アウディRS Q3(4WD/7AT)

見た目以上の実力車 2014.04.23 試乗記 アウディの最もコンパクトなSUV「Q3」に、“RS”の名を冠するハイパフォーマンスモデルが登場。その走りはどれほどのものなのか? 乗り心地はどうなのか? あわせて燃費も報告する。

すごみもあるけど癒やし系

カッコの好みは人それぞれだが、『webCG』の駐車場に止まった「RS Q3」を遠目に初めて見たとき、「コレ、好き!」と思った。
20インチの大径ホイールが、コンパクトなボディーを余計コンパクトに見せる。そのなかで、黒いハニカムグリルがひときわ大きい。テールには太い楕円(だえん)の排気パイプが突き出し、前輪のホイールからは放熱効果をさらに高めるウエーブ形状のベンチレーテッドディスクが顔をのぞかせる。

といった具合に、随所で一生懸命、すごみをきかせているのだが、しかし全体のフォルムはズングリムックリのファニールックだ。そこがイイ。編集部のだれかさんが「蚊取り線香のブタみたいですね」とつぶやいた。ワタシはそこまで言ってないが、とにかく、見た目はRSシリーズ初の癒やし系だと思う。

スタートボタンを押して、エンジンをかける。うるさくはないが、タダモノじゃないよという予感はある。最近のアウディ流儀にのっとって、ステアリングは爽やかに軽い。そのハンドルを左にきって、駐車場から外堀通りに出る。もう夜に近い夕方だったが、このまま行きつけの峠道へ走りに行こう! と思った。RS Q3は動き出した途端、そんな気にさせるSUVである。

アウディの“ハイパフォーマンスSUV”「RS Q3」。日本国内では、2014年3月18日に発売された。
アウディの“ハイパフォーマンスSUV”「RS Q3」。日本国内では、2014年3月18日に発売された。
5アームローターデザインのマットブラック20インチアルミホイール。同じサイズでデザイン違いのもの(5ツインスポークVデザイン)もセレクトできる。その奥には、ウエーブ型のブレーキディスクが収まる。
5アームローターデザインのマットブラック20インチアルミホイール。同じサイズでデザイン違いのもの(5ツインスポークVデザイン)もセレクトできる。その奥には、ウエーブ型のブレーキディスクが収まる。
カーボンの化粧パネルで飾られるインテリア。ステアリングホイールは、下端が平らなフラットボトムタイプとなる。
カーボンの化粧パネルで飾られるインテリア。ステアリングホイールは、下端が平らなフラットボトムタイプとなる。
ボディーカラーは、テスト車の「ミサノレッド パールエフェクト」を含む全8色が用意される。
ボディーカラーは、テスト車の「ミサノレッド パールエフェクト」を含む全8色が用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

RS Q3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディQ3 2.0 TFSIクワトロ 180PS(4WD/7AT)【試乗記】 2015.6.4 試乗記 デビューから3年を経てマイナーチェンジが施された、アウディのSUV「Q3」。内外装やパワーユニットがリファインされた最新型に乗ってみると、このクルマが幅広いユーザーに選ばれる理由がわかってきた。
  • 「アウディQ3」が、よりスポーティーなデザインに 2017.3.6 自動車ニュース アウディがSUV「Q3」の仕様を一部変更。「1.4 TFSIスポーツ」「2.0 TFSIクワトロ」の2グレード、およびオプションである「Sラインパッケージ」「Sラインエクステリアパッケージ」に、よりスポーティーな新デザインのバンパーを採用した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • メルセデス・ベンツGLS350d 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.3.3 試乗記 全長5.1m、車重2.6tの堂々たるボディーが自慢の「メルセデス・ベンツGLS」。その中から3リッターV6ディーゼルターボを搭載する「GLS350d 4MATICスポーツ」に試乗。このモデルでしか味わえない“常識はずれ”の魅力に触れた。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
ホームへ戻る