マツダが次期「ロードスター」のシャシー披露【ニューヨークショー2014】

2014.04.16 自動車ニュース
次期型「マツダMX-5」が採用する「SKYACTIV(スカイアクティブ)シャシー」。
次期型「マツダMX-5」が採用する「SKYACTIV(スカイアクティブ)シャシー」。
    拡大

【ニューヨークショー2014】マツダが次期「ロードスター」のシャシーを披露

マツダは2014年4月16日、ニューヨーク国際オートショー(会期:2014年4月16日~27日、一般公開日は4月18日から)において、次期型「マツダMX-5(日本名:ロードスター)」が採用する新開発の「SKYACTIV(スカイアクティブ)シャシー」を世界初公開すると発表した。また、現行モデルをベースとした特別仕様車「MX-5ミアータ 25thアニバーサリーエディション」を公開する。

「マツダMX-5ミアータ 25thアニバーサリーエディション」
「マツダMX-5ミアータ 25thアニバーサリーエディション」
    拡大
マツダが次期「ロードスター」のシャシー披露【ニューヨークショー2014】の画像 拡大

■現行型比100kgの軽量化を実現

今回の展示は次期型MX-5のランニングシャシーで、FRレイアウトはスカイアクティブ車としては初となる。

マツダは同車において、歴代モデルの中でも最もコンパクトな駆動レイアウトを実現しながら、エンジンを車体の中央寄りに配置するとともに、低重心化を追求。また優れた剛性と、衝突安全性能を確保しながら、車両重量については現行モデルと比較して100kg以上の軽量化を目指すとしている。

■MX-5の25周年記念モデルが登場

一方、MX-5ミアータ 25thアニバーサリーエディションは、MX-5の誕生25周年を記念した特別仕様車だ。電動ルーフを採用した「パワーリトラクタブルハードトップ車(6段MTおよび6段AT)」をベースに、オフホワイトのレザーシートやドアトリム、手塗り仕上げのインテリア装飾パネル、ビルシュタイン社製ダンパーなどを採用。ボディーカラーは「ソウルレッドプレミアムメタリック」を基調に、ルーフとAピラー、ドアミラーをブラックで塗装したツートンカラーとなっている。

同社はこれらのほかにも、歴代MX-5(合計13台)も展示。市販車としては「マツダ3(アクセラ)」「マツダ6(アテンザ)」「CX-5」「CX-9」を展示する。

(webCG)
 

関連キーワード:
ロードスターマツダニューヨークモーターショー2014イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(FR/8AT)【試乗記】 2018.5.3 試乗記 プレミアムブランドとしての復権をもくろむアルファ・ロメオが、満を持して投入したDセグメントのスポーツセダン「ジュリア」。新たに設定された280psのFRモデルに試乗し、新世代アルファの課題を浮き彫りにする。
  • マツダCX-3【開発者インタビュー】 2018.5.17 試乗記 エンジン、シャシー、装備、そして内外装デザインと、文字通り“すべて”において大幅な改良・変更がなされたマツダのコンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」。発売当初から一貫して主査を務めるエンジニアに、今回の大幅改良の狙いを聞いた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
ホームへ戻る