356リッター。後席を倒すことで、キャパシティーを拡大できる。写真でわかるとおり、リアコンビランプはバックドア側に取り付けられている。(写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます)
5人乗車時の荷室容量は、ノーマル「Q3」(463リッター)よりもやや少ない356リッター。後席を倒すことで、キャパシティーを拡大できる。写真でわかるとおり、リアコンビランプはバックドア側に取り付けられている。(写真をクリックするとシートの倒れるさまが見られます) 拡大
 
アウディRS Q3(4WD/7AT)【試乗記】の画像 拡大

テスト車のデータ

アウディRS Q3

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4410×1840×1595mm
ホイールベース:2605mm
車重:1700kg
駆動方式:4WD
エンジン:2.5リッター直5 DOHC 20バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最大出力:310ps(228kW)/5200-6700rpm
最大トルク:42.8kgm(420Nm)/1500-5200rpm
タイヤ:(前)255/35R20 97Y/(後)255/35R20 97Y(ピレリPゼロ)
燃費:11.5km/リッター(JC08モード)
価格:718万円/テスト車=743万円
オプション装備:ファインナッパレザー ダイヤモンドスティッチング (11万円)/アシスタンスパッケージ (14万円)
※価格はいずれも8%の消費税を含む。

テスト車の年式:2014年型
テスト車の走行距離:4250km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(0)/高速道路(9)/山岳路(1)
テスト距離:308.7km
使用燃料:35.0リッター
参考燃費:8.8km/リッター(満タン法)/9.5km/リッター(車載燃費計計測値)

アウディRS Q3
アウディRS Q3 拡大
シートの背もたれには、モデル名のエンボス加工が施される。
シートの背もたれには、モデル名のエンボス加工が施される。 拡大
「RS Q3」にはBOSEのサラウンドサウンドシステムが標準で組み込まれる。その構成要素であるウーファーは、荷室のフロア下(写真中央)に配される。左奥は、パンク時などに用いるタイヤの空気入れ。
「RS Q3」にはBOSEのサラウンドサウンドシステムが標準で組み込まれる。その構成要素であるウーファーは、荷室のフロア下(写真中央)に配される。左奥は、パンク時などに用いるタイヤの空気入れ。 拡大
 
アウディRS Q3(4WD/7AT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
RS Q3アウディ試乗記

あなたにおすすめの記事